ドローン登録の必要無し!初心者におすすめのカメラ付きドローン「Tello」

ドローン登録の必要無し!初心者におすすめのカメラ付きドローン「Tello」

最近話題のドローン「自分で飛ばしてみたいけどお手軽なドローンはない?」という声をよく耳にします。

そんなドローン初心者におすすめなのが、「Tello(テロー)」と呼ばれる小型ドローンです。

「Tello」は本体重量100g以下のドローンであり、ドローン登録の必要はなく、ドローンの重要な法律である航空法の影響を受けない小型ドローンです。影響を受ける法律やルールがルールが殆んどない為、ドローン初心者でも安心して撮影や操縦を楽しめます。

本記事では、ドローン初心者におすすめのTelloの性能とTelloで何ができるのか?を解説していきます。ドローンの購入で悩まれている方は、Telloでドローンを始めてみましょう。

小型ドローン「Tello(テロー)」とは

Tello(テロー)とは、2018年1月にRyze Tech社によって発売されたトイドローンです。

ドローン業界No.1メーカーDJIや世界的な半導体素子メーカーIntelが制作に関わっており、フライトの安定感、スマートフォンと連携して操作できる手軽さなどが評価された小型ドローンです。

発売当初から人気のドローンでしたが、数年経った今でも初心者向けドローンの決定版として大人気のドローンでもあります。お買い求めやすい1万円ちょっとの価格となっており、ドローンを体験したい初心者にオススメです。

本体価格12,980円
本体サイズ92.5×98×41H(mm)
本体重量80g
※ドローン登録必要なし
最大飛行時間13分
静止画有効画素数 500万
動画HD720p 30fps
最大伝送距離100m

購入の際は、バッテリー他付属品の多数同梱するコンボセットがオススメです。

Telloの特徴・長所

スマートフォンで簡単操作

Telloは、スマートフォンアプリを使用して、スマートフォンで操作できます。

スマートフォンはiPhoneでもAndroidでも問題ありません。

アプリでは、離陸からフライト中、着陸まで全ての操作をサポートしてくれます。フライト中にはアクロバットな飛行や撮影を楽しむことができ、ドローン初心者でも簡単に操作を楽しめます。

また、スマートフォンでも操縦できますが、専用のコントローラーも別売りで販売されています。スマートフォンでは難しい細かい操縦が可能になります。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥5,100 (2022/05/27 02:33:00時点 Amazon調べ-詳細)

Telloのコントローラーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

6つの飛行モードを搭載

Telloには6つのアクロバットなフライトモードがあります。

Telloが自動飛行で被写体を撮影してくれたり、その場でクルッと1回転することもできます。

以下の動画は、Telloが被写体の周りを360度ぐるっと回転しながら動画撮影をするモードです。

その他、フライトモードに関しては、こちらの記事をご覧ください。

綺麗なカメラの空撮映像

Telloは小型なドローンではありますが、HDカメラを搭載、それなりの動画を撮影できます。

Telloで撮影された動画をご覧ください。

ドローンの撮影は、空中での安定感が重量になります。Telloは80gの小型なドローンではありますが、ブレのないカメラ撮影が可能です。

その他、Telloで撮影された映像を確認したい方は、こちらの記事をご覧ください。

VRゴーグルでFPV飛行も楽しめる

Telloは、専用コントローラーとVRゴーグルを準備すれば、Tello目線で操縦するFPV飛行を楽しめます。

FPVとは「First Person View」の略で、「一人称視点」「最前列からの眺め」といった意味です。自分がドローンのパイロットになったかのような、臨場感ある操縦体験が可能です。

VRゴーグルとコントローラーを購入し、鳥の目線を楽しみましょう。

TelloのFPV飛行に関しては、こちらの記事をご覧ください。

プログラミングもできる

ドローンプログラミング

Telloでは、簡単なプログラミングもできます

「空中で5秒停止して、右に3m進む」などの指示をプログラミングし、実際に動かす体験ができます。プログラミングした結果を目で見て確認できるため、子どものプログラミング学習にも最適です。

Telloのプログラミングに関してはこちらの記事をご覧ください。

1年目の保険が無料

Telloは、1年間無料の賠償責任保険に加入できます。

賠償責任保険とは、対人事故・対物事故を補償してくれる保険です。

事故をしないように操縦するのはもちろんですが、万が一はあります。ドローン保険に無料で加入できるため、操縦に不慣れな方も安心して飛ばして遊べます。

Telloの保険に関しては、こちらの記事をご覧ください。

アクセサリーがいっぱい

Telloは大人気トイドローンということもあり、たくさんのアクセサリーが販売されています。

スキンシールで自分なりのTelloにデコレーションすることもできます。

created by Rinker
Honbobo
¥1,299 (2022/05/26 15:07:20時点 Amazon調べ-詳細)

また、お子さんに操縦させたい方には、安心な全方位プロペラガードも販売されています。

created by Rinker
Cynova
¥1,384 (2022/05/27 05:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

その他、Telloのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

また、Telloには公式アプリ以外にも様々なTello専用アプリがリリースされており、いろいろな遊びが楽しめます。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Telloの注意すべき法律について

最後に、Telloなどの小型ドローンの法律・ルールについて解説しておきます。

Telloは航空法(本体重量200g以上が対象)の影響を受けず、ドローン登録が不要(本体重量100g以上が対象)なドローンですが、以下のルールを守る必要があります。Telloを飛ばす際は注意しましょう。

  • 公共の場所(公園など)でトイドローンを飛ばす場合は事前に確認する
    ※自治体の条例などにより、公園でのフライトが禁止されている場合があります。
  • 国の重要な施設(空港、各国の大使館、原子力発電所など)の周辺300m以内では飛ばさない

トイドローンのルールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

以上、初心者におすすめな大人気ドローン「Tello」について解説してきました。

ドローン初心者の決定版といえる、誰でも簡単に操縦と撮影が楽しめる最高のドローンです。ドローンをはじめたい方は、是非Telloではじめましょう。

空撮ドローンの最新記事