【2023年最新】小学生におすすめの子供向け人気ドローン10選

【2023年最新】小学生におすすめの子供向け人気ドローン10選

最近、ドローンを飛ばしてみたい!と子供が言っているんだけど、どれがおすすめ?
そもそも法律とか問題ないの?安全なの?という相談の声をよく耳にします。

また、今後ドローン業界は発展しそうだから子供にドローンを体験させたい、という親御さんの声もよく聞くようになってきました。

本記事ではそんな方向けに、小学生におすすめの子供向け人気ドローン10種類を紹介します。
あわせて、ドローンを飛ばす際の注意点や法律についても解説していますので必ずご確認ください。

こんな方にオススメの内容です。

  • 幼児でも室内で遊べる安全なドローンが欲しい
  • 小学生の誕生日にドローンをプレゼントしたい
  • カメラ付きで外で飛ばせるドローンが欲しい
  • ドローンは種類が多くて選び方が分からない

子供向けドローン・トイドローンの法律と注意点

まずは、小さな子供でも扱えるおもちゃドローン・トイドローンにおける、法律上のルールについて解説します。

ドローンに関するルールを取り決めた法律「航空法」では、本体重量200g以上のドローンが規制の対象となっていましたが、2022年6月20日からは本体重量が100g(グラム)以上のドローンが規制の対象となり、より厳しくなりました。

しかし、子ども向けトイドローンには100g未満のドローンもたくさんあるのでご安心ください。

そこで本記事では、法律の規制対象外である100g未満のトイドローンを紹介します。

トイドローン(トイ = おもちゃ)やホビードローンといった名称ではありますが、ドローン業界No.1のDJI(ディージェーアイ)が技術供与したカメラ付きの本格的なドローンもあります。

しかし、トイドローンでも次のルールを守る必要がありますのでご注意ください。
安全のため室内のみで使用することもご検討ください。

  • 公共の場所(公園など)でトイドローンを飛ばす場合は事前に確認する
    ※自治体の条例などにより、公園でのドローンのフライトが禁止されている場合があります。
  • 国の重要な施設(空港、各国の大使館、原子力発電所など)の周辺300m以内では飛ばさない
    ※危険なため法律で禁止されています。

トイドローンの法律や規制ルールに関する詳しい内容は、こちらの記事をご確認ください。

小学生におすすめの人気トイドローン10選

【初心者ドローンの決定版!】RYZETECH「Tello(テロー)」※スマホ必要

RYZETECH(ライズテック)から発売されている「Tello(テロー)」は、ドローン初心者の決定版とも言われているトイドローンです。

今回のおすすめランキングでは1位といえるほど高性能で、プログラミング機能もついているため特に小学生に最適です!

ドローン業界No.1のDJI(ディージェーアイ)が開発に携わっており、子どもだけでなく大人も撮影や操縦を楽しめるトイドローンとなっています。※操縦にはスマートフォンが必要です。

価格(税込)12,980円
サイズ92.5 x 98 x 41H(mm)
重量80g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能HD(720p)
飛行時間13分
備考無料保険付き
コントローラー別売
スマートフォン必須

スマートフォンで操縦できますが、別売りの専用コントローラーを購入した方がより精細にコントロールできるようになります。

類似品や別の型番も販売されていますが、Telloに対応しているのは「Gamesir T1d」の型番のみですのでご注意ください。(下記リンクからの購入をおすすめします。)

Tello(テロー)に関する詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

Amazonランキング1位】 Holy Stone「HS210」

HolyStone社が販売する「HS210」は、3つの操作モードを選ぶことができ、操縦を楽しめるトイドローンとなっています。

プロペラを覆うようなデザインがされており、万が一人や物にぶつかっても安全です。Amazonの「ドローン・マルチコプター」部門のベストセラー1位にも選ばれており、5,000円以下で買えるオススメのトイドローンです。

価格(税込)4,950円
サイズ80×80×30Hmm
重量21g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間6-7分間
※バッテリー1つ当たり
備考バッテリー3つ付属
コントローラー付属
プロペラガード一体型
※単4電池3本が必要(別売)

コントローラーには、単4電池が3本必要です。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥721 (2023/06/05 13:17:09時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeでは、Holy Stone「HS210」を小学生の女の子が飛ばしている動画が公開されています。

その他「Holy Stone(ホーリーストーン)」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

【最安クラス】クールなデザイン!4DRC「4D-V8」

4DRC社が販売している「4D-V8」は、クールなデザインの子ども向けドローンです。

プロペラガードが全面に搭載されており、また赤外線による障害物回避機能も搭載されています。デザイン性も良く、安全性にも優れており、小さなお子さんでも操縦を楽しむことができます。

価格(税込)4,399円
サイズ130×110×39H(mm)
重量50g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間7-8分間
備考専用コントローラー付属
専用ケース付属
バッテリー3個付属

その他「4DRC」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

戦闘機の形をした4DRCラジコン型ドローン

4DRC社から販売されているラジコン型ドローンは、普通のドローン違って戦闘機のような形をしています。また、送信機も片手で直感的に操作するものになっています。

プロペラガードと本体が一体化しており、万が一人や物に衝突しても事故を防げます。バッテリー2つによる最大30分間のフライトが可能で、満足して遊ぶことができます。

価格(税込)6,288円
サイズ155×85×70H(mm
本体重量50g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間15分間
備考バッテリー2つ付属
コントローラー付属

「SNAPTAIN(スナップテイン)」のドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

着せ替えできるドローン「DRESSA(ドレッサ)」

日本のドローンメーカーG-Force(ジーフォース)の「DRESSA(ドレッサ)」は、5色のボディを付け替え可能なトイドローンです。

気分に合わせてドローンを着せ替えできるので、子供が飽きずに遊べる仕様となっています。また、プロペラガードも付属しているので、万が一人や物にぶつかっても安全な設計がされています。

価格(税込)6,400円
サイズ76×76×30H(mm
重量32g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間8分-9分
備考コントローラー付属
スペアボディ等付属
その他、付属品多数同梱
単4電池必要(別売)
created by Rinker
ジーフォース(G-Force)
¥5,506 (2023/06/05 13:17:10時点 Amazon調べ-詳細)
日本メーカー

コントローラーには、単4電池3本が必要になります。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥721 (2023/06/05 13:17:11時点 Amazon調べ-詳細)

YouTubeでは、G-Force(ジーフォース)の公式動画も公開されています。

その他「G-Force(ジーフォース)」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

対戦ドローン!Holy Stone「HS177」2台セット

HolyStone社から販売されている「HS177」は、2台セットで販売されているトイドローンです。

赤外線を使って対戦できるように設計されており、相手のドローンに赤外線を数回当てることで墜落させて遊ぶことができます。兄弟や姉妹のいるお子さんのプレゼントに最適です。

YouTubeには、バトルドローンで遊んでいる様子も公開されています。

価格(税込)6,790円
サイズ120×120×40H(mm
重量33g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間9分
備考本体やコントローラー等、各2セット付き
※単4電池が3本ずつ必要(別売)

コントローラー1つにつき、単4電池3本が必要になります。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥721 (2023/06/05 13:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

また、バッテリーが2つしか付属していないため、予備バッテリーの購入をおすすめします。

予備バッテリー

その他、対戦ドローンに関してはこちらの記事をご覧ください。

【幼児向け】小さい子どもでも安全!UFO型ドローンDEERC「YC003」

DEERC社の販売している「YC003」は、360度保護カバーの付いた子どもでも安全に遊べるUFO型トイドローンです。保護カバーが付いているので、万が一人や物にぶつかっても安心です。

投げるだけで飛行を開始し、手を近づけるだけでドローンを操作できるため、難しい操縦なども必要ありません。幼稚園生や保育園生などの幼児が初めて遊ぶ室内用ドローンとしておすすめです。

価格(税込)2,999円〜
サイズ110×110×85H(mm)
重量31g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能カメラなし
※スマホ必要なし
飛行時間5-8分間
※バッテリー1つ当たり
備考日本語説明書付き

その他「DEERC」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

また、最近テレビやSNSで話題のフライングボールもオススメです!

カメラ機能あり!HollyStone「HS420」※スマホ必要

HolyStone社から販売されているHS420は、カメラ機能のあるトイドローンです。スマートフォンが必要になりますが、カメラを使用した臨場感ある操縦が楽しめます。

保護カバーが付いているので、万が一人や物にぶつかっても安心です。また、バッテリーは3個付属しており、最大21分のフライトが可能です。加えて、専用ケースがありドローンセットの保管も簡単です。

価格(税込)5,780円
サイズ84×90×34H(mm)
重量31g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能720p
飛行時間5-7分間
※バッテリー1つ当たり
備考バッテリー2つ付属
専用ケース付き
created by Rinker
Holy Stone
¥6,871 (2023/06/04 21:25:41時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon 15%OFF

「Potensic(ポテンシック)」のドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

大人も一緒に楽しめる4Kカメラ付き!G-Force「Leggero」※スマホ必要

日本の会社G-Force(ジーフォース)のLeggero(レジェーロ)」は、4K撮影が可能な小型ドローンです。

手の平サイズの小型ドローンでありながら4Kの高画質撮影が可能です。子ども一緒にドローン撮影を楽しめます。専用ケースやプロペラガードなどの付属品も多数同梱しており、ドローンの管理や安全にも配慮されています。

価格(税込)11,200円
サイズ102×136×36H(mm)
重量60g
※ドローン登録必要なし
カメラ性能4K
飛行時間10分間
備考付属品多数同梱

Leggeroにはブラックとオレンジの2色のカラーバリエーションがあります。

created by Rinker
ジーフォース(G-Force)
¥8,982 (2023/06/05 02:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

G-Forceによる「Leggero」の公式動画も公開されています。ご覧ください。

コントローラーには、別途単4電池3本が必要になります。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥721 (2023/06/05 13:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

また、予備バッテリーも別途販売されています。

created by Rinker
ジーフォース(G-Force)
¥1,498 (2023/06/05 02:06:55時点 Amazon調べ-詳細)
予備バッテリー

本体重量100g以下の本格ドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

キャラクターのおもちゃドローン「ドラえもん / マリオ

「ドラえもん」「マリオ」など、大人気のおもちゃ型キャラクタードローンも販売されています。
※「カービィ」のドローンは売り切れです。

どれも簡単に操縦できるドローンばかりで、小さな子どもにおすすめです。

created by Rinker
リンクス(Linx)
¥1,476 (2023/06/05 13:17:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キョウショウ エッグ(Kyosho Egg)
¥4,980 (2023/06/05 13:17:15時点 Amazon調べ-詳細)

キャラクタードローンの詳しい内容については、こちらの記事をご覧ください。

おすすめNo.1はカメラ付きトイドローン「Tello(テロー)」

以上、10種類のドローンを解説してきました。

この中で最もおすすめするランキング1位のドローンは、DJIの技術供与により開発された、RyzeTechのカメラ付きトイドローン「Tello(テロー)」です。

Telloはドローンの操縦や撮影を楽しむだけでなくプログラミングもできます。自分で組んだプログラムの通りTelloを動かすという体験ができるため、小学生の教育や自由研究にもおすすめです。

小学校では、2020年度からプログラミング教育が必修になっています。
パソコンだけでプログラミングをするのではなく、ドローンなどの最新技術と一緒に楽しくプログラミングを学ぶ環境を親が作っていくことは、子どもにとって重要です。

Telloのプログラミング方法や詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

ホビードローン・トイドローンの最新記事