Telloはどこでも自由に飛ばせる?トイドローンの法律や規制を丁寧に解説

Telloはどこでも自由に飛ばせる?トイドローンの法律や規制を丁寧に解説

「Telloはドローンの法律の影響を受けないと聞きました。どこでも自由に飛ばしていいのでしょうか?」という声をよく耳にします。

確かに、本体重量200g未満の小型ドローン(トイドローン)は、航空法の影響を受けません。

しかし、Telloはどこでも自由に飛ばせるわけではありません

本記事では、Telloに関する法律や規制を丁寧に解説していきます。Telloを飛ばしていい場所とルールを把握し、楽しく撮影をしましょう。

Telloに資格や免許は必要?

まず、Telloを飛ばすのに資格や免許は必要ありません。

Telloに限らず、基本的にドローンを飛ばすのに資格や免許は必要ありません

特殊な周波数を利用(レーシングドローンなど)したり、農薬を撒いたりしない限り、ドローンに資格や免許は必要ありません。

Telloに申請・許可は必要?

Telloを飛ばすのに、基本的に申請や許可も必要ありません

ドローンに関するルールを取り決めた法律「航空法」では、本体重量200g以上のドローンが対象となっています。

Telloは、本体重量80gのドローンです。そのため、「航空法」の対象外になります。しかし、Telloでも飛行許可が必要な場所もあります。このことに関しては、次の項目で解説していきます。

ちなみに、この本体重量200gというのは、「ドローン本体+バッテリー」の総重量であり、付属品やパーツなどは含まれません。

また、航空法に関しては国土交通省の作成したポスターが分かり易いので、こちらをご覧ください。
国土交通省 | 改正航空法概要ポスター.pfd

Telloはどこで飛ばしもいいの?

「Telloは航空法に該当しないから、どこでも自由に飛ばせるの?」と思うかもしれませんが、他のルールが適用されます。

航空法第99条の2

航空法の影響を受けないTelloのような本体重量200g未満のトイドローンであっても、「航空法第99条の2」の規制が適用されます。

この法律は、空港周辺や高度150m以上でのフライトは国土交通省の許可が必要というものです。

つまり、Telloを空港周辺で飛ばさない、150m以上飛ばさない、というルールを守る必要があります。

因みに、この150mというのは地面からの距離になります。下記の画像のように、高度は一緒でも地面までの高さが違えば、違法になる場合がありますのでご注意ください。

小型無人機等飛行禁止法

また、Telloのようなトイドローンには「小型無人機等飛行禁止法」という法律が適用されます。

この法律は、国の重要な施設(国会議事堂、各国の大使館、原子力発電所など)の周辺300m以内では、本体重量200g未満のドローンであっても許可が必要というものです。この法律に違反すると、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

国の重要な施設の代表例は次の通りです。国会議事堂、内閣総理大臣官邸、最高裁判所、皇居、危機管理行政機関の庁舎、対象政党事務所、対象外国公館等、対象防衛関係施設、対象空港、対象原子力事業、大会会場などです。

つまり、Telloを国の重要な施設、大会などのイベントの近くで飛ばさないというルールを守る必要があります。

小型無人機等飛行禁止法の詳細に関しては、警察庁のホームページをご覧ください。
小型無人機等飛行禁止法について | 警察庁

自治体の条例

また、「自治体の条例」も考慮する必要があります。

例えば東京都の場合、都立公園でのすべてのドローンのフライトが禁止されています。

その他にも、河川敷でのフライトを禁止している自治体や浜辺でのフライトを禁止しているビーチもあります。

Telloを公共の場所で飛ばす場合、その場所の管理者に確認しましょう。

以上、Telloに関する法律や規制について解説してきました。

これまでの情報を整理すると、以下の3つが重要なポイントとなります。

  1. Telloを飛ばすのに、資格、申請、許可は必要ない
  2. 国の重要な施設周辺、大会などのイベント周辺、上空150m以上では飛ばさない
  3. 公共の場所で飛ばす際は、その場所の管理者に確認する

ルールをしっかりと守り、Telloでの撮影を楽しんでください。

Telloは1年間無料の保険に加入できます。加入がまだの方はこちらをご覧ください。

また、Telloにはたくさんのアプリがあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事