トイドローン「Tello(テロー)」でFPV飛行を楽しむ方法を解説!鳥の目線を楽しもう!

トイドローン「Tello(テロー)」でFPV飛行を楽しむ方法を解説!鳥の目線を楽しもう!

ドローンの目線で飛ぶFPV飛行、実はTello(テロー)でも楽しむことができます。

FPVとは「First Person View」の略で、一人称視点という意味です。ドローンに搭載されているカメラと操縦者の装着するゴーグルをリンクさせることで、ドローンの視点で操縦できます。

FPV飛行では、以下動画のような鳥の目線になった迫力ある空の映像を楽しめます。

本記事では、TelloでFPV飛行を楽しむための方法について解説します。VRゴーグル、コントローラーを購入してTelloでFPV飛行を楽しみましょう!

TelloでFPV飛行するのに必要なもの

TelloでFPV飛行をするためには、以下の5つの準備が必要です。

  • Tello本体
  • スマートフォン・タブレット
  • アプリのダウンロード
  • コントローラー
  • ゴーグル

Tello本体

Telloは、2018年1月にRyze Tech社によって発売されたトイドローンです。

世界シェアNo.1のDJI社が制作に関わっており、飛行時の安定感、空撮時の映像の鮮やかさ、スマホと連携して操作できる手軽さなど、ドローン初心者でも簡単に遊べる購入して損をしない1台となっています。

購入の際には、バッテリーが3つ他、アクセサリーの多数付属してくる『Tello Boost コンボ』の購入をオススメいたします。

スマートフォン・タブレット

Telloの操縦にはスマートフォンが必須です。

アプリのダウンロード

専用アプリのダウンロードも必須です。

Apple StoreやGoogle Playで「Tello」と検索、アプリをダウンロードしましょう。

コントローラー

Telloのコントローラーには、いくつかの種類があります。

おすすめは正規品である「GameSir T1d コントローラー」です。

created by Rinker
Ryze Technology
¥5,900 (2024/03/01 08:05:40時点 Amazon調べ-詳細)

その他、Telloのコントローラーに関してはこちらの記事をご覧ください。

VRゴーグル

TelloでFPV飛行する際は、FPVゴーグルではなくスマートフォン用のVRゴーグルが必要になります。

VRゴーグルの値段はピンキリですが、コストパフォーマンスのいいこちらがオススメです。VRゴーグルを購入する際は、使用できるスマートフォンのサイズにご注意ください。

その他のVRゴーグルに関しては、こちらの記事をご覧ください。

FPV飛行の方法

①Telloとコントローラーを接続

まず、Telloとコントローラーを接続します。

  • Tello本体のスイッチをON
  • スマホ側からWi-Fiの接続
  • Telloアプリで接続の確認
  • T1dコントローラーの電源をON
  • Bluetoothの接続

接続がうまくいかない場合は、こちらの記事をご覧ください。

②スマートフォンをVRゴーグルにセット

次に、スマートフォンをゴーグルにセットします。

Telloの視点映像をスマートフォンで確認できたら、次は飛ばしてみましょう。

③Telloを操縦

Telloのコントローラーの操作方法は以下の通りです。

コマンドTelloの動き
R2+YTake Off / Land(離陸/着陸)
L2+UpFlips Forward(前に回転)
L2+DownFlips Back(後に回転)
L2+LeftFlips Left(左に回転)
L2+RightFlips Right(右に回転)
R1Take Photo(写真撮影)
L1Record video(録画)

その他、Telloの詳しい操作方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

以上、TelloでFPV飛行を楽しむための方法について解説してきました。

これらの製品を準備して、TelloでFPV飛行を楽しみましょう。

created by Rinker
Ryze Technology
¥5,900 (2024/03/01 08:05:40時点 Amazon調べ-詳細)

Telloは1年間無料の保険に加入できます。加入がまだの方は、こちらの記事をご覧ください。

その他、Telloのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

その他、Telloのアプリに関しては、こちらの記事をご覧ください。

ホビードローン・トイドローンの最新記事