お年玉で買いたい!小学生におすすめの人気ドローン5選

お年玉で買いたい!小学生におすすめの人気ドローン5選

「お年玉でドローンを買いたいけど、どれがおすすめ?」
「そもそもドローンは安全なの?法律とか大丈夫?」

本記事では、そんな疑問にお答えするお年玉で買いたい!小学生におすすめの人気ドローン5種類を解説していきます。

合わせて、ドローンを飛ばす際の注意点や法律についても解説してきます。

こんな方にオススメです。

  • 子供が遊ぶ安全なドローンが欲しい方
  • 子供におもちゃのドローンをプレゼントしたい方
  • ドローンは種類が多くて、どれがいいのか分からない方

おもちゃのドローンの法律について

まずは、小学生でも扱える小型のおもちゃのドローンのルールについて解説していきます。

ドローンに関するルールを取り決めた法律「航空法」では、本体重量200g以上のドローンが対象となっています。
また、2022年6月20日から始まるドローン登録の義務化では、本体重量100g以上のドローンが対象となります。

したがって、今回は法律対象外である100g未満のドローンを紹介していきます。

いわゆる「トイドローン」(トイ = おもちゃ)のドローンになりますので、小学生のお子さんでも安心して遊ぶことができます。

しかし、トイドローンでも以下のルールを守る必要があります。

  • 公共の場所(公園など)でトイドローンを飛ばす場合は事前に確認する
    ※自治体の条例などにより、公園でのフライトが禁止されている場合があります。
  • 国の重要な施設(空港、各国の大使館、原子力発電所など)の周辺300m以内では飛ばさない
    ※危険なため、法律で禁止されています。

トイドローンのルールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

おすすめのトイドローン5選

Amazonランキング1位 Holy Stone「HS210」

HolyStone社が販売している「HS210」は、操縦を楽しめる本体重量21gのトイドローンです。

3つの操作モードを選んで飛ばすことができ、操縦を存分に楽しめるトイドローンとなっています。また、プロペラを覆うデザインが採用されており、万が一人や物にぶつかっても安全です。

Amazonの「ドローン・マルチコプター」部門のベストセラー1位に何度も選出されている、とてもおすすめなトイドローンです。

本体価格4,950円
本体サイズ80×80×30Hmm
重量21g
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間6-7分間
※バッテリー1つ当たり
備考バッテリー3つ付属
コントローラー付属
プロペラガード一体型
※単4電池3本が必要(別売)

HolyStone「HS210」(※Amazonにて10%オフのクーポンあり 2021年11月現在

コントローラーには、単4電池3本が必要になります。

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥421 (2022/09/28 05:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

Holy Stone「HS210」は、小学生の女の子が飛ばしている動画も公開されています。

「HS210」の詳細に関しては、こちらの記事をご覧ください。

また、その他「Holy Stone(ホーリーストーン)」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

かっこいいデザイン!4DRC「4D-V8」

4DRC社が販売している「4D-V8」は、クールなデザインの本体重量50gのトイドローンです。

こちらもプロペラを覆うデザインが採用されており、万が一人や物にぶつかっても安全です。

デザイン性も良く、安全性にも優れており、小さなお子さんでも操縦を楽しめるトイドローンとなっています。

本体価格4,399円
本体サイズ130×110×39H(mm)
重量50g
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間7-8分間
備考専用コントローラー付属
専用ケース付属
バッテリー3個付属

4DRC「4D-V8」4,399円(※Amazonにて500円オフのクーポンあり 2021年11月現在

その他「4DRC」の激安ドローンについては、こちらの記事をご覧ください。

対戦できる!2台セットのHoly Stone「HS177」

HolyStone社から販売されている「HS177」は、2台セットで販売されている本体重量33gのトイドローンです。

赤外線を使って対戦できる設計がされており、相手のドローンに赤外線を数回当てることで墜落させて遊ぶことができます。

兄弟のいるお子さん、子どもと一緒にドローンで遊びたい親御さんにぴったりのトイドローンです。

本体価格6,520円
本体サイズ120×120×40H(mm
重量33g
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間9分
備考本体やコントローラー等、各2セット付き
※単4電池が3本ずつ必要(別売)

HolyStone「HS177」7,490円※Amazonにて1,000円オフのクーポンあり 2021年11月現在

コントローラー1つにつき、単4電池3本が必要になります。

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥421 (2022/09/28 05:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

また、バッテリーが2つしか付属していないため、予備バッテリーの追加購入を推奨します。

「HS177」の詳細に関しては、こちらの記事をご覧ください。

親子で遊べる!UFO型ドローンDEERC「YC003」

DEERC社の販売している「YC003」は、UFO型の360度保護カバーの付いた本体重量31gのトイドローンです。

全面を覆う保護カバーが付いているため、万が一人や物にぶつかっても安心です。

こちらはコントローラーはなく、投げたトイドローンに手を近づけて動かすものになります。難しい操縦が必要なく、小さな子どもが反応を楽しめるトイドローンとなっています。

本体価格2881円〜
本体サイズ110×110×85H(mm
重量31g
カメラ性能カメラなし
※スマートフォン不要
飛行時間5-8分間
※バッテリー1つ当たり
備考日本語説明書付き

DEERC「YC003」青色 2,690円※Amazon最安値 2021年11月

created by Rinker
DEERC
¥2,999 (2022/09/27 20:40:33時点 Amazon調べ-詳細)

DEERC「YC003」赤色 2,590円(※Amazon最安値 2021年11月

キャラクタードローンも販売されています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

プログラミングも学べる子供向けドローン「Tello」

RyzeTech社から販売されている「Tello(テロー)」は、ドローン初心者の決定版と言われている本体重量80gのトイドローンです。

これまで紹介してきたトイドローンと違い、操縦にはスマートフォンが必要になります。しかし、カメラが搭載されており撮影も楽しむことが可能です。

1年間無料の対人・対物保険の付いてきますので、大人も子供も安心して飛ばすことができます。小学生でもできる簡単なプログラミングもでき、遊びの幅が広いトイドローンとなっています。

本体価格12,980円
本体サイズ92.5 x 98 x 41H(mm)
重量80g
カメラ性能HD(720p)
飛行時間13分
備考無料保険付き
コントローラー別売
スマートフォン必須

スマートフォンで操縦できるため、コントローラーは別売になります。コントローラーが欲しい方は別途購入しましょう。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥7,600 (2022/09/28 09:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

Telloに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

おすすめはカメラ付きトイドローン

以上、5種類のドローンを解説してきました。

一番のおすすめはカメラ付きのトイドローン「Tello(テロー)」です。

Telloはドローンの操縦や撮影を楽しむだけでなく、プログラミングができます。

自分で組んだプログラムの通り、Telloを動かすという体験ができるのです。

created by Rinker
Ryze
¥23,000 (2022/09/28 07:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

現在、小学校でもプログラミング教育がはじまってきました。それに先立ち、楽しくプログラミングを学ぶ環境を作っていくことは、子供にとって重要な意味を持つでしょう。

こちらのTelloのプログラミング本は、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で無料で読めます。
Kindle Unlimited(30日間の無料体験あり)| Amazon

ホビードローン・トイドローンの最新記事