DroneWikiドローン総合情報サイト

Tello対応コントローラーの操作方法まとめ(Gamesir T1d/T1s, GAMEVICE)

2019.04.01

Tello(テロー)をコントローラーで操縦する際、コマンド入力でTelloがフリップしてくれたりします。
ご存知でしょうか?
今回は、Telloのコントローラーの操作方法についてまとめました。離陸、回転、写真撮影、動画撮影など、Telloのコマンドを使いこなし、スマートに操縦をしましょう!

事前準備

コントローラーの接続

まずはTelloのコントローラーを接続しましょう。
接続方法が分からなかったり、接続されない場合はリンクの記事をご覧ください。

Telloのコマンド操作一覧

早速コマンドについて見ていきます。
今回はDJI公式のコントローラー「GameSir T1d」で確認していきます。
しかし、他のコントローラー「GameSir T1s」や「GAMEVICE」でも基本的に同じ操作になります。

コマンド Tello/コントローラーの反応
左アナログスティック アップ/ダウン/右回り/左回り
右アナログスティック 前進/後退/右/左
R2+Y 離陸/着陸
L2+Up 前にフリップ(回転)
L2+Down 後ろにフリップ(回転)
L2+Left 左にフリップ(回転)
L2+Right 右にフリップ(回転)
R1 写真撮影
L1 動画撮影
PAIR ペアリング
MENU メニュー
電源ボタン コントローラーの起動
電源ボタン長押し コントローラーのシャットダウン

コントローラーの選び方についてはリンクの記事をご覧ください。

Telloの移動

左アナログスティックは、Telloの「アップ/ダウン/右回り/左回り」になります。
右アナログスティックは、Telloの「前進/後退/右/左」になります。

離陸 – Take Off –

離陸のコマンドは「R2+Y」になります。
このコマンドでTelloは離陸を始めます。

フリップ(前後左右) – Flips(Forward/Back/Left/Right)-

フリップ(回転)のコマンド操作は、「L2+左スティック」になります。
左スティックの動きでフリップの回転方向が変わります。
わざわざスマートフォンの画面から「8D Flips(8方向フリップ)」を選択し、ディスプレイを指でシュッとしなくてもコントローラーなら簡単にフリップします。

動画撮影/写真撮影 – Record video/Take Photo –

動画撮影は「L1」で開始します。写真撮影は反対側の「R1」で開始します。
ボタンを押した後、起動しているかの確認をディスプレイにて行いましょう。

その他の操作

コントローラーのその他の操作ボタンです。
電源ボタンは1回押すと電源が起動し、長押しでシャットダウンになります。
また、ペアリングは真ん中左上のボタン、メニューは真ん中右上のボタンになります。