Telloのおすすめコントローラー・送信機3種類の特徴と選び方を解説!

Telloのおすすめコントローラー・送信機3種類の特徴と選び方を解説!

大人気トイドローン「Tello(テロー)」は、スマートフォンと連携して操縦できるドローンですが、コントローラーを使用することで、より軽快かつ繊細な操作ができるようになります。

本記事では、Telloで使用できるおすすめコントローラー3つの特徴と選び方について解説します。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥5,840 (2024/02/29 21:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

Tello専用GameSir T1dコントローラー

GameSir T1d コントローラー」は、DJIの公式ストアでも販売されているTello専用コントローラーです。

Tello専用コントローラーということもあり、接続の簡単さ、操作のしやすさなど、とにかく使用感がいいのが特徴です。このコントローラーを使用することで、スマートフォンを完全にドローンのモニターとして使えます。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥5,840 (2024/02/29 21:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

iPadなどにも対応「GAMEVICE」

「GAMEVICE」は、DJIの公式ストアでも販売されている正規のTelloコントローラーです。

Telloの正規コントローラーではありますが、その他スマホゲームにも使用可能です。スマートフォンをセットすることで、任天堂switchのように操作できます。

価格は他のコントローラーに比べて高いですが、このスマートさは他のコントローラーにはありません。また種類も様々販売されており、iPad Pro/iPad Mini/iPad Airにも対応しています。

ゲームにも使用可能「GameSir T1sコントローラー」

「GameSir T1s コントローラー」は、Telloの操縦にも使え、スマートフォンゲーム・PCゲームにも対応しているコントローラーです。

例えば、大人気スマホゲーム「PUBGモバイル」の操作にも使用できます。

ただし、Telloの利用を目的にしているのであれば、Tello専用コントローラー「GameSir T1d コントローラー」をおすすめします。「GameSir T1s コントローラー」は専用コントローラーではないため、操作中にノイズが多い傾向があります。

以上、Telloの操縦に使用できるコントローラーについて解説してきました。

価格の面からもTello専用のコントローラー「GameSir T1d コントローラー」がおすすめではありますが、このコントローラーは売り切れてしまっていることが多いです。その場合は他のコントローラーを検討してください。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥5,840 (2024/02/29 21:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

コントローラーの接続方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

コントローラーの操作方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

Telloを飛ばす上でのルール・法律に関しては、こちらの記事をご覧ください。

Telloは1年間無料の保険に加入できます。加入がまだの方は、こちらの記事をご覧ください。

その他、Telloのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

その他、Telloのアプリに関しては、こちらの記事をご覧ください。

ホビードローン・トイドローンの最新記事