【徹底比較】GoPro 「Hero12 Black」VS DJI「Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

【徹底比較】GoPro 「Hero12 Black」VS DJI「Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

2023年9月25日、GoProから新アクションカメラ「GoPro Hero12 Black」の販売が開始されました。

このアクションカメラはDJIの「Osmo Action 4」と比較して、どのような性能の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、両アクションカメラの性能を比較しつつ、どちらのカメラがどんな方におすすめか解説します。アクションカメラの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥94,800 (2024/06/16 07:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

GoPro Hero12 Blackとは?

GoPro Hero12 Blackとは、2023年9月25日に発売されたGoProのアクションカメラです。

GoPro史上最高レベルの画質である5.3K動画とHDRで、かつてない細部まで色鮮やかに撮影できます。従来よりもバッテリー性能が大幅に向上しており、5.3K 30fpsで1.5時間、1080p 30fpsなら2.5時間以上連続で動画撮影が可能になります。

GoPro Hero12 Blackの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

GoPro Hero12 Blackの詳細スペックは、以下の通りです。

価格62,800円(税込)
本体サイズ71.8×33.6×50.8 mm
(長さ×幅×高さ)
本体重量154g
※カメラ本体+マウントフィンガー+バッテリー
センサー&レンズ1/1.9インチCMOS
FOV:156°
最大写真解像度27.13MP
(5568X4872)
動画解像度5.3K (8:7):30/25/24fps
5.3K (16:9):60/50/30/25/24fps
4K (8:7):60/50/30/25/24fps
4K (9:16):60/50/30/25fps
4K (16:9):120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3):120/100/60/50fps
2.7K (16:9):240/200fps
1080 (9:16) :60/50/30/25fps
1080P (16:9):240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
連続撮影時間5.3K 30fpsで1.5時間
1080p 30fpsなら2.5時間以上
防水性水深 10m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-10°C~35°C
created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥94,800 (2024/06/16 07:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

GoPro Hero12 Blackには、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
SanDisk
¥2,909 (2024/06/17 00:39:20時点 Amazon調べ-詳細)
128GB ★オススメ★

GoPro Hero12 BlackのmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

Osmo Action 4とは?

Osmo Action 4とは、2023年8月2日に発売されたDJIのアクションカメラです。

寒い環境下でも撮影できるアクションカメラを売りにしており、マイナス20℃の環境でも撮影可能な耐久性を誇ります。カメラ性能は、最大4K 120fpsの動画撮影ができる155ºの超広角カメラを搭載しています。

Osmo Action 4のプロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

Osmo Action 4の詳細スペックは以下の通りです。

価格44,000円(税込)
本体サイズ70.5×44.2×32.8 mm
(長さ×幅×高さ)
本体重量145g
センサー &レンズ1/1.3インチCMOSセンサー
FOV:155°
最大写真解像度約10MP
(3648×2736)
動画解像度4K (4:3):24/25/30/48/50/60fps
4K (16:9):100/120fps
4K (16:9):24/25/30/48/50/60fps
2.7K (4:3):24/25/30/48/50/60fps
2.7K (16:9):100/120fps
2.7K (16:9):24/25/30/48/50/60fps
1080p (16:9):100/120/200/240fps
1080p (16:9):24/25/30/48/50/60fps
連続撮影時間1080p 24fpsで160分
防水性水深 18m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-20°C~45°C

Osmo Action 4には、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
キングストンテクノロジー
256GB ★オススメ★

Osmo Action 4のmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

GoPro「Hero12 Black」とDJI「Osmo Action 4」を比較

GoPro「Hero12 Black」とDJI「Osmo Action 4」を比較します。

GoPro「Hero12 Black」DJI「Osmo Action 4」
価格(税込)62,800円44,000円
本体サイズ71.8×33.6×50.8H70.5×44.2×32.8H
本体重量154g145g
センサー&レンズ1/1.9インチCMOS
FOV:156°
1/1.3インチCMOSセンサー
FOV:155°
最大写真解像度27.13MP
(5568×4872)
約10MP
(3648×2736)
最大動画解像度5.3K 60fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
連続撮影時間5.3K 30fpsで1.5時間
1080p 30fpsなら2.5時間以上
1080p 24fpsで160分
防水性水深 10m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
水深 18m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-10°C~35°C-20°C~45°C

価格の違い

両アクションカメラに価格の違いは、DJI「Osmo Action 4」が安くなっています。

ただし、アクションカメラだけを購入することはないでしょう。マリンスポーツ用のアクセサリー、モータースポーツ用のアクセサリーなど、用途に応じて追加アクセサリーを購入されるかと思います。

価格でアクションカメラを購入するのであれば、本体価格に大きな差はないためアクセサリーも込みの価格で検討することをおすすめします。

GoPro「Hero12 Black」のアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

DJI「Osmo Action 4」のアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

本体の性能の違い

両アクションカメラの本体性能を比較すると、「Osmo Action 4」の耐久性が優れていることが分かります。動作環境温度が-20°C~45°Cとなっており、「Hero12 Black」も優れています。

ウィンタースポーツなど寒い場所での撮影を考えているのであれば、「Osmo Action 4」がおすすめです。また、最大45度の環境でも撮影できるため、暑い環境においても「Osmo Action 4」がおすすめです。

カメラ性能の違い

カメラ性能に関しては、GoPro「Hero12 Black」の方が優れています。このアクションカメラでは最大5.3K 60fpsの動画撮影が可能です。また、写真であれば27.13MP(5568X4872)の撮影が可能です。

DJI「Osmo Action 4」は、最大で4K映像の撮影しかできないため、より高解像度を求めるのであればGoPro「Hero12 Black」がおすすめです。

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥94,800 (2024/06/16 07:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

アクションカメラの最新記事