「DJI Action 2」のコンボはどちらが買い?PowerとDual-Screenの違いを解説

「DJI Action 2」のコンボはどちらが買い?PowerとDual-Screenの違いを解説

2021年10月27日、DJIから新アクションカメラ「DJI Action 2」が発売されました。

「DJI Action 2」を購入したいけど、「Powerコンボ」と「Dual-Screenコンボ」のどちらを買うか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと「Dual-Screenコンボ」を買った方が絶対にいいです。

本記事では、両コンボの同梱アクセサリーの違いに着目し、Dual-Screenコンボ」がいい理由について解説していきます。

「Powerコンボ」と「Dual-Screenコンボ」の違い

「Powerコンボ」と「Dual-Screenコンボ」の同梱アクセサリーの違いは以下の通りです。

PowerコンボDual-Screenコンボ
DJI Action 2DJI Action 2
電源モジュールフロントタッチ画面モジュール
磁気ストラップ磁気ストラップ
磁気アダプターマウント磁気アダプターマウント
電源ケーブル磁気ボールジョイント アダプターマウント
電源ケーブル

つまり、上記赤文字の箇所(3アクセサリー)が違うことになります。

では、これらの3つがどんな製品なのか?解説していきます。

電源モジュール

「Powerコンボ」に同梱されている「電源モジュール」は、稼働時間を最大180分まで伸ばすバッテリーアクセサリーです。

ホットスワップ交換に対応しており、電源を切らずにバッテリーの交換が可能です。また、microSDカードスロットの利用もできます。長時間撮影をするのであれば、持っておきたいアクセサリーです。

なお、「電源モジュール」は単品での販売もされており、7,260円(税込)で購入可能です。
※まだネットショップなどでは取り扱いされておらず、DJI公式ストアでは予約できます。

DJI Action 2 電源モジュール | DJI公式ストア

フロントタッチ画面モジュール

「Dual-Screenコンボ」に同梱されている「フロントタッチ画面モジュール」は、稼働時間を最大160分まで伸ばすバッテリーアクセサリーです。

こちらは稼働時間を伸ばすだけでなく、前面に搭載されたOLEDタッチ画面で、動画の構図合わせやセルフィー撮影が簡単にできます。また、4つのマイクで構成されたマトリックス ステレオにより、外でもクリアな音声を録音できます。

バッテリー時間の伸びは「電源モジュール」の方が20分優れていますが、その他多くのメリットがあるのが「フロントタッチ画面モジュール」です。

せっかく購入するのであれば、「DJI Action 2」の撮影機能を最大限に活かせる「Dual-Screenコンボ」がオススメです。

なお、「フロントタッチ画面モジュール」は単品での販売もされており、19,800円(税込)で購入可能です。
※まだネットショップなどでは取り扱いされておらず、DJI公式ストアでは予約できます。

DJI Action 2 フロントタッチ画面モジュール | DJI公式ストア

磁気ボールジョイント アダプターマウント

「Dual-Screenコンボ」に同梱されている「磁気ボールジョイント アダプターマウント」は、三脚やサードパーティ製アクセサリーへの取り付けを可能にするマウントです。

繰り返し使える接着ベースとなっており、上記画像のように簡単取り付けでどんなシーンでもユニークな視点で撮影できます。

今後登場するサードパーティ製アクセサリーや撮影の幅を広げることを考えると、必ず持っておきたいアクセサリーです。そのため、最初から同梱されている「Dual-Screenコンボ」の購入がいいでしょう。

なお、「磁気ボールジョイント アダプターマウント」は単品での販売もされており、3,630円(税込)で購入可能です。
※まだネットショップなどでは取り扱いされておらず、DJI公式ストアでは予約できます。

DJI Action 2 磁気ボールジョイント アダプターマウント | DJI公式ストア

アクションカメラの最新記事