【徹底比較】Insta360「GO 3S」VS GoPro 「Hero11 Black Mini」おすすめアクションカメラは?

【徹底比較】Insta360「GO 3S」VS GoPro 「Hero11 Black Mini」おすすめアクションカメラは?

2024年6月13日、Insta360から親指サイズの4KアクションカメラInsta360「GO 3S」が発売されました。Insta360「GO 3S」は、同じく小型を売りにしているGoProのアクションカメラGoPro「Hero11 Black Mini」と比較して、どのような性能の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、小型のサイズ感が売りの両アクションカメラの性能を比較しつつ、どちらのカメラがどんな方におすすめか解説します。アクションカメラの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

超小型カメラ「Insta360 GO 3S」とは?

Insta360 GO 3Sとは、2024年6月13日にInsta360から発売された、親指サイズのアクションカメラです。Insta360の超小型カメラGOシリーズの最新機種になります。

本体のみで最大32分間(アクションポッド装着で122分)、最大4K 30fps動画が撮影できます。ウェアラブルに適しており、体に身につけることで、ハンズフリーでの簡単撮影を実現します。

GO 3Sは、内部ストレージを「64GB」と「128GB」から選択できます。また、2色のカラー「アークティックホワイト」と「ミッドナイトブラック」があります。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

また、GO 3Sのプロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

GO 3Sは、前機種「Insta360 GO 3」から大幅にアップグレードし、4K撮影だけでなく様々な性能が追加されました。※アクションポッドには互換性があり、カメラ単体の購入も可能です。

Insta360 GO 3SInsta360 GO 3
通常版の価格(税込)64GB:61,800円
128GB:65,800円
64GB:60,500円
128GB:64,800円
カメラ単体価格(税込)64GB:36,800円
128GB:41,800円
本体サイズ25.6 × 24.8 × 54.4H25.6 × 23.2 × 54.4H
本体重量GO 3S本体:39.1g
アクションポッド:96.3g
GO 3本体:35.5g
アクションポッド:96.3g
最大解像度4K 30fps2.7K 30fps
最大フレームレート1080p 200fps1080p 120fps
最大ビットレート120Mbps80Mbps
メガ広角FOV×
Apple Fonf My 対応×
インターバル撮影×
簡単切り替え×
ジェスチャー操作×
Flow State 手ぶれ補正
連続撮影時間
(バッテリー性能)
4K 30fpsで32分
アクションポット装着で122分
1080p 30fpsで45分
アクションポッド装着で170分
※最低画質で撮影時
防水性水深 10m水深 5m
動作環境温度-20°C~40°C-20°C~40°C

Insta360 GO 3Sのおすすめアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

GoPro Hero11 Black Mini(GoPro11Mini)とは?

GoPro Hero11 Black Miniとは、2022年11月18日に発売されたGoProのアクションカメラです。GoPro11のミニサイズバージョンになります。

GoPro史上最高レベルの画質である5.3K動画の撮影が可能です。また、ミニサイズでありながら4K撮影で約60分の撮影が可能な高性能バッテリーを搭載しています。

GoPro Hero11 Black Miniの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

GoPro Hero11 Black Miniの詳細スペックは、以下の通りです。

価格46,800円(税込)
本体サイズ52.4×38×51.2 mm
(長さ×幅×高さ)
本体重量133g
センサー&レンズ1/1.9インチCMOS
最大写真解像度※動画のみ撮影可能
動画解像度5.3K 60fps
4K 120fps
連続撮影時間4K 60fpsで約60分
防水性水深 10m(通常時)
動作環境温度0°C~40°C

GoPro「Hero11 Black Mini」には、microSDカードが必須になります。

GoPro「Hero11 Black Mini」のmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

Insta360「GO 3S」とGoPro「Hero11 Black Mini」を比較

Insta360「GO 3S」とGoPro「Hero11 Black Mini」を比較します。

Insta360
GO 3S
GoPro
Hero11 Black Mini
価格(税込)通常版 64GB:61,800円
通常版 128GB:65,800円
通常セット:46,800円
アクセサリーセット:57,200円
本体サイズ25.6 × 24.8 × 54.4H
※カメラ本体のサイズ
52.4×38×51.2H
本体重量GO 3S本体:39.1g
アクションポッド:96.3g
133g
最大写真解像度4000×2250 (16:9)
2880×2880 (1:1)
3968×1472 (2.7:1)
4000×3000 (4:3)
※動画のみ撮影可能
最大動画解像度4K 30fps
2.7K 50fps
1080p 50fps
5.3K 60fps
4K 120fps
連続撮影時間4K 30fpsで32分
※アクションポット装着で122分
4K 60fpsで約60分
防水性水深 10m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
水深 10m(通常時)
水深 60m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-20°C~40°C0°C~40°C

価格の違い

前提として、GO 3Sの通常版には撮影に必要なアクセサリーが同梱されています。そのため「Hero11 Black Mini」のアクセサリーセットと価格を比較すると、GO 3Sが64GBバージョンで4,600円、128GBバージョンで8,600円高くなっています。

同じ小さなカメラですが、Hero11 Black Miniの方がお安く購入できます。ただし、後述しますが同じ小さなカメラでも大きさには差があります。

本体の性能の違い

同じ小さなサイズのアクションカメラとはいえ、その大きさには明確な差があります。Hero11 Black Miniも小さくはありますが、GO 3Sの2倍近い厚みがあります。GO 3Sの小ささは圧倒的です。ハンズフリーのフレキシブルな撮影したい方にとって、GO 3Sは代えの効かないアクションカメラです。

また、GO 3Sには撮影者の気持ちを考えた様々なシステムが組み込まれています。

例えば、GO 3Sではジェスチャー操作が可能です。ジェスチャー操作では、手のひらを挙げれば動画撮影が開始され、ピースサインをすれば写真撮影ができます。友達や家族でのグループ撮影や、音声操作(音声制御2.0により音声操作も可能)が難しい騒がしい環境での撮影におすすめです。

また、録画キャンセル機能もあります。録画キャンセル機能は、シャッターボタンを長押しすることで現在撮影中の映像を削除し、再度撮影を開始する機能です。この機能はミスした映像をポチポチと選択して削除する手間を省いてくれます。そして、カメラのストレージも節約!ベストショットだけの保存が可能です。

その他にも紛失してもすぐに探せるApple 「Find My」にも対応していたりと、ユーザーファーストの仕組みが多数組み込まれているカメラです。

カメラ性能の違い

単純なカメラの性能だけで見れば、Hero11 Black Miniが優れています。こちらは5.3K映像を撮影できます。しかし、GO 3Sも120Mbpsのビットレートで4K映像の撮影ができます。最近のアクションカメラは4Kを超える映像を撮影できるカメラも多いですが、4K映像もあれば十分にSNSに鮮やかな映像をアップできます。

小さなカメラで画質にもこだわりたいのであればGoProを、小ささを求めるのであればGO 3Sがおすすめです。

アクションカメラの最新記事