ドローンを仕事に!仕事の種類や業界の将来性、気になる年収を徹底解説

ドローンを仕事に!仕事の種類や業界の将来性、気になる年収を徹底解説

最近、ドローンで撮影された映像をテレビで見たり、仕事でドローンが活躍する機会も増えてきました。

また、「ドローン業界は将来性がある」と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?そして現在、ドローンを仕事にしてお金を稼ぐことはできるのでしょうか?

本記事では、ドローン業界の将来性ドローンの仕事の種類気になる年収仕事にする方法などについて解説していきます。ドローンを仕事にしていきたい方は、ぜひご覧ください。

ドローンの将来性

ドローン業界に関するレポートを多数発行しているDRONE INDUSTRY INSIGHTS(DRONEII)によると、ドローン業界は今後も成長していきます。

具体的には、2020年225億ドル→2025年428億ドル、と今後5年間に2倍の市場規模になる見込みです。特に産業面の伸び率が高く、今まで以上にドローンの社会実装が進み、あらゆる業務に使用されるようになります。

堀江貴文と落合陽一の対談書「10年後の仕事図鑑」ではこのような記載があります。

ドローンパイロットが仕事として成立した時、価値を持つ人材は誰なのか?それは他でもない、現在ドローンに夢中になって遊んでいる人たちだ。
created by Rinker
¥1,299 (2021/07/25 18:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

今のうちにドローンに慣れ親しんでおくことは、今後就職や転職に有利に働くといえるでしょう。

ドローンに関する仕事の種類・職種

ドローンを販売する

ドローンが市場に増えていくには、ドローンを販売するメーカーの営業マンの存在が欠かせません。ドローンの営業には、BtoBとBtoCのどちらも需要が高まっています。特にBtoBは、今後一層成長していきます。

営業する以上、ある程度のドローンの操縦スキル、撮影スキル、知識が必要になってきます。まだまだドローンについて詳しい人は限られており、重宝されてます。将来に向け、ドローンの知識やスキルを磨いておきましょう。

 

ドローンの製造に関わる

ドローンを売る人がいれば、当然ドローンをつくる人の存在も必要になります。一言に「つくる」といっても、ドローンの本体などハード面を製造する仕事と、ドローンの動きを管理するソフトウェアをつくる仕事の2種類に分けられます。

最近では、ハード面を製造する仕事よりも、ドローンの動きを管理するソフトウェアを制作するプログラマーやエンジニアの需要が高まっています。特にドローンの自律飛行は、様々な会社がドローンの作業に応じた独自のソフトウェアを制作しています。

多くの人の問題を解決できるドローンの未来をつくる仕事は、とてもやりがいのあるものになるでしょう。

 

ドローンを操縦する

ドローンを操縦する仕事には、空撮のカメラマン、農薬散布、測量士、インフラ点検などがあります。

空撮カメラマンの仕事に関しては、テレビやネットなどで見る機会もあり、知っているかもしれません。最近では、ミュージックビデオや映画、結婚式、企業のPR動画などにもドローンで撮影された映像が使用されています。空撮カメラマンの仕事は、今後も需要があり続けるでしょう。

農薬散布の仕事は、農業用のヘリコプターや人間がパイプを持って散布している農薬を、ドローンで散布する仕事です。現在、農業人口は減少し続けており、より作業の効率化が求められています。ドローンでの農薬散布は、マッピングを活用することで作業自体は自動的に行うことができるため、農業の効率化には欠かせない存在になります。

また、ドローンは建築関連の測量の現場でも活躍しています。産業用のドローンの精度は非常に高く、自動で測量を完了してくれることから、測量の需要は非常に高まっています。

さらに、高所のインフラ点検などにおいても、ドローンは活躍しています。電柱や鉄塔、橋の点検は簡単に飛ばせるドローンが最適です。従来ヘリコプターを使用していた作業がドローンでできるため、コストカット、効率化の面から今後はよりドローンに代わっていくでしょう。

 

ドローンを教える

ドローンを教える講師、インストラクターの仕事もあります。ドローンスクールは日本全国に展開されていますが、まだまだ教師の数は足りていません。ドローンに関する知識を分かりやすく丁寧に教えることができ、また技術も併せ持った人は、とても貴重で需要があります。

ドローンの仕事の年収

ドローンはまだまだ成長中にある、発展途上のビジネスです。

海外ではすでに1億円プレイヤーもいる業界ではありますが、日本のドローン求人の平均年収は約350万円~560万円と言われています。特に測量やインフラの点検など特別な技術を持っている方が、年収が高い傾向にあります。

日本の企業は、まだドローンの導入に積極的でない面がありますが、海外では大手企業がドローンを導入しようと躍起になっています。そのため、海外では年収1,000万円単位の仕事などもあったりします。

また、ドローンを本業ではなく副業として稼いでいる人もいます。

お店の開店オープンの時に航空写真が欲しい人、写真素材として航空写真の欲しい人などは多々います。そういう需要をうまく拾って、フリーランスで活躍している人もいます。

副業に関しては、こちらの記事をご覧ください。

今後、ドローンが当たり前となった“ドローン前提社会”がやってきます。今のうちに知識や技術を磨いておくことをオススメします。

ドローンの求人で役立つ資格

「ドローン前提社会」に向け、まずはドローンの資格を取得しましょう。

ドローン操縦士を名乗るのに免許や資格は必要ありませんが、ドローンスクールで学んだという実績は、あたなの知識や技術を保証してくれ、転職や就職に有利に働きます。誰でもドローン操縦士を名乗れるからこそ、他の人と明確な違いが必要です。

また、独学で操縦技術や法律などの知識を勉強するのは難しくもあります。そのために、プロに教わって確かな間違いない知識と技術を身につけることをおすすめします。

ドローン求人に応募する際に持っておくと役立つ資格は、「JUIDA」や「DPA」の認定スクールで得られます。

「JUIDA」の認定スクールでは、「JUIDA 操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」などの資格を得られ、これは求人に役立ちます。また「DPA」の認定スクールでは、「ドローン操縦士回転翼3級」などの資格を得られます。

今のうちにドローンに関する知識と技術を学び、ドローン前提社会で優位な仕事に就きましょう。

東京のドローンスクールに関しては、こちらをご覧ください。

大阪のドローンスクールに関しては、こちらをご覧ください。

ビジネスの最新記事