【徹底比較】Insta360「Ace Pro」VS DJI「Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

【徹底比較】Insta360「Ace Pro」VS DJI「Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

2023年11月21日、Insta360からライカと共同開発したワンランク上のアクションカメラInsta360 「Ace Pro」が発売されました。

このアクションカメラは、DJIのアクションカメラ「Osmo Action 4」と比較して、どのような性能の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、両アクションカメラの性能を比較しつつ、どちらのカメラがどんな方におすすめか解説します。カメラの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

created by Rinker
Insta360
¥61,000 (2024/05/29 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

アクションカメラ「Insta360 Ace Pro」とは?

Insta360 Ace Proとは、2023年11月21日にInsta360から発売されたアクションカメラです。エントリーモデルの「Insta360 Ace」と同時に発売されてました。

ライカと共同開発された「Insta360 Ace Pro」は、1/1.3インチセンサーを搭載、4K 120fps動画(最大8K)、4,800万画素写真、低照度撮影用のPureVideoと様々なモードを備えています。

Insta360 Ace Proのプロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

「Insta360 Ace」と「Insta360 Ace Pro」の詳細スペックは、以下の通りです。

Insta360 AceInsta360 Ace Pro
商品イメージ
価格(税込)44,000円67,800円
本体重量176.8g179.8g
センサー1/2インチ1/1.3インチ
最大写真解像度4800万画素4800万画素
最大動画解像度6K 24fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
8K 24fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
充電時間70分46分
(30W急速充電アダプター)
稼働時間100分
(4K 30fps)
100分
(4K 30fps)
防水性能10m
60m(潜水ケース)
10m
60m(潜水ケース)
動作環境温度-20°C〜40°C-20°C〜40°C
特徴 / 備考Insta360 Ace Pro
の廉価版・エントリーモデル
AI駆動、AI編集、使いやすい
ライカと共同開発
急速充電バッテリー
夜景撮影
比類ない低照度性能
AI駆動、AI編集、使いやすい
created by Rinker
Insta360
¥61,000 (2024/05/29 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

「Insta360 Ace」と「Insta360 Ace Pro」には、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
SanDisk
¥2,618 (2024/05/29 23:33:05時点 Amazon調べ-詳細)
128GB ★オススメ★

microSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

※2024年5月に「Insta360 Ace」は価格改訂が行われよりお求めやすい価格となりました。

created by Rinker
Insta360
¥44,000 (2024/05/29 11:28:18時点 Amazon調べ-詳細)
55,000円→44,000円

アクションカメラ「Osmo Action 4」とは?

Osmo Action 4とは、2023年8月2日に発売されたDJIのアクションカメラです。

寒い環境下でも撮影できるアクションカメラを売りにしており、マイナス20℃の環境でも撮影可能な耐久性を誇ります。カメラ性能は、最大4K 120fpsの動画撮影ができる155ºの超広角カメラを搭載しています。

Osmo Action 4のプロモーション動画が公開されています

Osmo Action 4の詳細スペックは以下の通りです。

価格44,000円(税込)
本体サイズ70.5×44.2×32.8 mm
(長さ×幅×高さ)
本体重量145g
センサー &レンズ1/1.3インチCMOSセンサー
FOV:155°
最大写真解像度約1,000万画素
最大動画解像度4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
連続撮影時間160分
(1080p 24fps)
防水性水深 18m
水深 60m(アクセサリー)
動作環境温度-20°C~45°C

Osmo Action 4には、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
キングストンテクノロジー
256GB ★オススメ★

Osmo Action 4のmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

Insta360「Ace Pro」とDJI「Osmo Action 4」を比較

Insta360「Ace Pro」とDJI「Osmo Action 4」を比較します。

Insta360
Ace Pro
DJI
Osmo Action 4
価格(税込)67,800円44,000円
本体サイズ71.9×38.5×52.15H70.5×44.2×32.8H
本体重量179.8g145g
センサー1/1.3インチ1/1.3インチ
最大写真解像度4,800万画素約1,000万画素
最大動画解像度8K 24fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
連続撮影時間100分
(4K 30fps)
160分
(1080p 24fps)
防水性水深 10m
水深 60m(潜水ケース)
水深 18m
水深 60m(アクセサリー)
動作環境温度-20°C〜40°C-20°C〜45°C

Insta360「Ace Pro」とGoPro「Hero12 Black」の比較に関しては、こちらの記事をご覧ください。

価格の違い

両カメラの価格を比較すると、DJI「Osmo Action 4」が20,000円以上安く購入できます。安くアンションカメラを購入したいのであれば、こちらの選択になります。

とはいえ、数万円の金額差があるわけではありません。自分の撮影したいシーンや用途を考慮したアクションカメラ選びをするようにしましょう。

本体の性能の違い

どちらのカメラもアクションカメラということもあり、防水機能が備わっており、寒さにも暑さにも強いタフなカメラとなっています。

大きな違いは、デザインです。Insta360「Ace Pro」は、これまでにないアクションカメラのデザインをしています。DJI「Osmo Action 4」やGoPro「Hero12 Black」は、カメラレンズの横に小さなフロントカラーディスプレイを搭載しており、そのディスプレイを確認しながら自撮りをします。
しかし、Insta360「Ace Pro」は2.4インチのフリップ式スクリーンを搭載、フロントのディスプレイでカメラ設定を確認しつつ、反転させた大きなディスプレイを確認しながらの自撮りが可能です(以下画像参照)。

自撮りの性能を優先するのであれば、Insta360「Ace Pro」はベストな選択です。Insta360「Ace Pro」では、ジェスチャーで録画の開始/停止などができます。手袋の着用中やグループ自撮りがしたい時などに最適です。AI機能により動画の編集もスピーディーにできます。

その他にも、Ace Proはアプリのバックグラウンドダウンロードに対応しています。DJIのiOSアプリのように、アプリをフォアグラウンドで起動させたままにする必要がありません。ダウンロードしつつスマホで他の作業ができるのは嬉しいポイントです。

created by Rinker
Insta360
¥61,000 (2024/05/29 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ性能の違い

カメラ性能に関しては、動画撮影も写真撮影もInsta360「Ace Pro」が優れています。最大4,800万画素、8Kや4K 120fpsの動画撮影は非常にハイレベルな撮影性能です。

また、Insta360「Ace Pro」はPureVideoモード(低照度画質)を搭載、暗い場所での撮影に優れています。AIがノイズを除去してくれるため、暗い場所でも鮮明な映像を撮影可能です。比較映像をご覧ください。

動画や写真撮影の鮮やかさを考慮してアクションカメラを選ぶのであれば、Insta360「Ace Pro」はおすすめです。特に海の中や暗い場所での撮影を考えているのであれば、Insta360「Ace Pro」で間違いなしです。

created by Rinker
Insta360
¥61,000 (2024/05/29 12:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

「Insta360 Ace Pro」詳細は、Insta360の公式ページをご覧ください。

アクションカメラの最新記事