ドローン空撮を山でするには許可が必要?法律などの規制は適用される?

ドローン空撮を山でするには許可が必要?法律などの規制は適用される?

ドローンの練習場所・空撮場所として、人の少ない『山』海』川』を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

本記事では、その中の『山』でドローンを飛ばす際の注意点について解説していきます。

『山』でのフライトでは、通常は気を付けないような高度や外敵にも注意が必要になってきます。
しかし、山で撮影した映像は絶景になること間違いなしです。

法律やルールを理解し、山でしか撮れない絶景を撮影しましょう。

 

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

SanDisk Extreme 32GB 1,380円(Amazon価格)

改正航空法のおさらい

まずは『改正航空法』について、おさらいしましょう。

ドローンのフライトに関して取り決めた法律『改正航空法』では、以下のフライトが禁止されています。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の密集地域

ここで多くの方が疑問に思うのが、『150m』以上の上空です。
山においては、どの地点から150mなのでしょうか?

詳細については、『山での撮影の注意点』の項目にて、追って解説していきます。

 

また、ドローンのフライトでは以下6つのルールが決められています。

  1. ドローンは日中に飛ばしましょう
  2. ドローンは目視の範囲内で飛ばしましょう
  3. ドローンは人や物から30m以上離して飛ばしましょう
  4. ドローンはイベントの上空で飛ばしていけません
  5. ドローンで危険物を輸送してはいけません
  6. ドローンから物を落下させてはいけません

国土交通省 | 改正航空法概要ポスター.pfd

これら6つのルールも破らないように気を付けましょう。
特に、周辺に登山客がいる場合、細心の注意を払ってください。

 

因みに、『改正航空法』の対象は重量200g以上のドローンです。
重量200g未満のトイドローンはこの法律に該当しませんので、初めてのドローンにはオススメです。

山でのドローン撮影に許可が必要?

結論から言うと、『山』でのドローン撮影には許可が必要です。

しかし、ドローンはまだ法整備が進んでいない分野であり、許可なく飛ばしている人が多いのが現状です。

 

基本的には、目的の山を管理している団体に確認を取り、また国土交通省へ飛行許可申請をしましょう。

オンラインでの飛行申請の方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

最近、ドローンパイロットの山でのマナー悪化が顕著で、快く思わない登山者もいます。

そういった方々と揉めた時、許可を得ていると自分自身を守るためにも、許可を得てから撮影をしてください。

山での撮影の注意点

高度150mはどこから?

改正航空法の150mは、地表から150m上空以上が法律違反に該当します。

つまり、現状ドローンが飛んでいる高さから地面までの距離が149mであれば問題ありません

上記画像のように、高度は一緒でも地面までの高さが違えば、違法になる場合がありますのでご注意ください。

 

大型の鳥に注意

山などでドローンを飛ばす場合、トンビなどの大型の鳥の存在は無視できません。

鳥にはそれぞれに縄張りがあり、ドローンを威嚇や攻撃してくる場合があります。
トンビの攻撃により、ドローンが墜落した話も聞きます。

鳥の存在にも気を配り、出現したらドローンのフライトを中止しましょう。

機体がロストした時に備えて

山でドローンを飛ばす際には、機体が墜落してロストすることを想定しておかなければいけません。

このような事故を補償してくれるのが『機体保険』です。
機体保険』に加入しておけば、ドローンを見つけるまでに掛かった捜索費用(宿泊代・交通費等)と、ドローンの修理費用を補償してくれます。

機体保険に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

以上、『』でドローン飛ばす際の注意点について解説してきました。

』でドローンを飛ばす際には、高度にはくれぐれもご注意ください。
撮影した映像はネットにアップすると思いますが、明らかに150m以上の映像があれば、違反の証拠にもなります。

関係各所に許可を取り、周囲の環境を考慮し、安全に気を付けてドローンを飛ばしてください。

 

川』でドローンを飛ばしたい方は、こちらの記事をご覧ください。

『海』でドローンを飛ばしたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ドローン入門の最新記事