加入必須!DJI公式のDJI Care Refreshを丁寧に解説!機体保険との違いは?

加入必須!DJI公式のDJI Care Refreshを丁寧に解説!機体保険との違いは?

DJI Care Refresh(ディージェイアイ ケアリフレッシュ)」というDJI公式の提供しているケアサービスをご存知でしょうか?

このケアサービスでは、購入したDJIドローン・カメラ製品が壊れた際、リフレッシュ交換(新品または新品同等の製品と交換)できます。また、DJIスタッフによる製品サポートを優先的に受けることもできます。

本記事では、この「DJI Care Refresh」のサービス内容購入方法について解説します。是非、参考にしてください。

なお、「DJI Care Refresh」はAmazonなどのネットショップでも購入できます。欲しい機種で検索してみましょう。

「DJI Care Refresh」のサービス内容

「DJI Care Refresh」のサービス内容は以下の通りです。

【ドローンの場合】

  • リフレッシュ交換
  • DJI Care Express
  • 公式保証プラン
  • 定期点検(対象製品限定)
  • 修理特別割引(対象製品限定)
  • 専用テクニカルサービス
  • 配送料無料

【カメラ製品(ハンドヘルド)の場合】

  • 製品のリフレッシュ交換
  • DJI Care Express
  • グローバルサービス&サポート(対象製品限定)
  • 安心で充実の公式保証プラン
  • 定期点検(対象製品限定)
  • 専用テクニカルサービス
  • 配送料無料

それぞれのサービスについて解説します。

リフレッシュ交換

「DJI Care Refresh」の1年版で最大2回、2年版で最大4回のリフレッシュ交換(新品または新品同等の製品と交換)ができます。なお、ドローン紛失交換に関しては、1年版で年1回、2年版で年2回になります。

DJI Care Express

「DJI Care Express」は、製品交換のサービスオプションを速やかに行うサービスです。このサービスを利用すると、優先した対応をしてもらえます。

グローバルサービス&サポート(カメラ製品限定)

世界中のDJI認定センターにて、製品交換サービスや修理を受けられるサービスです。海外旅行などで持っていったDJIのカメラ製品が壊れても、安心してカメラを直して思い出を記録できます。

公式保証プラン

「DJI Care Refresh」の加入中は、公式の保証期間が延長されます。DJI公式保証プランが、1年版で1年、2年版で2年と延長されます。製品の保証期間が長くなるため、純粋に嬉しいサービスです。

定期点検(ドローン限定)

製品 / パーツの点検やアップグレード、クリーニング、消耗部品の交換をプロのスタッフが対応サービスです。飛ばしているドローンを良好な状態に保つ、信頼できるサービスです。

修理特別割引(ドローン限定)

ドローンを修理してくれるサービスです。ちょっとした故障であれば修理費用の心配も要りません。「DJI Care Refresh」の期間中であれば15%割引で修理を受けられます。※割引金額の上限が設定されており、8,700円が上限です。

専用テクニカルサービス

専用の電話回線にて、DJIスタッフのサポートを優先的に受けられるサービスです。
ドローンの操縦等で分からないことがあれば相談できます。初心者の方、ドローンについて知識のない初心者の方は絶対に加入しておきたいサービスとなっています。

配送料無料

「DJI Care Refresh」のサービスで製品を配送する場合、往復の送料はDJIが負担するサービスです。

対象製品 & 年間費用

「DJI Care Refresh」の対象製品は、以下の通りです。

【ドローン製品】※新しい順

  • DJI Avata 2
  • DJI Mini 4 Pro
  • DJI Air 3
  • DJI Mavic 3 Pro Cine
  • DJI Mavic 3 Pro
  • DJI Mini 3
  • DJI Mavic 3 Classic
  • DJI Mini 3 Pro
  • DJI Mavic 3
  • DJI Mavic 3 Cine
  • DJI Air 2S
  • DJI FPV
  • DJI Mini 2
  • Mavic Air 2
  • Mavic Mini
  • DJI Mini SE
  • DJI Mini 2 SE
  • Mavic 2
  • Spark
  • Mavic Air
  • Mavic Pro
  • Mavic Pro Platinum
  • Phantom 4 Advanced
  • Phantom 4 Pro シリーズ
  • Inspire 2

【カメラ製品(ハンドヘルド)】※新しい順

  • 「Osmo Pocket 3
  • Osmo Action 4
  • DJI RS 3 Mini
  • Osmo Mobile 6
  • Osmo Mobile SE
  • Osmo Action 3
  • DJI Action 2
  • DJI OM 5
  • DJI Pocket 2
  • DJI OM 4 シリーズ
  • Osmo Action
  • DJI RS 2
  • DJI RSC 2
  • Ronin-SC
  • Ronin-S
  • Zenmuse X5S
  • Zenmuse X7
  • DJI RS 3
  • DJI RS 3 Pro

基本的に、一般消費者向けの製品であれば全て加入できます。

費用は製品ごとに異なります。最新のDJIドローン・カメラ製品の年間費用、リフレッシュ交換料金は以下の通りです(2023年1月現在)。※リフレッシュ交換する場合、その度に別途費用がかかります。

機種年間費用
(1年版)
年間費用
(2年版)
DJI Mini 4 Pro11,880円19,250円
DJI Air 313,200円22,000円
DJI Mavic 3 Pro29,700円47,300円
DJI Mavic 3 Classic23,100円37,400円
Osmo Mobile 61,210円1,650円
Osmo Action 43,520円5,280円
DJI Pocket 23,900円5,900円
※記載以外のDJIカメラ製品も加入可能です。

購入 & アクティベーションの方法

「DJI Care Refresh」には、3種類の購入方法があります。
購入の仕方によりアクティベーションの方法も異なりますので、ご注意ください。

DJI公式ストアにて、製品と一緒に購入

1つ目は、DJI公式ストアで製品と一緒に購入する方法です。

この場合、DJI製品と「DJI Care Refresh」の関連付けが自動で行われます。お客様側で「DJI Care Refresh」のアクティベートする必要がないため、一番おすすめの購入方法です。

DJI Care Refresh 購入ページ | DJI公式ストア

DJI公式ストアにて、製品と別に購入

2つ目は、DJI公式ストアで製品と別に購入する方法です。

DJI製品購入後、「Careの購入を忘れていた」という場合もあります。この場合、製品のアクティベーション後48時間以内に「DJI Care Refresh」と製品の関連付けを完了させる必要があります。

関連付けは「DJI Care Refresh」購入の際に、シリアルナンバーを入力することで完了します(以下画像参照)。

代理店やネットショップで購入

3つ目は、DJI正規販売代理店で購入する方法です。

この場合、「DJI Care Refresh」の登録(アクティベーション)が必要になります。

アクティベーション方法は、以下の通りです。

  1. 購入した「DJI Careアクティベーションカード」を用意します。
  2. 以下のリンクより、カード番号と機体番号の関連付けを行います。
    https://support.dji.com/care/active
  3. 関連付け完了後、ご登録のメールアドレスにDJI Care Refreshサービス規約が送られてきます。
    ※この規約は購入証明書になりますので、大切に保管してください。

こちらも製品のアクティベーション後48時間以内に、「DJI Care Refresh」と製品の関連付けを完了させる必要がありますので、ご注意ください。

購入の際の注意点

製品のアクティベーションから48時間以上経過した場合、「DJI Care Refresh」は購入できません。

この場合、DJIカスタマーサポートで、点検または修理完了後に通知されるDJI Care Refresh購入の招待メールを受け取る必要があります。メール受信後、72時間以内であれば「DJI Care Refresh」の購入が可能になります。

DJI カスタマーサポート | DJI公式ストア

リフレッシュ交換の申請方法

ここまで「DJI Care Refresh」について解説しきました。

ここからは、万が一ドローンが壊れてしまい、リフレッシュ交換が必要になった場合について解説してきます。

「DJI Care Refresh」のリフレッシュ交換の申請方法は、以下になります。

  1. DJI公式ストアに、DJIアカウントでログイン
  2. DJI修理サービスのページへ
    DJI修理サービス | DJI公式ストア
  3. 「オンライン修理受付」を選択、修理の申請を提出

修理申請完了後は、指示に従って製品をDJIカスタマーサポートに発送することになります。

この際、シリアルナンバーはリフレッシュ交換後のシリアルナンバーに自動更新されます。お客様による製品とDJI Care Refreshの関連付けは必要ありませんので、ご安心ください。

ドローン入門の最新記事