DJIドローンのおすすめモニター・タブレットは?選び方と注意点を解説

DJIドローンのおすすめモニター・タブレットは?選び方と注意点を解説

DJIドローンを操縦中「スマートフォンでは画面が小さいな」と思われた経験がある方は多いのではないでしょうか?

そんな時、専用のモニター『CrystalSky(クリスタルスカイ)』iPadなどのタブレットを使用すれば、大きな画面でドローンの操縦を楽しめます。

本記事では、DJIドローンのモニターのおすすめや選び方について解説していきます。
iPadをモニターとして利用する際は注意が必要ですので、合わせて解説していきます。

こんな方にオススメです。

  • DJIドローンのモニター・タブレットについて知りたい方
  • モニター選びに悩まれている方
  • iPadなどのタブレットをモニターとして利用したい方

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

created by Rinker
サンディスク
¥1,642 (2024/02/25 08:38:01時点 Amazon調べ-詳細)

『DJI GO 4』アプリ対応のタブレットの種類は?

タブレットをドローンのモニターとして使用する場合、前提として『DJI GO 4』アプリに対応している必要があります。

DJI製品の専用モニターCrystalSkyがアプリに対応しているのは勿論ですが、iPadなどのApple製品、またAndroid製品はアプリに対応していない場合があります。

アプリに対応しているタブレットは以下の通りです。

Apple(アップル)製品のタブレット

『DJI GO 4』アプリに対応しているアップル製品のタブレットは、以下の通りです。

  • iPad Air Wi-Fiモデル/ iPad Air Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad Air 2 Wi-Fiモデル/ iPad Air 2 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 2 Wi-Fiモデル/ iPad mini 2 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 3 Wi-Fiモデル/ iPad mini 3 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 4 Wi-Fiモデル/ iPad mini 4 Wi-Fi+Cellularモデル

※iOS 9.0以降のバージョンに限ります。

Android(アンドロイド)製品のタブレット

アンドロイド製品のタブレットで、『DJI GO 4』アプリに対応している製品は、現在のところありません。
スマートフォンで対応している製品は勿論ありますが、タブレットはありません。
DJI | DJI GO 4ダウンロードセンター

つまり、DJIドローンのモニターの選択肢は、『DJI製品の専用モニター』と『アップル製品のタブレット』の2種類になります。

DJIの専用モニター『CrystalSky(クリスタルスカイ)』

DJIは、ドローン専用のモニター『CrystalSky(クリスタルスカイ)』を3種類販売しています。

モニターのサイズは、5.5インチ(約14cm)と7.85インチ(約20cm)の2種類です。
また、7.85インチには高輝度超高輝度の2種類があり、超高輝度の最大輝度は2000cd/m2と一般的なスマートフォンの4倍の明るさになります。

解像度は、7.85インチが2048×1536、5.5インチが1920×1080です。

CrystalSky 5.5インチ高輝度

created by Rinker
DJI
¥40,000 (2024/02/24 21:37:30時点 Amazon調べ-詳細)

CrystalSky 7.85インチ高輝度

CrystalSky 7.85インチ超高輝度

created by Rinker
DJI
¥66,418 (2024/02/24 21:37:31時点 Amazon調べ-詳細)

アップル製品のタブレット(iPadシリーズ)

前述の通り、DJIが推奨しているアップル製品のタブレットは、以下の5種類の『Wi-Fiモデル』と『Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデル』の計10種類になります。

  • iPad Air Wi-Fiモデル
  • iPad Air Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad Air 2 Wi-Fiモデル
  • iPad Air 2 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 2 Wi-Fiモデル
  • iPad mini 2 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 3 Wi-Fiモデル
  • iPad mini 3 Wi-Fi+Cellularモデル
  • iPad mini 4 Wi-Fiモデル
  • iPad mini 4 Wi-Fi+Cellularモデル

注意!『Wi-Fiモデル』と『セルラーモデル』の違い

どちらもDJIドローンのモニターとして使用できますが、以下の違いがあります。
※以下、Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデルをセルラーモデルと呼称します。

 Wi-Fiモデルセルラーモデル
インターネットなし(電波の確保が必要)あり(契約済の場合)
GPS内臓されていない内臓
情報の取得・更新インターネット環境が必要随時可能
価格セルラーモデルより安いWi-Fiモデルより高い

セルラーモデルのiPadは、携帯会社と契約することでインターネットを常時使用できるようになります。

また、セルラーモデルにはGPSが内蔵されているため、正確な位置情報を確認できます。

新しくiPadを購入するのであれば、『セルラーモデル』を購入しましょう

アップル製品のお得な購入方法

新品のアップル製品をお得に購入する方法がいくつかありますので、ご紹介いたします。

①認定整備済製品を購入する

アップルでは、一度出荷された製品が初期不良などの問題で返品された場合、修理して再販売しています。

いわゆる新古品なわけですが、新品と変わらない品質の製品を、上記画像のように通常よりもお得に購入できます。
Apple | 認定整備済製品ページ

②Amazonで購入する

楽天・Amazonで商品を購入することにより、ポイントが発生します。

特に、Amazonでは2019年3月に公式販売ページは開設されていますので、安心して購入いただけます。
Amazon | Apple公式ページ

③楽天の中古品を狙う

また、楽天ではiPadの中古品も多数販売されています。
お得に購入できますので、こちらを狙うのもいいでしょう。

CrystalSkyとiPadを比較

専用モニターCrystalSkyとiPad(Air/mini)を比較すると、以下のような違いがあります。

 CrystalSkyiPad(Air/mini)
外での画面の見やすさ非常に見やすい普通
熱への耐久度強い弱い
寒さの耐久度強い弱い
操作性慣れが必要簡単
タップ感度少しクセあり非常にいい
備考撮影映像をすぐにプレビュー可能日常でも使用可能

上記から、なぜ専用のモニターが存在するのか?が分かります。

スマートフォンもそうですが、タブレットは熱や寒さには強くありません。
そのような環境を考慮する必要があれば、専用モニターを購入しましょう。

しかし、専用モニターはあくまでドローンの撮影にしか使用できません。
ドローンの撮影をメインとしないのであれば、日常でも使用できるiPadがいいでしょう。

また、タブレットを取り付ける場合は別途タブレットホルダーが必要になります。
こちらの購入も忘れないようにしましょう。

created by Rinker
DJI
¥12,466 (2024/02/24 21:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

以上、DJIドローンのモニターの選び方を解説してきました。

モニターがあれば、視認性の高い操作ができるようになり、今まで以上に操縦を楽しめるようになります。

気温の高い場所、寒い場所光の眩しい場所等で撮影をするのであれば、専用モニターを購入しましょう。

CrystalSky 5.5インチ高輝度

created by Rinker
DJI
¥40,000 (2024/02/24 21:37:30時点 Amazon調べ-詳細)

CrystalSky 7.85インチ高輝度

CrystalSky 7.85インチ超高輝度

created by Rinker
DJI
¥66,418 (2024/02/24 21:37:31時点 Amazon調べ-詳細)

そのような環境でフライトはしない、日常でもタブレットを使用したいのであれば、iPadを購入しましょう。
Amazon | Apple公式ページ

ドローン入門の最新記事