DroneWikiドローン総合情報サイト

楽天の1日200円のドローン保険を解説!あまり飛ばさない人にぴったり

2020.07.30

楽天が1日200円のドローン保険を提供しているのをご存知でしょうか?
スマートフォンから簡単に登録でき、ドローンにまつわる事故を補償してくれます。

ドローンを飛ばす以上、常に墜落のリスク、事故のリスクは隣り合わせです。
しかし、あまり飛ばさないのにドローン保険は割高だよな、というドローンパイロットも中には存在します。

本記事では、そんなドローンパイロットにオススメな楽天の1日200円のドローン保険について解説してきます。

こんな方にオススメです。

  • ドローン保険について悩まれている方
  • ドローンを飛ばす頻度が少なく、保険料がもったいないと感じている方
  • 急遽、ドローン飛ばす予定ができた方

楽天の1日ドローン保険とは

1日ドローン保険とは、楽天グループのひとつ楽天損害保険株式会社が提供している、1日保険シリーズのひとつです。
1日保険シリーズの種類には、ドローン、イベント、スポーツ、旅行と様々あり、ドローン保険の場合は1日200円で加入できます

 

ドローンによる事故を補償してくれますが、ドローン自体の故障には対応していません
ドローン本体に保険を掛けたい場合、機体保険への加入を検討してください。

 

また、ドローンを業務利用する場合の事故にも対応していません
この業務利用には、不特定多数の人が閲覧するWEBサイトにドローン映像をアップする行為も含まれます。不特定多数の人が閲覧するWEBサイトには、SNSをはじめとするInstagram、Facebook、Twitter、Youtubeなどが該当します。

利益が発生していなくても、保険会社はこの行為を業務行為・ビジネス利用だと認識しますので注意してください。

1日ドローン保険の補償内容

楽天損保株式会社の1日ドローン保険の内容は、以下の通りです。

保険料 200円
保険期間 1日
賠償責任補償金額 1億円
死亡補償 290万円
後遺障害補償 290万円
入院補償 日額3,000円
手術補償 入院中:3万円
入院以外:15,000円
救助・捜索費用補償 200万円

まず、保険料は1日200円です。
そして、賠償責任補償金額は最大1億円です。これはドローンの対人事故・対物事故の被害を補償してくれます。

また、もし死亡事故・後遺症が残る大事故となった場合、290万円を補償してくれます。大事故に備えるのであれば、本格的な保険への加入が必須です。また、入院・手術が必要になった場合も補償してくれ、ドローン操縦中に遭難などをした場合の救助・捜索費も補償してくれます。

本格的な保険への加入を検討するのであれば、こちらの記事をご覧ください。

1日ドローン保険の加入方法

1日ドローン保険に加入するには、まずは1日保険シリーズへアクセスします。
1日保険シリーズ | 楽天損害保険株式会社

そして、ドローン保険を選択し、補償期間を入力、楽天へログインして進めてください(以下画像参照)。
保険には当日でも加入できますので、登録を忘れていてもフライト前に登録すれば安心です。

1日無料の保険もある

実は、楽天グループのひとつ楽天AirMap株式会社では、スマートフォンアプリ「AirMap」より1日無料保険も提供しています。保険内容は決して手厚くありませんが、無料は非常に有難い保険です。

200円保険と無料保険のサービスの違いは以下の通りです。

200円保険 無料保険
保険対象者 操縦者 操縦者
賠償責任補償金額 1億円 500万円
死亡・後遺障害補償金額 290万円 10万円
入院補償金額 1日3,000円
手術補償金額 入院中:30,000円
入院以外:15,000円
救助・捜索補償金額 200万円
免責金額 1,000円

上記からも分かるように、200円保険の方が内容は充実しています。また、無料保険では保険を使用する場合の免責金額(自己負担費用)が1,000円必要になります。どうしても1日保険が必要になった場合は、200円保険をオススメします。

1日無料保険に関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

以上、楽天の1日200円のドローン保険について解説してきました。

ドローンをあまり飛ばす機会のないドローンパイロットに最適な保険となっています。
ドローンを飛ばす以上、保険に加入しないという選択肢はありません。万が一に備えて必ず保険に加入して、ドローンを飛ばすようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加