【初心者必見】ドローンのフライトに必要なアクセサリー5選

【初心者必見】ドローンのフライトに必要なアクセサリー5選

「ドローンを購入したけど、他に必要なアクセサリーはある?」という疑問の声をよく耳にします。

ドローンのアクセサリーはたくさんの種類があり、初心者の方にはどれが必要なのか?分かりにくいのが現状です。

そこで本記事では、ドローンをはじめた人が購入した方がいいアクセサリーについて解説していきます。

ランディングパッドや風速計など、どれもドローンのフライトには欠かせないアクセサリーになりますので、フライトに前に揃えておきましょう。

ドローン用ヘリポート「ランディングパッド」

ランディングパッド」は、ドローンのフライトに使用するヘリポートです。

ランディングパッドを使用することで、ドローンが離陸・着陸する際の砂や小石を巻き上げを防げます。地面からドローンを飛ばすと、巻き上がった砂や小石はドローンに降りかかり、ドローンを汚したり、傷をつけたり、場合によってはプロペラモーターに小石が入り込み故障することもあります。

また、ランディングパッドを使用することで、周囲の人にドローンを飛ばしていると伝える役割も果たします。ドローンの練習中に知らない人に目撃されても、ランディングパッドを使用していることで「真面目にやっている人だ」という認識を持たれやすくなります。

ドローンや周囲の人たちのためにも、ランディングパッドを使用するようにしましょう。

Amazonのベストセラー1位のおすすめランディングパッドはこちらです。

また、ランディングパッドの詳細に関しては、こちらの記事をご覧ください。

フライト前の風を確認する「風速計」

風速計」は、ドローンを飛ばす前の風速チェックに使用します。

基本的に、ドローンは種類によって耐風性能が異なります。

例えば、代表的なDJIドローンの耐風性能は以下のように設定されています。

ドローンの種類 耐風性能
Mavic Mini 8 m/s
Mavic Air 10 m/s
Mavic 2 10.7 m/s

この「m/s」と単位は、大気が1秒間に何m移動したか?という単位になります。

つまり、風速10m/s であれば1秒間に10m大気が移動したということになります。

例えばMavic Miniの場合、8m/sを超える風の中ではコントロールを失います。Mavic Airの場合、10m/sを超える風の中ではコントロールを失います。

そして、この「m/s」は風速計を使えば簡単に計測できます

下記画像の風速計では、6枚のプロペラとセンサーにより、その場所の風速を計測します。

かざすだけで、誰でも簡単に風速を計測できるおすすめはこちらになります。

風速計の詳細に関しては、こちらの記事をご覧ください。

ドローン撮影に必須「microSDカード」

ドローンの内部容量は種類によって様々ですが、撮影をしているとすぐに容量オーバーになるため、microSDカードは必須です。

しかし、購入の際には注意点があります。

microSDカードを購入する際「microSDカードはどれも一緒、安くて容量の大きいものを買えばいい」と思ってはいませんか?

ドローンのmicroSDカードには、機体のスペックに見合った書き込み速度が必要です。

最新のDJIドローンに対応しており、また書き込み速度の基準を満たしているお得なmicroSDカードは以下になります。

microSDカードケースを持っておくと、紛失を防ぎつつ安全に保管できます。

晴天の撮影に必須「モニターフード」

日差しが強い時におすすめのアクセサリーが「モニターフード」です。

日中、スマートフォンが日差しを浴びて画面が見づらくなった経験はありませんか?

ドローン操縦時、画面が見えなくなるのはかなり危険です。万が一に備え、日差しが強いと感じたらモニターフードを使用するようにしましょう。

また、直射日光を防いでくれるため、スマートフォンの発熱を抑える役割も果たしてくれます。

Mavicシリーズ(Mavic Mini/Mavic Pro/Mavic 2(Pro/Zoom)/Mavic Air)に対応しているモニターフードはこちらになります。

 

また、モニターフードも必要ですが、合わせて「サングラス」もあるとベストです。

日光が眩しくてドローンを見失う可能性もありますので、晴天の眩しい日はサングラスを着用するようにしましょう。

絶対に必要な「予備バッテリー」

ドローンのフライト時間は種類によって様々ですが、どのドローンにも言えることは「予備バッテリー」が必要であることです。

特に操縦な不慣れなうちは急発進や急停止をしてしまうため、バッテリーにも余計な負荷がかかり、最大フライト時間よりかなり早めにバッテリー不足になります。

そのため、最低でも3つはバッテリーを持っておきましょう。

ドローン入門の最新記事