DJI『Mavic Mini』が新発売!重量199g(日本特別仕様)飛行時間18分、2.7Kカメラ搭載

DJI『Mavic Mini』が新発売!重量199g(日本特別仕様)飛行時間18分、2.7Kカメラ搭載

2019年10月31日、DJIが新商品『Mavic Mini』が販売を開始しました。

日本での『Mavic Mini』は、日本の航空法を意識した特別仕様(199g)となっています。そんな特別性の『Mavic Mini』はどんなドローンなのか?性能や特徴を解説していきます。
※航空法の改正により、現在では航空法の対象のドローンです。

created by Rinker
サンディスク
¥1,449 (2024/06/12 16:02:25時点 Amazon調べ-詳細)

Mavic Miniとは?

Mavic Miniとは、DJIを代表するMavicシリーズの最新ドローンです。海外と日本での仕様が異なるドローンであり、日本では改正航空法に該当しないギリギリの重量199gとなっています。
※航空法の改正により、現在では航空法の対象のドローンです。

手の平サイズの非常にコンパクトなドローンでありながら、3軸ジンバルの2.7Kカメラを搭載、飛行時間18分の高性能ドローンです。

Mavic Miniの性能

Mavic Miniの性能(日本仕様)は以下になります。

本体価格46,200円
動画2.7K:2720×1530 25/30 p
FHD:1920×1080 25/30/50/60 p
静止画1,200万画素
最大ビットレート40Mbps
重量199g
展開時サイズ(mm)245×290×55
収納時サイズ(mm)140×82×57
最大飛行時間18分
最高速度13m/s (Sモード)
最大伝送距離2km

Mavic Miniの同梱物

Mavic Miniの同梱物は以下になります。

  • Mavic Mini本体
  • 専用コントローラー
  • インテリジェント フライトバッテリー
  • 予備プロペラ1組
  • ジンバル プロテクター
  • Micro USBケーブル・コネクター
  • USB Type-Cコネクター・Lightningコネクター
  • 予備コントロールスティック1組
  • 予備ねじx 6
  • ねじ回し

『Fly More コンボ』の場合、バッテリーが3つになる他、専用ケース、360度方位型のプロペラガード、その他備品が多数付属してきます。


フライト時間(18分)を考慮すると、予備バッテリーを持っておけば余裕のあるフライトを楽しめるため、『Fly More コンボ』の購入をオススメいたします。

『Mavic Mini Fly More コンボ』の同梱物の確認は、こちらの記事をご覧ください。

Mavic Miniの特徴

コンパクトサイズ(改正航空法外)

Mavic Miniは折りたたむ事により、非常にコンパクトになります。その重量とサイズ感は、スマートフォンと大差ありません。

そして、199gという本体重量は改正航空法の対象外にあたります。つまり、ドローンを飛ばしていて逮捕された、というニュースのような事は起きません。※航空法の改正により、現在では航空法の対象のドローンです。

気軽に持ち運べて撮影できる、非常に優秀なサイズのドローンとなっています。

簡単操作でSNS映え写真の撮影

ドローンの操縦は難しそう、と思われる方も多いかと思います。しかし、DJIドローンは専用アプリと連携する事で、簡単に操作できます。

また、撮影機能・編集機能も複数備わっており、数回タップするだけで映画のような映像を撮影できます。SNSに映える写真・動画を簡単に撮影可能です。

高い安全性

重量が軽いことからも、万が一墜落や衝突をした際の安全性が高いドローンです。専用のプロペラガードを装着すれば、仮に墜落や衝突をしても被害を出すことは殆んどありません。

操縦に不安のある方、お子さんにドローンを体験させてあげたい方も安心してフライトを楽しめます。

Mavic Miniを他のドローンと比較

『Mavic Mini』を他の小型ドローン『Tello』『Spark』と比較します。

 Mavic MiniTelloSpark
写真
本体価格46,200円12,800円54,800円
重量199 g80 g300 g
最大飛行時間18分13分16分
静止画1,200万画素500万画素1,200万画素
動画2.7KFHDFHD
最大ビットレート40Mbps24 Mbps24 Mbps
ジンバル3軸なし2軸
改正航空法の影響対象外対象外対象
障害物センサーなしなし前方・下方

まず、同じDJIの小型ドローンである『Spark』は、本体重量が300gあるため、航空法の対象になります。しかし、『Mavic Mini』は対象ではありません。※航空法の改正により、現在では航空法の対象のドローンです。

また、『Mavic Mini』は『Spark』や『Tello』よりも高画質な映像を撮影できます。ジンバルは3軸搭載しているため、ブレのない安定した撮影ができ、静止画で1200万画素、動画で2.7Kのクオリティを誇ります。

Mavic Miniの短所・欠点

『Mavic Mini』は大変優れたドローンではありますが、あえてネガティブなポイントを指摘するのであれば、4K動画を撮影できません。

しかしながら、このような映像は撮影できます。

『Mavic Mini』はドローン初心者のための製品です。もっと高度な映像を撮影したいのであれば、『Mavic Mini』で練習を積み、上位機種である『Mavic Air』『Mavic2 Pro』などの製品を購入しましょう。

初心者におすすめ!Mavic Miniでドローンデビュー

以上、『Mavic Mini』の性能について解説してきました。

『Mavic Mini』はドローン初心者にとって敷居の低いドローンとなっています。法的な制限も受けず、簡単に映画のような滑らかな映像を撮影できます。※航空法の改正により、現在では航空法の対象のドローンです。

この機会に是非、ドローンデビューをしましょう。

Mavic MiniにはmicroSDカードが必須になります。おすすめのmicroSDカードに関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事