【2021年】価格別おすすめカメラ付きドローン10選(1万円以下〜20万円)

【2021年】価格別おすすめカメラ付きドローン10選(1万円以下〜20万円)

カメラ付きドローンには、1万円以下のドローンから20万円以上といった高額ドローンまであります。

ドローンの価格が決まる要因には、ドローン本体の性能、カメラの性能、その他付属品(バッテリーやコントローラー)の数や性能など様々あります。

このように価格が決まる要因は様々ありますが、基本的に金額の高いドローンほど性能はよく、いいカメラを搭載しており、いい付属品もあります

本記事では、価格帯ごとのオススメのカメラ付きドローン10機種を解説していきます。

ドローンの購入でお悩みの方は、ぜひご覧ください。

1万円以下のおすすめカメラ付きドローン

SNAPTAIN「SP500」

SP500」は、2K映像の撮影が楽しめる初心者におすすめのドローンです。

GPSも搭載しており、自動でドローンが戻ってくる「オートリターン機能」、ジェスチャーで撮影できる「ジェスチャー撮影」など、様々な機能を搭載しています。

本格的なドローンの購入を悩まれている方は、まずはこの機体でドローンを知ってみましょう。

本体価格 9,599円(2021年3月)
サイズ 327×327×57H(mm)
重量 134.5g
カメラ性能 2K
飛行時間 13分
備考 バッテリー2つ付属
コントローラー付属
日本語サポートセンターあり
SNAPTAINドローン GPS搭載 2K 110°広角HDカメラ付き バッテリー2個付き 26分飛行時間 200g未満 折り畳み式 フォローミーモード リターンモード FPVリアルタイム伝送 2.4GHz ヘッドレスモード モード1/2転換可能 クリスマス/元日/誕生日プレゼント 国内認証済みSP500
SNAPTAIN

予備バッテリー2個セットも販売されています。

SNAPTAIN バッテリーセット SP500対応
SNAPTAIN

その他SNAPTAINのドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

Holly Stone「HS160」

HS160」は、カメラ付きのリーズナブルなトイドローンです。

Amazonチョイスに選ばれており、1,600件以上レビューされているにもかかわらず、平均4.3の評価を得ています。

操縦だけでなく、動画の撮影、静止画の撮影、セルフィーなどを楽しめます。

コントローラーや予備バッテリーも付属しており、高度維持装置も搭載、初心者でも簡単に操縦できます。

本体価格 6,920円(2021年3月現在)
サイズ 170×160×34H(mm)
重量 83.5g
カメラ性能 HD
飛行時間 5分-6分
備考 コントローラー付属
バッテリー2個付属

その他Holly Stone社のドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

1万円〜5万円のおすすめカメラ付きドローン

RyzeTech「Tello(テロー)」

「Tello(テロー)」RyzeTech社によって発表されたドローンですが、ドローン業界No.1企業のDJIが制作に関わっており、DJIの公式ショップでも販売されているドローンです。

飛行時の安定感、空撮時の映像の鮮やかさ、スマホと連携して操作できる手軽さなど、ドローン初心者でも簡単に遊べる購入して損をしない1台となっています。

とにかくドローンを飛ばしてみたい方におすすめの初心者ドローンの決定版と言えるドローンです。

本体価格 12,980円(2020年7月現在)
サイズ 92.5×98×41H(mm)
重量 80g
有効画素数 500万画素
動画 HD 720p
飛行時間 13分
伝送距離 100m
備考 ドローン保険付き

購入の際には、バッテリーが3つ付属し、関連パーツの多数付属するコンボでの購入をオススメします。

また、コントローラーで操縦したい方は、別途購入が必要です。

created by Rinker
シンセンディスカバリ
¥3,885 (2021/07/23 18:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

その他、「Tello」のアクセサリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

Telloを飛ばす際のルールに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

DJI「Mavic Mini(マビックミニ)」

ドローン業界No.1企業DJI社から販売された「Mavic Mini」は、ドローンの法律「改正航空法」の影響をギリギリ受けないサイズの初心者向けドローンです。

同じ初心者向けドローンでは先程のTelloもオススメですが、ドローン撮影を楽しみたいと思っている初心者の方は「Mavic Mini」がオススメです。

TelloではHD映像の撮影が限界ですが、Mavic Miniでは映画シーンのような2.7Kシネマ動画を撮影できます。

本体価格 46,200円(2020年7月現在)
サイズ 245×290×55H (mm)
重量 199g
有効画素数 1,200万画素
動画 2.7K:2720×1530 25/30fps
FHD:1920×1080 25/30/50/60fps
飛行時間 18分
伝送距離 2000m
備考 コントローラー、ドローン保険付き

created by Rinker
DJI
¥46,200 (2021/07/23 12:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

購入の際には、バッテリー3つ他、専用ケースや付属品の多数同梱するコンボをオススメします。

【国内正規品】DJI Mavic Mini Fly More コンボ

また、「Mavic Mini」のアクセサリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

Mavic Miniを飛ばす際のルールに関しては、こちらの記事をご覧ください。

5万円〜10万円のおすすめカメラ付きドローン

DJI「DJI Mini 2」

DJI Mini 2」は、上記「Mavic Mini」の後続機です。

こちらもドローンの法律「改正航空法」の影響をギリギリ受けないサイズの初心者向けドローンです。

初心者向けドローンではありますが、4K映像の撮影もでき、カメラ性能を中心にパワーアップしています。

ドローン初心だけど本格的な空撮をしたい方は「DJI Mini 2」で間違いなしです。

本体価格 59,400円
サイズ 159×202×55H(mm)
重量 199g
動画 4K 30fps
静止画 1,200万画素
飛行時間 18分
伝送距離 6,000m
備考 ズーム機能
コントローラー、保険付き

購入の際には、バッテリー3つ他、専用ケースや付属品の多数同梱するコンボをオススメいたします。

【国内正規品】DJI Mavic Mini Fly More コンボ

また、アクセサリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

Parrot「ANAFI(アナフィ)」

フランスのドローンメーカーParrot(パロット)から販売されている「ANAFI」は、10万円以下の価格でありながら4Kの空撮可能、またカメラを180度動かせ、ズーム撮影も可能です。

障害物検知センサーは搭載されていませんが、低価格でありながら高性能カメラ、撮影アシスト機能を搭載しているドローンです。

本体価格 93,500円(2020年7月現在)
サイズ 244×67×65H(mm)
※収納時サイズ
重量 320g
有効画素数 2,100万画素
動画 4K Cinema:4096×2160 24fps
4K UHD:3840×2160 24/25/30fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60fps
最大飛行時間 25分
最大伝送距離 4,000m
備考 ズーム機能搭載、カメラ180度チルト機能搭載

10万円〜20万円のおすすめカメラ付きドローン

DJI「Mavic Air 2(マビックエアー2)」

ドローン業界No.1企業DJI社から販売された「Mavic Air 2」は、「Mavic Air」の後続機に当たる一般消費者向けドローンの最新機種です。

上位機種を上回るカメラ性能も搭載しており、撮影補助機能も多数搭載、空撮を本格的にしたい方に今一番おすすめのドローンです。

本体価格 105,600円(2020年7月現在)
サイズ 183×253×77(mm)
重量 430g
有効画素数 4,800万画素
動画 4K:3840×2160 24/25/30fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120fps
飛行時間 34分
最大伝送距離 6,000m
障害物センサー 前方・下方・後方
備考 コントローラー、ドローン保険付き

購入の際には、バッテリー3つ他、専用ケースや付属品の多数同梱するコンボをオススメいたします。

created by Rinker
DJI
¥132,000 (2021/07/24 07:36:27時点 Amazon調べ-詳細)

また、「Mavic Air 2」のアクセサリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

DJI「Mavic 2 Zoom(マビック2ズーム)」

空撮上級者におすすめのドローンは、DJIの「Mavic2」です。
このMavic2シリーズには「Zoom(ズーム)」と「Pro(プロ)」の2種類があり、クリエイティブな撮影をしたい人には『Zoom』がオススメです。

「Mavic 2 Zoom」は、DJI初のズーム撮影ができるドローンです。
ズーム撮影を駆使することで、ドローンで近づけない被写体のアップ映像を撮影できたり、ドリーズームをはじめとする撮影技法も使用できます。

本体価格 165,000円(2020年7月現在)
サイズ 322×242×84H(mm)
重量 905g
有効画素数 1,200万画素
動画 4K:3840×2160 24/25/30fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120fps
飛行時間 31分
伝送距離 4,000m
障害物センサー 全方位
備考 ズーム機能、コントローラー、ドローン保険付き

created by Rinker
DJI
¥197,030 (2021/07/24 09:28:33時点 Amazon調べ-詳細)

購入の際は、バッテリー他付属品の多数ある「Fly More キット」の同時購入を推奨いたします。

 

DJI「Mavic 2 Pro(マビック2プロ)」

DJIドローン「Mavic2 Pro」は、ズーム撮影はできませんが、ハッセルブラッドというブランドの高性能カメラを搭載しています。その画素数は2,000万画素で、10億色の色彩を表現できます。

プロクオリティの空撮映像を撮影したいのであれば、Mavic 2 Proで間違いありません。

本体価格 197,560円(2020年7月現在)
サイズ 322×242×84H(mm)
重量 907g
有効画素数 2,000万画素
動画 4K:3840×2160 24/25/30fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120fps
飛行時間 31分
伝送距離 4,000m
障害物センサー 全方位
備考 コントローラー、保険付き
created by Rinker
DJI
¥196,960 (2021/07/24 09:28:34時点 Amazon調べ-詳細)

購入の際は、バッテリー他付属品の多数ある『Fly More キット』の同時購入を推奨いたします。

20万円以上の空撮プロ向けドローン

DJI「Phantom 4 Pro V2.0」

今後、ドローンに関連する仕事を生業にしたいのであれば、DJIを代表するプロ向けドローンPhantomシリーズの「Phantom4 Pro V2.0」がオススメです。

Phantomシリーズのドローンは、空撮だけでなく測量などの業務にも使われるモデルで、ドローンスクールなどで練習する機体はPhantomシリーズになります。

本体価格 207,680円(2020年7月現在)
サイズ 289.5×289.5×196H(mm)
重量 1375g
有効画素数 2,000万画素
動画 C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60fps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60fps
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120fps
飛行時間 約30分
伝送距離 4,000m
障害物センサー 5方位
備考 コントローラー、保険付き

また、アクセサリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事