DroneWikiドローン総合情報サイト

DJIドローンの2年目の保険を比較解説!個人の賠償責任保険はこれで決まり!

2019.03.08

DJIドローン購入者が初年度無料で加入できる賠償責任保険をご存知でしょうか?
DJIドローン購入者は、初年度はみなこの保険を利用します。

しかし、2年目はどうすればいいのでしょうか?

本記事では、DJIドローン購入の2年目の保険について解説していきます。

DJI賠償責任保険

初年度無料のDJI保険を提供しているエアロエントリー株式会社が、2年目のユーザーに用意している保険がDJI賠償責任保険です。
保険引受会社は引き続き、三井住友海上火災保険株式会社です。

ドローンによる「対人事故」「対物事故」「人格権侵害」などにより発生した賠償責任を補償してくれます。

 

DJI賠償責任保険の主な補償内容

DJI賠償責任保険の主な補償内容は以下になります。

基本補償(身体障害・財物損壊)

被保険者が所有しているドローンを、自分や関係者が使用した時のドローンの事故を補償。

管理財物損壊補償

被保険者の管理下にある財物の滅失、破損、汚損、紛失、盗取により被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償。

人格権侵害補償

事故に起因する、名誉毀損やプライバシー侵害に関わる被保険者の損害賠償責任を補償。

初期対応費用補償

事故が発生した場合に、被保険者が緊急的な対応のために引受保険会社の同意・承認を得て支出した費用補償。

訴訟対応費用補償

裁判になった場合の被保険者の使用人の超過勤務手当、交通費、宿泊費または臨時雇用費用を補償。
また、訴訟に関する必要文書作成にかかる費用を補償。
その他、外部の実験機関が事故を再現するための実験に要する費用を補償。

DJI賠償責任保険の3つのプラン

DJI賠償責任保険には、以下の3つのプランがあります。

補償
内容
補償内容 プランA プランB プランC
基本補償
管理財物補償
人格権侵害
1名につき100万円
1事故につき1,000万円
初期対応費用
1事故につき1,000万円
訴訟対応費用
1事故につき1,000万円
本人以外の保険適用 ×
海外での保険適用 × ×
年間
保険料
支払限度額 1億円 12,000円 14,400円 16,800円
支払限度額 5億円 19,200円 23,040円 26,880円
支払限度額10億円 24,600円 29,520円 34,440円

※免責金額(自己負担額)は、一事故につき5万円。
※ただし、「人格権侵害」「初期対応費用」「訴訟対応費用」の場合は免責金額が0円。

他のドローン保険と比較

DJI賠償責任保険は、一番安いプランでも年間保険料が12,000円になります。
この金額は妥当なのか?それとも高いのか?ここが気になるポイントです。

もし、あなたがドローンを個人事業主または法人で利用していない場合、DJI賠償責任保険はおすすめできません。
なぜなら、個人のドローン保険としては金額が高すぎるからです。

個人でドローンを利用しているのであれば、ヤフーの提供している月額140円からの『ちょこっと保険』をお勧め致します。

 

また、ドローンで撮影した映像をインターネットにアップしているのであれば、年間保険料5,000円の『SORAPASS care』をお勧め致します。

 

以上、DJI賠償責任保険について解説してきました。

DJI賠償責任保険は、法人や個人事業主向けの保険内容となっています。
法人向けと考えれば、賠償保険の支払い限度額を10億円まで選択できたり、海外での撮影にも保険を適用できたり、とても手厚いサービスになっています。

連絡先情報

取扱代理店:三井住友海上 事故受付センター
電話番号:0120-258-189(無料)
営業時間:365日 24時間

DJI賠償責任保険 | 申し込みページ

 

しかし、個人の方が利用するにはコストパフォーマンスの悪い保険ですので、ヤフーの提供している『ちょこっと保険』などへの加入をお勧め致します。