DroneWikiドローン総合情報サイト

上空シェアリングサービスsora:shareでドローンの練習場所や空撮スポットを探そう!

2019.06.08

上空シェアリングサービス「sora:share(ソラシェア)」というサービスをご存知でしょうか?

sora:shareを使えば、ドローンを飛ばしていい場所を簡単に見つけることができます
空撮スポットや練習場所など、様々な場所が登録されています。

ドローンユーザーにとって非常に便利なサービスsora:shareについて解説していきます。
sora:share | 公式ホームページ

 

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

SanDisk Extreme 32GB 1,380円(Amazon価格)

土地所有者は空も所有している

「sora:share」のサービスを解説していく前に、前提の話を解説していきます。

実は、土地の所有者は、その土地の上の空も所有しています。
民法第207条において、土地の所有者は空の所有権も保有していると明記されています。

そんな使えていない空をシェアしませんか?貸し出しませんか?というサービスがsora:shareになります。

上空シェアリングサービス「sora:share」とは?

sora:share(ソラシェア)とは、土地所有者とドローンユーザーをつなぐプラットフォームです。

土地の所有者はsora:shareに登録して、土地(空)の貸し出しを行います。

ドローンを飛ばす場所を探していたドローンユーザーは、sora:shareで飛ばす場所を探し、ドローンを飛ばします。
その際、土地(空)の使用料を支払い、それがsora:shareを介して土地の所有者へ報酬として支払われます。

ドローンを飛ばす場所で悩むドローンユーザーと、土地(空)という資産を活かせなかった土地所有者をつなぐビジネスモデルです。
土地の所有者もドローンユーザーも登録できます。
sora:share | 公式ホームページ

ドローンを飛ばす場所を探そう

sora:shareには、既にいくつかの絶景スポットや練習スポットが登録されています。

エリアを検索して、近くのドローンスポットを探してみましょう!
sora:share | 検索ページ

料金プランは2種類

sora:shareの料金プランには2種類があります。

①Unlimited

これは月額3,000円で、「Unlimited」登録された空で、ドローンを飛ばし放題になります。

②One-Time

これは1回のフライトごとに料金が発生するプランです。
上記画像のように、場所によって金額や時間が異なりますので、注意してください。

 

以上、上空シェアリングサービス「sora:share(ソラシェア)」について解説してきました。

ドローンユーザーにとって、練習場所や空撮スポットを探すのは骨の折れる課題です。
sora:shareのUnlimitedプランに加入し、登録された場所で好き放題ドローンを飛ばしましょう。

あなたもsora:shareに加入してドローンを飛ばしてみませんか?
はたまた、空いてる土地(空)を貸し出してみませんか?
sora:share | 公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加