DroneWikiドローン総合情報サイト

【個人向けドローン保険の決定版】動画をSNSにアップしても適用される保険『SORAPASS care』

2019.07.12

DroneWikiでは以前、個人のドローン保険の落とし穴に関する記事を投稿しました。

この落とし穴というのは、「ドローンで撮影した映像(写真/動画)を不特定多数の人が閲覧するWEBサイトにアップすると、保険は適用されなくなる」というものです。
この不特定多数の人が閲覧するWEBサイトには、Instagram, Facebook, Twitter,などのSNSや、Youtubeなどが該当します。

 

「なぜ保険は適用されなくなるのか?」
それは、利益が発生していなくても、不特定多数の人が閲覧するWEBサイトに映像(写真/動画)をアップする行為が、業務行為に該当するからです。

個人のドローン保険では、業務行為をしてはならないという条件があります。
つまり、保険のルールを破ることになるため、保険が適用されなくなります。

 

というように、ドローンの個人保険の内容は、ユーザーに寄り添っていない内容となっていました。

しかし、業務(ビジネス)利用・ホビー利用のどちらも適用される年間費用5,000円の保険があります。
そんなユーザーに寄り添った理想の保険『SORAPASS care』について解説していきます。

SORAPASS careとは?

SORAPASS care(ソラパス ケア)』とは、ブルーイノベーション株式会社一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の3社が協力して提供しているサービスです。

保険と飛行支援サービスがセットになっており、スマートフォンのアプリから利用できます。

年間利用料は5,000円で、保険は業務(ビジネス)利用・ホビー利用の両方が適用されます。

SORAPASS care | Apple Storeからダウンロード
SORAPASS care | Google Playからダウンロード

SORAPASS careの飛行支援サービス

①飛行禁止・危険エリアの閲覧

改正航空法が定める飛行禁止エリア(空港周辺や人工密集地など)や石油コンビナートなどの飛行禁止エリアの情報を地図上に表示します。

また、天気情報や3D情報の閲覧もできます。

②飛行可能施設の紹介

JUIDA認定の飛行場など、ドローンの飛行練習が可能な施設情報を閲覧できます。

③自分のドローンの飛行エリアを通知

ドローンの飛行開始時に、自分のドローンの飛行エリアを発信します。
これにより、SORAPASS care加入者と飛行情報の共有ができます。

④他のドローンの飛行エリアの共有

地図上で、他のドローンの飛行情報を確認できます。
これを確認することで、ドローン同士の事故を未然に防げます。

SORAPASS careの保険内容

SORAPASS careの保険は賠償責任保険になります。

賠償責任保険とは、ドローンが事故した際の「対人事故」「対物事故」を補償してくれる保険です。

対人事故:自分や他人がドローンの衝突事故などで負傷する事故
対物賠償:ドローンが公共物や他人の物などを損傷する事故

 

ドローン自体が故障した場合、保険は適用されないのでご注意ください。
ドローンにも保険を掛ける場合、ドローンの機体保険に加入する必要があります。

 

SORAPASS careの保険内容は以下になります。

SORAPASS careの賠償責任保険の内容
保険商品名 業務利用 ホビー利用
補償対象者 SORAPASS care加入者
(加入者が所属する法人、個人事業主)
SORAPASS care加入者
補償期間 1年間 1年間
補償対象業務 補償対象者のドローン業務
基本補償 1事故 1億円 1事故 1億円
対物補償 1事故 1億円
人格権侵害 1事故 1,000万円
※被害者1名につき100万円
事故対応特別費用 1,000万円
操縦訓練費 10万円
第三者医療費用 1,000万円
※被害者1名につき50万円
免責金額
(自己負担)
0円 0円
備考 機体数・機体種類に制限はありません。

SORAPASS careの保険は、登録すると業務(ビジネス)利用・ホビー利用の両方が適用されます。
つまり、事故の内容に応じて、適切な保険が適用されます。

 

例えば、SORAPASS careに加入しており、空撮動画をYoutubeにアップする目的で撮影していた人が事故を起こしたとします。

この人は、以前からドローンで撮影した動画をYoutubeにアップしています。
現状ではYoutubeでの利益は発生していません(将来的に発生する可能性はあります)。

通常の個人のドローン保険であれば、この場合は保険が適用されません。
しかしSORAPASS careの場合、業務利用ということで保険が適用されます。

 

SORAPASS careは事故の内容に応じて保険が適用される、ユーザーに寄り添った保険内容となっています。

 

登録方法

  1. まずはアプリをダウンロードします。
    SORAPASS care | Apple Storeからダウンロード
    SORAPASS care | Google Playからダウンロード
  2. 【SORA PASS IDをお持ちでない方はこちら】をタップします。
  3. 利用規約が出てきますので、【同意する】をタップします。
  4. 記入内容を記入して【確認】をタップ
  5. 記入内容に間違いがなければ【申込登録】をタップ
  6. 入力したメールアドレス宛にメールが来ますので、URLをクリックしてログイン画面へ。
  7. メールアドレスとパスワードを入力すれば、SORA PASS に登録できます。

 

 

以上、『SORAPASS care(ソラパス ケア)』について解説してきました。

ドローンで撮影した映像(写真/動画)をSNSなどにアップする人の決定版の保険となっています。
SORAPASS careに加入して、万が一事故が起きても大丈夫という余裕も持って、ドローンでの撮影を楽しんでください。