DroneWikiドローン総合情報サイト

知らなきゃ損!ドローン撮影を会社に依頼する際の料金の目安・注意点

2019.11.05

最近、ドローンで撮影された映像をテレビで見る機会も増えてきました。
ドローンで撮影された映像はインパクトがあり、見る人々に驚きや感動を与えるため、撮影を依頼したい人も多いのではないでしょうか?

本記事では、そんなドローン撮影を会社に依頼する際の料金の目安見積りの際の注意点について解説していきます。
これを知っていれば、提出された見積書が適切なのかと疑うこともありません。

こんな方にオススメです。

  • ドローンでどんな撮影依頼ができるか知りたい方
  • ドローンの撮影依頼をしたいけど、相場が分からない方
  • ドローン撮影の見積りを依頼したいけど、出し方が分からない方

空撮を依頼するシチュエーション

そもそもドローン撮影を依頼するシチュエーションには、どのようなものがあるのでしょうか?

撮影を依頼する代表的なシチュエーションは次の通りです。

  • 記念撮影
    結婚式、運動会、お祭りなどのイベント
  • 建築・工事の現場
    進捗の確認、オルソ画像の作成、測量など
  • 点検作業
    ソーラーパネル、煙突、マンション・一軒家の外装点検など

もちろん、これらの他にもドローンに撮影を依頼するシチュエーションはあります。
これらはあくまでも一例であり、ドローンの新たな活用方法は現在もなお生まれています。

 

撮影料金の目安と内訳(写真)

ドローンの撮影依頼と一言に言っても、『写真の場合』と『動画の場合』があります。

写真の場合』の料金の目安と内訳、完成品のサンプルは以下になります。

料金の目安と内訳

実際、ドローン撮影の写真の料金はどれくらいか?3つの会社を比較してみます。

ドローンレンタルネット ミツモア ソラカメラ
料金 58,000円 40,000円 35,000円
撮影枚数 15枚以内 20枚以内 5枚前後
(納品は1枚)
撮影時間 40分以内 20分程度 15分程度
滞在時間 90分以内 90分以内 1時間以内

上記より、ドローン写真の依頼価格はピンキリであることが分かります。
しかし、1枚あたり2,000円程度の見積り価格であれば、かなりお得だと言えます。

また、上記は基本料金であり、オプションを付けることで値段が上がります。
オプションには、以下のようの項目があります。

  • 別日ロケハンの追加
  • 使用ドローン・カメラの指定
  • 撮影写真の編集
  • オペレーターの追加
  • 国土交通省への飛行許可申請
  • 撮影枚数・時間の追加

 

完成品のサンプル

ドローンの撮影依頼では、以下のような写真が撮影できます。

店舗外観の写真


ソラカメラ | 撮影実績

スポーツの試合写真

ソラカメラ | 撮影実績

観光プロモーション写真

ソラカメラ | 撮影実績

撮影料金の目安と内訳(動画)

動画の場合』の料金の目安と内訳、完成品のサンプルは以下になります。

料金の目安と内訳

ドローン動画の料金はどれくらいか?3つの会社を比較してみます。

ドローンエンタープライズ ドローンレンタルネット ソラカメラ
料金 75,000円 85,000円 85,000円
撮影時間 打合せ 40分 45分
滞在時間 3時間以内 90分以内 2時間以内
動画編集 別途お見積 無料 40,000円

上記より、85,000円で40分〜45分程度の撮影をしてくれることが分かります。

また、写真同様に上記は基本料金です。
先程のようなオプションを付けることで値段が上がります。

 

完成品のサンプル

ドローンの撮影依頼では、以下のような動画が撮影できます。

アミューズメントパークの動画

ソラカメラ | アミューズメント施設

商業施設のイベント動画

ドローンエンタープライズ | 商業施設イベント

ボート部の練習動画

ドローンエンタープライズ | 一橋大学ボート部

見積りの注意点

ざっくりになりますが、写真の依頼は4万円〜5万円強、動画の依頼は8万円強(40分程度)であることが分かりました。

これらの見積りを依頼するの際の注意点を解説していきます。

明確な情報・目的を伝える

当然ですが、依頼主の明確な情報・目的がはっきりとしない場合、業者は追加作業を考慮して高めの見積りを提出する傾向があります。
そのため、分かり得る情報は明確に伝え、目的を定かにしましょう。

<悪い見積り依頼例>

「今度、新しくできる店舗の外観写真をカッコよく撮って欲しい。撮影日は未定。動画もお願いする可能性もあり。」

<いい見積り依頼例>

「12月の1週目の平日に、○○県○○市○○町○○に新しくできた店舗の写真を1フライトで撮影して欲しい。必要な写真は、真上からの真俯瞰写真、右斜めからの店舗全体が映る写真の2カットのみ。」

 

ドローンの知識を学ぶ

上記のような正確な依頼を出すためには、ある程度ドローンの前提知識が必要になります。

依頼を出す前提として、以下のドローンに関する知識は覚えておきましょう。

  • ドローンは天候不良時、フライトできない
  • ドローンの1フライト時間は20分程度である
  • ドローンは動画撮影中に写真を撮影できない
  • 映像の目安は、動画は4K、写真は2000万画素
  • ドローンにはフライト禁止区域があり、国土交通省への申請が必要な場合もある
    ※申請には時間が掛かるため、2週間以上前には撮影日を決める必要もあり

 

 

以上、ドローン撮影を会社に依頼する際の料金の目安や見積りの際の注意点について解説してきました。

ドローン業界自体がまだ新しく、料金は会社によって異なりピンキリです。
目安として、写真の依頼は4万円〜5万円強、動画の依頼は8万円強(40分程度)と覚えておきましょう。

また、見積りを依頼する際は、情報と目的を明確に伝えるようにしてください。

 

自分で撮影に挑戦したいという方は、こちらの記事をご覧ください。