DroneWikiドローン総合情報サイト

ドローンレンタルはここで決まり!『DroSatsu!!(ドロサツ!!)』

2020.03.10

最近、ドローンで撮影された映像をテレビやインターネットで見ることも珍しく無くなってきました。
ドローンで撮影された映像は独特のインパクトがあり、見る人々に驚きや感動を与えます。

そんなドローン、金額的に手が出せないけど飛ばしてみたい!撮影してみたい!という人も多いのではないでしょうか?

また、既にドローンを持っているけど、スペックの高いドローンを飛ばしてみたい!最新のドローンを飛ばしてみたい!という人も多いのではないでしょうか?

そんな方々におすすめなのが、ドローンのレンタルです。
実はとても手頃な値段で、日本全国どこに住んでいてもドローンを借りられます。

本記事では、ドローンのレンタル前に知っておくべきこととオススメのドローンレンタルサービス『DroSatsu!!(ドロサツ!!)』の魅力について解説していきます。

ドロサツ!! | 公式ホームページ

 

こんな方にオススメです。

  • ドローンに興味があり、飛ばしてみたい方
  • 国内や海外の旅行・イベントにて、ドローン撮影をしたい方
  • ドローンを既に持っているけど、最新のドローンを飛ばしたい方

レンタル前に知っておくべきこと

レンタル価格は購入するよりお得?

ドローンをレンタルする会社にもよりますが、本体価格の1/10が、1泊2日のレンタル価格の目安になります。
つまり、10万円程度のドローンを借りるのであれば、1泊2日のレンタルには1万円程度が必要になります。

そのため、本体を買う価格で10回はレンタルできますが、年に3回以上使う予定であれば購入を視野に入れることを推奨いたします。

ドローンを頻繁に操縦するのであれば、自分のドローンを手に入れ、時間に縛られず、ドローンの操縦や撮影を楽しみましょう。

ドローンの購入に関しては、こちらの記事をご覧ください。

また、後述しますが『ドロサツ!!』では1/10よりもお得な価格でドローンのレンタルができます。
ドロサツ!! | 公式ホームページ

 

法律について事前に学んでおく

ドローンを飛ばす以上、ドローンに関する法律・ルールを理解しておかなければなりません。
法律を違反すると、逮捕されてしまったり、罰金の処分を受ける可能性もあります。

ドローンの法律に関しては、こちらの記事をご覧ください。

また、レンタルするドローンが200g未満の場合、こちらの記事をご覧ください。

 

ドローンに保険は必要?

最近のドローンは、初心者の方でも簡単に操縦できるようになっています。
しかし、ドローンを飛ばすのであれば、保険は絶対に必要です。

もしドローンが墜落し、対人事故・対物事故を起こしてしまっては、取り返しがつきません。
日本では、自転車での事故に裁判所が1億円の賠償金の支払いを命じた事例もあります。

レンタル会社やそのプランによって保険の扱いは様々ですが、保険が付属するプランを選ぶようにしましょう。
また、保険が付いてこないのであれば、その会社ではレンタルしないようにしましょう。

後述しますが、『ドロサツ!!』では無料で保険が付いてきます。
ドロサツ!! | 公式ホームページ

 

海外でも飛ばせる?

海外でドローンを飛ばせるか否かは、レンタル会社によって異なります。
そのため、レンタルの際は事前に確認しておきましょう。

本記事で解説する『ドロサツ!!』では、海外撮影にも対応したレンタルプランがありますので安心です。
実際にレンタルドローンで撮影されたモルディブの映像が以下になります。

 

オススメのドローンは?

ドローンは種類がいくつもあり、どのドローンをレンタルすればいいのか?悩む人も多いです。

初めてドローンを飛ばす人、とりあえずドローンを飛ばしたい人は、『Mavic Mini』を選びましょう。
『Mavic Mini』は本体重量が199gのドローンで、他のドローンに比べて法律の影響が少なく、比較的自由に飛ばして楽しめます。
小型なドローンではありますが、2.7K映像の撮影が可能です。

ドローンで本格的な撮影をしたい方は、『Mavic 2(Pro/Zoom)』を選びましょう。
『Mavic 2』は折り畳み可能で持ち運びにも優れ、4K映像が撮影可能な本格的な空撮ドローンです。

その他、サーマル映像、測量、マッピングなど、用途に応じたドローンをレンタルしましょう。

おすすめのドローンレンタル『ドロサツ!!』

ドローンのレンタル会社はいくつかありますが、おすすめは『ドロサツ!!』です。

なぜ『ドロサツ!!』がおすすめなのか?その魅力について解説していきます。

圧倒的に安い料金

『ドロサツ!!』がおすすめな理由のひとつが、圧倒的な料金の安さ!です。

例えば『Mavic 2 Pro』のレンタル価格を比較してみましょう。
※左が『ドロサツ!!』、右が『ドローンレンタルネット』になります。

同じ1泊2日、2泊3日にもかかわらず、価格が倍くらい違います。
他のレンタル会社と比較しても、『ドロサツ!!』は圧倒的にドローンのレンタルが安い会社です。

ドローンのレンタルは『ドロサツ!!』で間違いなしです!
ドロサツ!! | 公式ホームページ

 

ネットで注文・自宅に届く

ドロサツ!!』では実際の店舗にレンタルに行く必要がありません。

商品をカートに入れ、レンタル日数を選択、あとはカード決済で自宅にドローンが届きます。
この際、付属する商品やサービスのオプション品も選択でき、簡単にドローンがレンタルできます

 

無料の対人保険・対物保険

ドロサツ!!』でレンタルできるドローンは、損害賠償保険に加入してあります。
そのため、自分でドローン保険に加入したり、有料の保険に加入する必要はありません。

もし、レンタルしたドローンで対人事故・対物事故を起こしても、保険が適用され、最大1億円まで補償してくれます。

 

豊富なドローンの種類

ドロサツ!!』には、初心者向けのドローンから上級者向けのドローンまで、様々な種類があります。
また、空飛ぶドローンだけでなく、水中ドローン・水上ドローンや、GoProなどのアクションカメラのレンタルもあります。

そのため、どのドローンを借りればいいのか?悩む人もいるかと思います。
そんな時は、『ドロサツ!!』のカスタマーサポート(TEL:0120-540-518)を利用し、相談して決めていきましょう。

ドロサツ!! | 公式ホームページ

 

飛行申請代行サービスあり

ドローンは国土交通省により、許可なく飛ばしてはいけない場所や条件などが取り決められています。

具体的には、以下のような場所でドローンを飛ばすには、国土交通省の許可が必要になります。

また、以下6つのルールを守れない場合、国土交通省の許可が必要になります。

国土交通省 | 改正航空法概要ポスター.pfd

ドロサツ!!』では、国土交通省の許可が必要な場合の申請代行サービスがあります。

イベントでのドローン撮影をしたい場合などや、自分の飛ばしたい場所が法律に該当しているのか分からない場合は、レンタル前に相談しましょう。

【ドロサツ!! お問合せ先情報】

レンタルから返却までの流れ

ドロサツ!!』のレンタルから返却までの流れを解説していきます。

レンタルを申し込む

『ドロサツ!!』のホームページにアクセスし、レンタルしたいドローンと日付を選びましょう。

商品をカートに入れたら、決済ページに進み、お客様情報を入力して完了です。
ドロサツ!! | 公式ホームページ

オンラインショッピングで買い物するように、簡単にドローンのレンタルができます。

 

ドローンを返却する

ドローンを存分に楽しんだら、送られてきた段ボールにドローンを仕舞い、同封された着払い伝票を貼りましょう。
あとは、お近くのセブンイレブンやクロネコヤマトに段ボールを持ち込めば、返却完了です。

 

以上、ドローンのレンタルと『ドロサツ!!』について解説してきました。

『Mavic Mini』なら1泊2日で3,800円、2泊3日で4,130円と非常にお得な値段でレンタルができます。

また、『Mavic 2 Pro』なら1泊2日で11,000円、2泊3日で12,100円でレンタルできます。

非常にお得な価格でドローンをレンタルできますので、ドローンに興味のある方、スペックの高いドローンを飛ばしてみたい方は、レンタルサービスを利用してみましょう。

ドロサツ!! | 公式ホームページ