DroneWikiドローン総合情報サイト

Mavic Air 2のFlyMoreコンボは買い?通常セットとの違いを徹底解説

2020.10.08

先日、DJIから新ドローン『Mavic Air 2』が発売されました。

Mavic Air 2を購入したいけど、通常セットとコンボセット(Fly More コンボ)のどちらを買うか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、コンボセット(Fly More コンボ)を買った方が絶対にいいです。

本記事では、通常セットとコンボセットの梱包物の違いに着目し、コンボセットがいい理由について解説していきます。

created by Rinker
DJI
¥128,300 (2020/10/21 11:32:55時点 Amazon調べ-詳細)

通常セットとコンボセットの違い

Mavic Air 2の通常セットとコンボセット(Fly More コンボ)の同梱物内容の違いは以下の通りです。

通常セット 105,600円 コンボセット 132,000円
(Fly More コンボ)
Mavic Air 2 本体 1 1
送信機 1 1
インテリジェント フライトバッテリー 1 3
バッテリー充電器 1 1
AC電源ケーブル 1 1
低ノイズプロペラ 3セット 6セット
RCケーブル 3種類 1 1
ジンバル プロテクター
1 1
Type-Cケーブル 1 1
コントロールスティック1 組(予備) 1 1
NDフィルターセット(ND16/64/256) 1セット
バッテリー充電ハブ 1
バッテリー パワーバンクアダプター 1
ショルダーバッグ 1

つまり、通常セットに+26,400円を支払うことで、以下の製品(55,220円相当)が追加同梱されます。

  • インテリジェント フライトバッテリー×2
  • 低ノイズプロペラ×3
  • NDフィルターセット(ND16/64/256)
  • バッテリー充電ハブ
  • バッテリー パワーバンクアダプター
  • ショルダーバッグ

では、これらの製品がどれだけ役に立つのか?解説していきます。

インテリジェント フライトバッテリー

コンボセット(Fly More コンボ)を購入すると、合計3つのインテリジェント フライトバッテリーが同梱されます。

そもそもMavic Air 2に限らず、ドローンのバッテリーは消耗品です。
使用するごとに確実に劣化していく製品であり、複数持っていて困ることはありません。

また、DJIのバッテリーはインテリジェント フライトバッテリーという特殊な高性能バッテリーで、ドローンのフライトもサポートしています。
高性能バッテリーであるが故に、Mavic Air 2のバッテリーは1つ13,200円と高額です。

仮に2個追加購入した場合、26,400円(コンボセットの追加料金分と同じ価格)となり、他の同梱物を考えると損をすることになります。

また、バッテリーを複数持っていることで余裕のあるフライトができます。
Mavic Air 2の最大フライト時間は34分ですが、実際に飛ばしてみると30分も保ちません。

バッテリーは持ちすぎていて困ることはありませんので、コンボセット(Fly More コンボ)を購入しましょう。

バッテリーの保管方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

充電アクセサリー

コンボセット(Fly More コンボ)では、以下の充電アクセサリーが同梱されます。

同時に3つのバッテリーを充電できる充電ハブ、DJIバッテリーでスマートフォンを充電できるパワーバンクアダプター、どちらも非常に便利で、重宝する製品です。

あとから単品で購入するくらいなら、コンボセット(Fly More コンボ)を購入しましょう。

予備プロペラ

コンボセット(Fly More コンボ)を購入すると、合計6セットの低ノイズプロペラが同梱されます。

バッテリー同様、ドローンのプロペラは消耗品です。
必ず劣化するパーツであり、一番交換が必要なパーツでもあります。

ドローンのプロペラは日差しを浴びることで硬化していき、最終的にはポキっと折れてしまいます。
プロペラを交換せずに飛ばしていれば、墜落事故が起きてしまう可能性があります。

予備プロペラはバッテリーに比べれば安価ですが、いずれにしても必要な製品です。
最初から予備プロペラが5セット同梱しているコンボセット(Fly More コンボ)を購入しましょう

プロペラの交換に関しては、こちらの記事をご覧ください。

NDフィルターセット

Mavic Air 2のコンボセット(Fly More コンボ)には、他のコンボセットと違いNDフィルターセット(ND16/64/256)が同梱されます。

NDフィルターは、光の量を減らす減光フィルターです。
NDとは、ニュートラル・デンシティー(Neutral Density)の略で、光の色は変えず、光量だけを落とすという意味になります。
NDフィルターを使用することで、光に邪魔をされず鮮明な映像を撮影できるようになります。

Mavic Air 2のNDフィルターには、ND4、ND8、ND16、ND32、ND64、ND256と種類があり、それぞれ光量を1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/256に減らします。

ちなみに、NDフィルターセットには2種類あり、以下のNDフィルターセットは同梱されていません。

NDフィルターに関しては、こちらの記事をご覧ください。

専用のショルダーバック

コンボセット(Fly More コンボ)には、専用のショルダーバッグも同梱されています。

最近のドローンはコンパクトになったとはいえ、関連する付属品も多く、撮影に出かける際は手間をとります。

そのため、ドローンと付属品をまとめて収納できるショルダーバッグは、非常に役に立ちます。
ドローンの持ち運びのことを考え、コンボセット(Fly More コンボ)を購入しましょう

その他、バッグやケースに関しては、こちらの記事をご覧ください。

 

以上、コンボセット(Fly More コンボ)を購入した方がいい理由について解説してきました。

通常セットに+26,400円を支払うことで、55,220円相当のアクセサリーが追加同梱されます。
どれも使えるアクセサリーですので、購入の際はコンボセットにしましょう。

created by Rinker
DJI
¥128,300 (2020/10/21 11:32:55時点 Amazon調べ-詳細)

また、Mavic Air 2を購入の際は、ドローンを壊してしまってもリフレッシュ交換(新品or新品同等の製品と交換)してくれるDJI Care Refreshも一緒に購入しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加