DJIドローン「Mavic 3 Pro」の見た目を変えよう!おすすめスキンシールまとめ

DJIドローン「Mavic 3 Pro」の見た目を変えよう!おすすめスキンシールまとめ

DJIドローン「Mavic 3 Pro」は、1種類のカラーしか販売されていないドローンです。

しかし、スキンシールを使用することで自分なりの色を変えることができます。

本記事では、スキンシールのメリットDJIドローン「Mavic 3 Pro」のおすすめスキンシールを解説します。購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

その他「Mavic 3 Pro」のおすすめアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

スキンシールのメリット

ドローン スキンシール

傷や汚れ、日焼けを防ぐ

スキンシールはドローンの見た目を変えるだけではありません。

ドローンの風によって巻き上がる砂や小石などからドローンを守り、傷や汚れを防ぐことに繋がります。また、ドローンの日焼けも防いでくれます。

視認性の向上

スキンシールはドローンの視認性を向上させることもできます。

例えば、山の中で撮影する際、ドローンが赤のような色をしていればすぐに目につきます。このように、周囲には存在しない色にドローンのカラーを変えることで、視認性の向上を図れます。

オリジナルのドローンに

ドローンを自分独自のカラーにすることで、モチベーションが上がります。

派手な色が好きな方にとって、通常色のグレーは物足りないでしょう。スキンシールを貼ることで、ドローンの操縦がより楽しくなること間違い無しです!

ドローン本体の全面スキンシール

Mavic 3 Pro スキンシール

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」は、ドローン本体のすべての色を変えるスキンシールを販売しています。

アクセントタイプのスキンシールとは異なり、「Mavic 3 Pro」の色を大きく変えることができます。いずれも鮮やかな単色のカラーとなっており、自分の好きな色に「Mavic 3 Pro」を染められます。

created by Rinker
WRAPGRADE
¥6,900 (2024/05/29 09:25:02時点 Amazon調べ-詳細)
16種類あり

貼り方のYouTube動画も公開されています。こちらをご覧ください。

ドローン本体 + バッテリーのアクセントスキンシール

Mavic 3 Pro スキンシール

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」は、ドローン本体の色を変えるアクセントスキンシールを販売しています。

グレーカラーを残しつつ、アクセントで色を入れるデザインになります。全面のシールの半額程度の価格で、ドローンを自分なりにアレンジできるのでおすすめです。

貼り方のYouTube動画も公開されています。こちらをご覧ください。

DJI RC-N1 送信機 専用スキンシール

DJI RC-N1 送信機 スキンシール

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」は、送信機「DJI RC-N1」の色を変えるスキンシールを販売しています。

基本的に送信機にシールは必要ありませんが、ドローンと同じで自分なりにアレンジできます。

スキンシールの貼り方はYouTube動画に公開されています。こちらをご覧ください。

DJI RC 送信機 専用スキンシール

DJI RC 送信機 スキンシール

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」は、送信機「DJI RC」の色を変えるスキンシールを販売しています。

基本的に送信機にシールは必要ありませんが、ドローンと同じで自分なりにアレンジできます。

created by Rinker
WRAPGRADE
¥3,200 (2024/05/28 10:15:10時点 Amazon調べ-詳細)
18種類あり

スキンシールの貼り方はYouTube動画に公開されています。

DJI RC Pro 送信機 専用スキンシール

DJI RC Pro 送信機 専用スキンシール

DJIドローンのスキンシールを多数販売しているサードパーティ会社「WRAPGRADE」は、送信機「DJI RC Pro」の色を変えるスキンシールを販売しています。

基本的に送信機にシールは必要ありませんが、ドローンと同じで自分なりにアレンジできます。

スキンシールの貼り方はYouTube動画に公開されています。

DJI Mavic 3シリーズ専用バッテリーシール

DJI Mavic 3シリーズ バッテリーシール

DJI Mavic 3シリーズ専用のシールもあります。このシールを貼ることでバッテリーに番号をつけることができ、どのバッテリーの充電を使用したか?などの管理が楽になります。

せっかく本体や送信機のカラーも変えたのなら、ついでにバッテリーもおしゃれにしましょう!

空撮ドローンの最新記事