Insta360「GO 2」のおすすめバイク・自転車マウント7選!臨場感ある撮影を!

Insta360「GO 2」のおすすめバイク・自転車マウント7選!臨場感ある撮影を!

バイクのツーリング風景、運転の臨場感、バイク仲間などを撮影したい!という方も多いのではないでしょうか?

本記事では、バイクや自転車に乗りながら撮影できるInsta360「GO 2」のおすすめマウントを7種類解説していきます。

ヘルメットの上や下顎に取り付けるタイプや、ハンドルに装着するもの、身体に固定するものまで様々な種類があります。

購入を考えている方は、ぜひご覧ください。

【Insta360公式】バイクアクセサリーバンドル

Insta360公式の「バイクアクセサリーバンドル」は、「GO 2」をバイクや自転車のハンドル、ヘルメット、テールなどに取り付けることができます。

同梱されている接着剤や延長ロッドを使用すれば、取り付けは自由自在です。

また、360度撮影では延長ロッドや自撮り棒を動画から自動的に消去し、ドローン風のショットを実現できます。

※Insta360「GO 2」だけでなく、「ONE R」「ONE X2」などにも使用できます。

【Insta360公式】ヘルメットマウントバンドル

Insta360公式の「ヘルメットマウントバンドル」は、「GO 2」をヘルメットサイド、頭上、下顎部分に取り付けることができます。

ヘルメットのお好みの場所に装着し、360度ユニークなアングルの撮影を楽しみましょう。

なお、360度撮影では延長ロッドを動画から自動的に消去し、ドローン風ショットを撮影できます。

バイクや自転車だけでなく、ヘルメットを装着するスポーツの撮影にも最適です。

※Insta360「GO 2」だけでなく、「ONE R」「ONE X2」などにも使用できます。

【Insta360公式】ユニコーンヘルメットマウント

Insta360公式の「ユニコーンヘルメットマウント」は、「GO 2」をユニコーンのツノの様にヘルメット頭上に取り付けることができます。

軽量の30cm延長ロッドは、ユニークなドローン風ショットを撮影できます。

こちらもバイクや自転車だけでなく、ヘルメットを装着するスポーツの撮影にも最適です。

※Insta360「GO 2」だけでなく、「ONE R」「ONE X2」などにも使用できます。

【Insta360公式】追い撮りセット

Insta360公式の「追い撮りセット」は、「GO 2」の特殊処理により自撮り棒が消え、ドローンが追いかけているかのような撮影ができます。

自撮り棒の角度、ベルトの緩さなどの調節もできます。

こちらもバイクや自転車だけでなく、スキー、ジョギングなどのスポーツに最適です。

※Insta360「GO 2」だけでなく、「ONE R」「ONE X2」などにも使用できます。

created by Rinker
Insta360
¥8,800 (2021/12/05 11:26:35時点 Amazon調べ-詳細)

【Insta360公式】自転車・バイク撮影セット

Insta360公式の「自転車・バイク撮影セット」は、「GO 2」をヘルメット上、ハンドル、身体に取り付けられるアクセサリーセットです。

ヘルメットの上には、長さ約16.4cmの軽量で持ち歩きやすい棒状のもので固定でき、一人称視点はもちろん、後ろに過ぎゆく景色も撮れます。

また、ハンドルバー用固定マウントでは、ハンドルバーに固定し、前方もあなたの顔もバッチリ撮れます。

さらに、胸部用固定マウントも同梱されており、両手を解放しつつも前方の撮影が可能です。

※Insta360「GO 2」だけでなく、「ONE R」「ONE X2」などにも使用できます。

【Insta360公式】マウントアダプターバンドル

Insta360公式の「マウントアダプターバンドル」は、「GO 2」を多くの場所にマウントできるようになります。

すでにGoProなどの製品をヘルメットにマウントさせるアクセサリーをお持ちの方は、こちらのアダプターさえ購入すれば装着できます。

1/4インチネジマウントと2プロングマウントアクセサリーに対応しており、2つの粘着ベースは「GO 2」を好きな面に貼り付けることができます。

現在、Amazonには公式製品が無いため、サードパーティ製品をおすすめします。

クリップ式アダプター

サードパーティ会社によって販売されているこの製品は、「GO 2」をクリップのように挟めるアダプターです。

軽量カメラならではの固定方法でありますが、マウントの調整もでき、自由自在の撮影が可能です。

バイクや自転車に乗っており、自分にクリップをつける場所があるのであれば、おすすめの固定方法になります。

もちろん、バイク以外での日常的な使用も可能です。

アクションカメラの最新記事