【保存版】「Insta360 ONE R」のおすすめアクセサリー10選

【保存版】「Insta360 ONE R」のおすすめアクセサリー10選

発売以来、大人気となっているInsta360のアクションカメラ「Insta360 ONE R」では、より楽しく遊ぶためのアクセサリー、あったら便利なアクセサリーが多数販売されています。

本記事では、そんなたくさん発売されているアクセサリーから、厳選して10種類を解説していきます。

「Insta360 ONE R」をお持ちの方、購入を考えている方は必見です!アクセサリーを手にして、快適な撮影をしましょう。

保護フィルム(レンズ/液晶フィルム)

アクションカメラを手にして最初に欲しくなるのが、「保護フィルム」です。

こちらの保護フィルムは、水や指紋、油を的確に弾いてくれ、キズも防止してくれます。

値段もお手頃なので、キズがついてしまう前に貼っちゃいましょう。

レンズガード

「保護フィルムじゃちょっと不安…」という方におすすめなのが「レンズガード」です。

実際、「Insta360 ONE R」はレンズが少し前に出ており、一般的なカメラレンズよりも傷が付きやすい状態となっています。レンズガードがあれば、傷の心配なくアグレッシブな撮影ができます。

消せる自撮り棒

アクションカメラで必要なアクセサリーといえば「自撮り棒」です。

しかし、Insta360公式の自撮り棒は、“消える自撮り棒”になります。編集で消えるのではなく、撮影した瞬間に消えた映像が保存されます。

棒の長さは、16.5cm~70cmまで伸縮自在、使い勝手は最高です。

三脚

「Insta360 ONE R」をテーブルなどにおいて撮影したい方にオススメなアクセサリーが「三脚」です。

こちらのInsta360公式の三脚は、「Insta360 ONE R」だけでなく、ONE X/ONE/EVOにも使用できます。

created by Rinker
Insta360
¥3,438 (2021/06/22 02:32:15時点 Amazon調べ-詳細)

防水ケース

アクションカメラといえば、水の中での撮影です。

「Insta360 ONE R」は、そのままでも最大5メートルまで防水性能を備えています。しかし、それ以上の水深で撮影するには、アクセサリーが必要です。

こちらの「防水ケース」は、水深40メートルまでの水中で撮影ができ、透光性素材なため撮影時の光の問題も発生しません。

予備バッテリーベース

カメラ製品に欠かせないのが、「予備バッテリー」です。

Amazonで販売されているInsta360公式の予備バッテリーはお得に買えることもありますので、チェックしてみましょう。

また、予備バッテリーを購入したら、一緒に「バッテリー充電ハブ」も購入しましょう。2つのバッテリーを同時に充電できます。

アクセサリーセット

アクションカメラで様々な撮影をしたい方は多いと思います。

例えば、ドライブレコーダーみたいに使ってみたい、頭に取り付けてみたい、身体に付けたいなどです。しかし、単品で揃えていくと、どうしても高くなってしまいます。

そんな時におすすめなのが、Amazonのベストセラー1位になった「アクセサリーセットです。安い値段でたくさんパーツを手にすることができ、撮影の幅が広がります。

microSDカード

「Insta360 ONE R」に限らず、カメラ撮影に必要不可欠なのが「microSDカード」です。

しかし、購入の際には注意点があります
「microSDカードはどれも一緒、安くて容量の大きいものを買えばいい」と思ってはいませんか?

microSDカード選びには、書き込み速度が重要になってきます。書き込み速度の基準を満たしており、非常にお得なmicroSDカードは以下になります。

しかし、より高品質かつ安定したパフォーマンスを発揮する、プロカメラマンの使用するレベルのmicroSDカードをお求めの場合は、こちらをご覧ください。

『SanDisk Extreme Pro 64GB UHS-II』25,080円 | 株式会社システムファイブ
『SanDisk Extreme Pro 128GB UHS-II』44,550円 | 株式会社システムファイブ

キャリングケース

家での保管や旅行先での紛失を考えると欲しくなるのが、専用の「キャリングケース」です。

こちらの「Insta360 ONE R」専用ケースは、23.5×17.5×5.5H(cm)、重さ265gです。

すっぽりと製品がおさまる設計がされているため、ひと目で足りないパーツが分かります。

メンテナンスアイテム

アクションカメラといえど、「Insta360 ONE R」もカメラ製品です。メンテナンスや掃除が必要になります。

細かい砂埃などを取り払うために必要なのが、「エアスプレー」です。

エアスプレーはパソコンやカメラにも使用できる不燃性のものを選びましょう。

エレコムのこちらのエアスプレーがオススメです。

スプレー缶は処理などを考えると面倒という方は、手動タイプの「ブロワー」がオススメです。

また、保管の際は「乾燥剤」を使用しましょう。

カメラ製品などは、開封すると必ず乾燥剤が同梱されています。
これには理由があり、乾燥剤を使用せずに保管すると、カメラの内部に曇りや水滴が付く場合があります

そのため、保管の際は必ず乾燥剤を使用しましょう。

created by Rinker
キング
¥790 (2021/06/21 20:49:00時点 Amazon調べ-詳細)

アクションカメラの最新記事