DroneWikiドローン総合情報サイト

「DJI FPVコンボ」新発売!免許不要で誰でもFPV飛行が楽しめる(154,000円)

2021.03.02

2021年3月2日23:00、DJIから待望のFPVドローンセット「DJI FPVコンボ」の販売が開始されました。

「DJI FPVコンボ」では、ドローン本体、送信機、FPVゴーグル他アクセサリーがセットとなっています。また、日本バージョンは2.4GHz帯の周波数しか使用できないため、無線の免許は必要ありません。誰でもFPVでの操縦を楽しむことができます。

本記事では、新ドローン「DJI FPVコンボ」について解説していきます。一体どのような性能なのでしょうか?

※ゴーグルの使用してのFPV飛行は、航空法上の「目視外飛行」に該当します。国土交通省への承認申請が必要になりますのでご注意ください。

created by Rinker
DJI
¥154,000 (2021/04/12 20:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

DJI FPVコンボとは?

DJI FPVコンボとは、待望のDJIのFPVドローンセットになります。

FPVは、「First Person View(一人称視点)」の略です。操縦者は専用のゴーグルを装着し、ドローンのカメラの視点とゴーグルの視点をリンクさせます。これにより、まるで自分がドローンの操縦席に座り、ドローンを操縦しているかのような感覚を味わえます。

「DJI FPVコンボ」のドローンは、4K60fpsの動画撮影が可能であり、最大飛行時間20分です。日本仕様は無線の免許不要な2.4GHz帯で稼働するため、無線の免許は必要なく、簡単にFPVドローンの世界を味わうことができます。

 

DJI FPVコンボの性能

「DJI FPVコンボ」の性能は以下になります。

価格 154,000円
サイズ 255×312×127 mm(プロペラあり)
178×232×127 mm(プロペラなし)
本体重量 約795g
最大飛行時間 20分
内部容量 なし
最大飛行速度(水平時) 19 m/s(Sモード)
12 m/s(Nモード)
5 m/s(Tモード)
センサー 1/2.3インチCMOS
有効画素数:12MP
レンズ
FOV:150°
35mm判換算:14.66 mm
絞り:F2.8
フォーカスモード:固定焦点
フォーカス範囲:0.6m〜∞
ISO 100-12800
動画解像度とフレームレート 4K:3840×2160 50/60fps
FHD:1920×1080 50/60/100/120fps
最大ビットレート 120Mbps
最高速度 27m/s (Sモード)
最大伝送距離 6 km
障害物センサー 前方・下方

引用:DJI FPVコンボ スペック | DJI公式ストア

DJI FPVコンボの同梱物

「DJI FPVコンボ」の同梱物は以下の通りです。

  • DJI FPVドローン
  • DJI FPV 送信機2
  • DJI FPVゴーグル V2
  • DJI FPV インテリジェント フライトバッテリー
  • DJI FPV プロペラ(予備)×4
  • DJI FPV ジンバル プロテクター
  • DJI FPV トップシェル
  • コントロールスティック1 組(予備)
  • DJI FPVゴーグル アンテナ(デュアルバンド)×4
  • DJI FPVゴーグル バッテリー
  • DJI FPVゴーグル 電源ケーブル (USB-C)
  • DJI FPVゴーグル ヘッドバンド
  • DJI FPVゴーグル フォームパッド
  • DJI FPV AC電源アダプター
  • DJI FPV AC電源ケーブル
  • USB-C データケーブル
  • USB-C OTGケーブル

DJI FPVドローンは内部ストレージが搭載されていないため、microSDカードの別途購入が必要になります。

おすすめはDJIの推奨する規格に合うSandiskのmicroSDカードです。

DJI FPVコンボの長所・特徴

初心者でもFPVドローンを安全に楽しめる

FPVドローンといえば、アクロバティックなフライトをゴーグルで楽しむことが醍醐味です。

しかし、スピーディな激しいフライトには障害物に衝突して墜落するリスクがあります。そのため、通常FPVドローンの操作には、高度な操縦技術が必要になります。

でも、「DJI FPVコンボ」は安心です。底部補助ライト、スマートRTH、ローバッテリーRTH、前方&下方障害物検知といった、初心者でも安全に操縦できるアシスト機能が多数搭載されています。

 

1200万画素の4K 60fps撮影

「DJI FPVコンボ」は、4K60fpsの動画撮影が可能です。

また、120Mbpsのビットレートを誇り、高速でデータを送信してくれるため映像がカクつきません。

リアルを超える、映像クオリティ」のキャッチコピーにもあるように、自分の目では見ることのできない鮮やかな空の風景を見ることができます。

 

優れたアプリ「DJI Fly/DJI Virtual Flight」

「DJI FPVコンボ」も他のDJIドローンのようにアプリと送信機を使って操縦します。

アプリのフライスポット機能を使えば、近くの人気空撮スポットを見つけることができます。また、撮影した映像は、「DJI Fly」アプリ上で数タップするだけで、再生・編集でき、SNSに簡単に共有できます。

さらに、実際の飛行前には「DJI Virtual Flight」アプリを使用して、リアルな仮想空間で飛行練習もできます。同梱されている「DJI FPV Goggles V2」と送信機を接続するだけで、安心の仮想環境で飛行技術を習得可能です。

 

以上、新ドローン「DJI FPVコンボ」について解説してきました。

待望のFPVドローンということもあり、売り切れの恐れもあります。欲しい方は早めに購入しましょう。
DJI FPVコンボ 154,000円 | DJI公式ストア

また、万が一ドローンが壊れた時にリフレッシュ交換(新品or新品同様と交換)してくれるケアサービス「DJI Care Refresh」の購入を推奨します。
「DJI Care Refresh (DJI FPVコンボ)」23,100円 | DJI公式ストア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加