アプリを使ってドローンの飛行場所を調べよう(フライトナビ/飛行チェック)

アプリを使ってドローンの飛行場所を調べよう(フライトナビ/飛行チェック)

ドローンを買ったけど(買いたいけど)「どこで飛ばしていいのか分からない」「申請等の面倒な手続きはしたくない」という人は多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決する、申請無しでドローンを飛ばす場所を調べるアプリがあります。
本記事では、そのアプリと使い方についてご説明していきます。

アプリのダウンロードはこちらからできます。
iPhoneユーザー向け | ドローンフライトナビ
Androidユーザー向け | ドローン飛行チェック

 

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

SanDisk Extreme 32GB 1,380円(Amazon価格)

created by Rinker
サンディスク
¥1,410 (2024/04/14 12:22:27時点 Amazon調べ-詳細)

iPhoneユーザー向け「ドローンフライトナビ」

iPhoneユーザー向けの無料アプリ「ドローンフライトナビ」は、ドローンを飛ばす場所を調べるのに最適です。
直感的に操作ができ、ドローンを飛ばす場所を調べれます。

 

「ドローンフライトナビ」をインストール

まずは「ドローンフライトナビ」で検索してダウンロードしましょう。
iPhoneユーザー向け | ドローンフライトナビ

「ドローンフライトナビ」を使ってみよう

早速、使ってみましょう。まずは飛ばすエリアの住所を入力します。

例えば東京近郊で住所を入れて検索すると、まず「日の出」と「日の入」が分かります。この赤色のエリアは人口密集地帯ですので、ドローンを飛ばしてはいけません。
因みに、もっと広い視点で見るとこうなります。

この青いエリアは、空港周辺になりますので、ドローンを飛ばしてはいけません。
その他にも、黄色エリアは小型無人機飛行禁止法による飛行禁止区域なります。

Andoridユーザー向け「ドローン飛行チェック」

iPhone & Androidユーザー向けの無料アプリ「ドローン飛行チェック」は、ドローンを飛ばす場所を調べるのに最適です。

 

「ドローン飛行チェック」をインストール

まずは「ドローン飛行チェック」で検索してダウンロードしましょう。
Androidユーザー向け | ドローン飛行チェック
iPhoneユーザー向け | ドローン飛行チェック

「ドローン飛行チェック」を使ってみよう

早速、使ってみましょう。まずは飛ばすエリアの住所を入力します。

すると、信号の青マークが出ます。これフライトが可能な場所ということです。これが人口密集区の赤色の中だと、信号が赤マークになります。青色は飛行場になっていますので、もちろん信号が赤マークになります。

また、現時刻からの合わせて「日の入」までの時間を教えてくれます。アプリを使いこなし、安全な場所でドローンを飛ばしましょう。

アプリを使用するときの注意

私有地などは例外

どちらのアプリも、「印もついていない場所=自由にドローンを飛ばしていいエリアというわけではありません。
航空法に該当しなくても、例えば私有地の上空や観光地で飛ばしてはいけません。
そのような場所でドローン飛ばすには、土地所有者や管理者、行政に確認を取る必要があります。そういったことに気をつけてドローンを飛ばしましょう。

 

 

保険には加入しよう

また、ドローンを飛ばす際は、万が一のことを考えて必ず保険に入ってから飛ばしましょう。
ドローンが墜落して人や物に怪我や損傷を与えてからでは手遅れです。
最近では自転車事故で裁判所が1億円の賠償金の支払いを命じた事件もあります。

賠償責任保険には必ず加入してからドローンを飛ばすようにしましょう!

ドローン入門の最新記事