Q.

Telloで「エラーコード205」が表示された場合の解決方法は?

  • 2019.06.05
  • 2021.05.28

Telloの「エラーコード205」は、システムのオーバーヒートです。

このエラーは以下の要因で発生する可能性があります。

  1. 温度が高すぎる環境下で電源を起動した場合
  2. 電源起動後、離陸せずに一定時間放置した場合
  3. フライト後、着陸してから電源を切っていない場合

このコードがスマートフォン・タブレットの画面に表示されると、数秒後に電源が自動で切れます。

Tello本体及びバッテリーの熱が冷めるのを待ちましょう。

あるいは、スマートフォンなど冷却に使用するシートを使うのもいいでしょう。

実は、Telloは飛行時よりも電源を入れてホバリングしている時の方が熱があります。

実際、室温20℃の風通しの良い環境でTelloの電源を入れて放置した場合、約3分後に高温通知が表示されて機体の電源が切れることが確認されています。

「エラーコード205」発生しても、熱が冷めれば問題ありません。

再び、正常に離陸及び飛行可能です。

もし問題が発生した場合、ご購入された店舗、またはメーカーサポートにお問い合わせください。

RyzeTechサポート
https://www.ryzerobotics.com/jp/support

問い合わせ先メールアドレス ※日本語対応
support.jp@ryzerobotics.com

また、Telloは1年間無料の保険に加入できます。

加入がまだの方は登録をしておきましょう。

の最新記事