DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. 冬にDJIドローンで「バッテリー温度エラー」「現在のバッテリー温度では飛行不可能です」と表示されます。

DJIのバッテリーは、バッテリー温度が15度以下の場合、モーターが始動しない仕様になっています。

バッテリー温度が低い場合、電圧が低下しやすくなり、通常のフライトができないためです。

 

寒冷地でドローンを飛ばす場合は、メーカーはバッテリー温度20度を推奨しています。

寒冷地でフライトする場合、カイロを用意して事前にバッテリーを温めるようにしましょう。

カイロ

 

DJIドローンは1年間無料の保険に加入できます。

登録がまだの方は、万が一に備えて加入しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加