能登半島地震の復旧支援!ドローンで物資輸送「往復4km / 標高差200m / 総重量300kg」成功

能登半島地震の復旧支援!ドローンで物資輸送「往復4km / 標高差200m / 総重量300kg」成功

2024年6月12日、一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会および株式会社Drone Partner’sは被災企業の要請により能登半島地震で孤立した事業所へのドローンによる物資輸送を行いました。

受託経緯

能登半島地震により道路が寸断された企業から株式会社Drone Partner’sへ「ドローンを使用して事業所復旧に必要な物資が運べないか?」と相談がありました。

これまでの一般的なドローン空輸では重さ数kgの物資を運ぶ実証実験に止まっていましたが、2024年発売の最大40kgの物資まで運べる最新機体「DJI FlyCart30」をいち早く導入していたことから、細心の計画のもとでの運搬業務を受託しました。

空輸概要

  • 場所:石川県珠洲市の山中
  • 離着陸地点:事業所に最も近い山道
  • 物資輸送地点:離着陸地点より直線距離で約2km、標高差約200m
    ウィンチを使用してドローンをホバリングさせたままで物資を地上に降下
    あわせて、空輸に使用したスリング・ウィンチバッグなどを送り返す
  • 輸送物資:合計約300kg。最大重量物約20kg
  • ドローンパイロットは離着陸地点と荷受け地点の2箇所(2パイロット)で機体を操縦

【フライトプラン】

事前準備・飛行計画
事前に現地調査、テストフライトを行い飛行エリアを3D化
電波状況などを考慮したうえで安全な飛行ルートを設計

輸送物資の確認・パッキング
「玉掛け」資格保有者が中心となり、輸送する物資を「大きさ」「重さ」により重量中心点を考慮したうえでパッキングを実施。1フライトの最大重量は25kgで設定

フライト計画:最終15フライト
物資は1フライトあたり25kg未満で13フライト
追加で、1フライト目で受側で使用する資材、12フライト目でお弁当を配達

チーム編成・業務概要

1)離着陸地点チーム:スタッフ7名(うち依頼企業1名)

  • 全体管理
  • 機体操縦
  • 荷物管理
  • バッテリー管理
  • 通信連絡
  • 記録
  • 補助者

2)荷受けチーム:スタッフ7名(うち依頼企業2名)
山崩れ現場を約3kmに渡り登山して荷受け現場に移動

  • 全体管理
  • 機体操縦
  • 荷物管理
  • 通信連絡
  • 記録
  • 補助者

3)運航管理
「DJI DeliveryHub」を使用して岡山の事務所からも運航情報の監視を行い、注意点があれば逐一指示を出す体制にて運用

参加会員

  • 一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会会員:10名
  • 石川県:1名(株式会社Drone Partner’s)
  • 山形県:1名(合同会社YAY)
  • 東京都:2名(J-LINKS合同会社/青鷹Drones)
  • 茨城県:1名(合同会社YAY)
  • 神奈川県:1名(TINKER BELL)
  • 広島県:2名(株式会社MITINAS)
  • 岡山県:1名(DBA)
  • 島根県:1名(株式会社安来モーテル)

出典:一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会

ニュースの最新記事