【徹底比較】「Insta360 X4」VS 「DJI Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

【徹底比較】「Insta360 X4」VS 「DJI Osmo Action 4」おすすめアクションカメラは?

2024年4月16日、Insta360から新たな360度カメラ「Insta360 X4」が発売されました。

この360度アクションカメラは、DJIのアクションカメラ「DJI Osmo Action 4」と比較して、どのような性能の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、両カメラの性能を比較しつつ、どちらのカメラがどんな方におすすめか解説します。カメラの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

360度撮影できるアクションカメラ「Insta360 X4」とは?

Insta360 X4とは、2024年4月16日にInsta360から発売された360度撮影ができるアクションカメラです。

最大8K映像の360度撮影ができ、135分の撮影時間を誇ります。従来よりも頑丈な作りになっており、カメラ性能の向上はもちろん、様々な撮影アシスト機能、編集機能がアップグレードしています。

Insta360 X4の公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

前機種の「Insta360 X3」と比較しても圧倒的な性能を誇っています。

Insta360 X4Insta360 X3
製品の見た目
(正面)
価格(税込)79,800円68,000円
本体サイズ(mm)46×37.6×123.6H46×33.1×114H
本体重量203g180g
最大写真解像度7,200万画素7,200万画素
最大動画解像度【通常撮影】
4K60fps
【360度】
8K 30fps
5.7K 60fps
【通常撮影】
4K 30fps
【360度】
5.7K 30fps
4K 60fps
最大360度スローモーション4K 100fps3K 100fps
ミーモード4K 30fps
2.7K 120fps
1080p 60fps
連続撮影時間135分
※5.7K 30fps撮影
81分
※5.7K 30fps撮影
堅牢性簡単取り外し可能レンズガード
Corning Gorilla強化ガラスを使用
2.5 インチ タッチスクリーン
粘着式レンズガード
通常の強化ガラス製
2.29 インチ タッチスクリーン
音声制御日本語が追加
英語、中国語
英語、中国語
ジェスチャー操作可能不可
防水性水深 10m(通常時)
水深 50m(アクセサリー装着時)
水深 10m(通常時)
水深 50m(アクセサリー装着時)
動作環境温度-20°C~40°C-20°C~40°C

アクションカメラの決定版!新たな360度カメラ「Insta360 X4」をチェックしましょう。

他のアクションカメラ同様、microSDカードが必須です。

created by Rinker
SanDisk
¥4,345 (2024/05/24 23:18:37時点 Amazon調べ-詳細)
256GB★おすすめ★

microSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

アクションカメラ「DJI Osmo Action 4」とは?

DJI Osmo Action 4とは、2023年8月2日に発売されたDJIのアクションカメラです。

寒い環境下でも撮影できるアクションカメラを売りにしており、マイナス20℃の環境でも撮影可能な耐久性を誇ります。カメラ性能は、最大4K 120fpsの動画撮影ができる155ºの超広角カメラを搭載しています。

DJI Osmo Action 4のプロモーション動画が公開されています。

DJI Osmo Action 4の詳細スペックは以下の通りです。

価格44,000円(税込)
本体サイズ70.5×44.2×32.8 mm
(長さ×幅×高さ)
本体重量145g
センサー &レンズ1/1.3インチCMOSセンサー
FOV:155°
最大写真解像度約1,000万画素
最大動画解像度4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
連続撮影時間160分
(1080p 24fps)
防水性水深 18m
水深 60m(アクセサリー)
動作環境温度-20°C~45°C

Osmo Action 4には、microSDカードが必須になります。

created by Rinker
キングストンテクノロジー
256GB ★オススメ★

Osmo Action 4のmicroSDカードの選び方については、こちらの記事をご覧ください。

「Insta360 X4」と「DJI Osmo Action 4」を比較

「Insta360 X4」と「DJI Osmo Action 4」を比較します。

Insta360
X4
DJI
Osmo Action 4
価格(税込)79,800円44,000円
本体サイズ46×37.6×123.6H70.5×44.2×32.8H
本体重量203g145g
センサー1/2インチ1/1.3インチ
最大写真解像度7,200万画素約1,000万画素
最大動画解像度【通常撮影】
4K60fps
【360度】
8K 30fps
5.7K 60fps

4k 100fps
4K 120fps
2.7K 120fps
1080p 240fps
連続撮影時間135分
※5.7K 30fps撮影
160分
(1080p 24fps)
360度撮影8K 30fps
5.7K 60fps
4K 100fps
不可
広角撮影
広角FOV
4K 60fps
最大 170度
4K 120fps
最大 155度
防水性水深 10m(通常時)
水深 50m(アクセサリー装着時)
水深 18m
水深 60m(アクセサリー)
動作環境温度-20°C〜40°C-20°C〜45°C
編集最初に撮影、後でアングル調整可能
AI編集が無料かつ機能が豊富
後でアングル調整不可
機能が少ない

価格の違い

両カメラの価格を比較すると、DJI Osmo Action 4の方が3万円以上安く購入できます。

この価格差は、後述する本体性能やカメラ性能にダイレクトに影響しています。Insta360 X4の値段が高いというだけではありません。この価格差以上の性能が、Insta360 X4には詰まっています。

本体の性能の違い

まず注目するべき点は、Insta360 X4の連続撮影時間は135分の点です。
Insta360 X4は、5.3K 30fps撮影でこの時間になります。DJI Osmo Action 4の数字は最低画質で撮影した場合の160分です。ちなみに、GoPro12で5.3K 30fps撮影した場合が90分です。つまり、圧倒的なバッテリー性能を誇ります。

また、アクションカメラといえば動作環境温度が重要です。どちらのアクションカメラも真夏のマリンスポーツや真冬のウィンタースポーツなどに対応できる仕様となっています。ただし、DJI Osmo Action 4の方がより暑い環境での撮影に耐えられます。

さらに、Insta360 X4はジェスチャー操作に対応していたり、見えない自撮り棒を使用できます。そして、無料の編集の機能が豊富にあります。今アクションカメラの購入で悩んでいるのであれば、Insta360 X4で間違いありません!

カメラ性能の違い

カメラ性能に関しては、Insta360 X4のカメラ性能が圧倒的です。
Insta360 X4では、最大8K 30fpsの360度動画撮影が可能です。これはDJI Osmo Action 4やGoProなど他のアクションカメラと比較しても圧倒的な解像度です。

しかも360度撮影により、撮影後に使用したいアングルを編集することもできます。これはGoProでは不可能なことです。また、Insta360 X4の写真解像度も7,200万画素と圧倒的な性能を誇っています。

Insta360 X4の本体の性能・カメラ性能は、DJI Osmo Action 4や他のアクションカメラよりもズバ抜けた性能をしています。Insta360 X4はアクションカメラの決定版です!

アクションカメラの最新記事