【徹底比較】「DJI Mini 4 Pro」VS「DJI Air 3」おすすめドローンはどっち?

【徹底比較】「DJI Mini 4 Pro」VS「DJI Air 3」おすすめドローンはどっち?

2023年9月25日、DJIから新ドローン「DJI Mini 4 Pro」の販売が開始されました。

新ドローン「DJI Mini 4 Pro」は、ひとつ上のモデル「DJI Air 3」と比較して、どのような性能の違いがあるのでしょうか?

本記事では、両機体の性能を比較しつつ、どちらのドローンがどんな方におすすめか解説します。ドローンの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

created by Rinker
DJI
¥159,794 (2023/12/07 12:49:47時点 Amazon調べ-詳細)

DJI Mini 4 Proとは?

DJI Mini 4 Proとは、2023年9月25日に発表されたDJIを代表するMiniシリーズのドローンです。
DJIドローンには、初心者向けのMiniシリーズ中級者向けのAirシリーズ上級者向けのMavicシリーズがあります。

Miniシリーズでは、「Mavic Mini」→「DJI Mini 2」→「DJI Mini 3 Pro」→「DJI Mini 3」と変遷を辿っており、「DJI Mini 4 Pro」が最新のドローンになります。

最大飛行時間34分(※高性能バッテリーの場合45分)、4800万画素の写真撮影、最大4K 100fps / FHD 200fpsの動画撮影ができ、全方向の障害物検知が可能な本体重量249gのドローンです。DJIドローン特有のカメラアシスト機能も多数搭載されています。

DJI Mini 4 Proの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Mini 4 Proの詳細スペックは、以下の通りです。

価格
(DJI RC-N2付属)
106,700円(税込)
動画性能
(最大時)
4K 100fps / 4K 60fps /
FHD 200fps / FHD 60fps /
センサー1/1.3インチ CMOS
レンズFOV:82.1°
24mm(35mm換算),F1.7
有効画素数4,800万画素
本体重量249g
本体サイズ(収納時)148×94×64H(mm)
本体サイズ(展開時)298×373×101H(mm)
最大飛行時間34分(※45分)
最高速度16 m/s
最大飛行距離10km(日本)
障害物回避全方位
内部ストレージ2GB
伝送システムO4

おすすめは、モニター搭載の送信機とたくさんのアクセサリーがセットになった「DJI ドローン Mini 4 Pro Fly Moreコンボ Plus」です。

created by Rinker
DJI
¥159,794 (2023/12/07 12:49:47時点 Amazon調べ-詳細)

DJI Mini 4 Proのセットについては、こちらの記事をご覧ください。

DJI Air 3とは?

DJI Air 3とは、2023年7月に発売されたAirシリーズの最新ドローンです。
Airシリーズの時系列は、「Mavic Air」→「Mavic Air 2」→「DJI Air 2S」→「DJI Air 3」となります。

DJIドローンの一般消費者向けモデルには、Miniシリーズ、Airシリーズ、Mavicシリーズの3種類のモデルがあります。Airシリーズは、ミドル層向けのドローンシリーズになります。

DJI Air 3は、広角カメラと中望遠カメラの2つのカメラを搭載しており、最大4K 100fpsの動画撮影、4800万画素の写真撮影が可能なドローンです。最大飛行時間46分、全方位の障害物検知機能、最新の伝送システム「O4」により従来よりも安定した映像伝送を可能にしました。

DJI Air 3のプロモーション動画も公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Air 3の詳細スペックは以下の通りです。

価格
(DJI RC-N2付属)
129,800円
動画性能(最大時)広角カメラ:4K 100fps / FHD 200fps
中望遠カメラ:4K 100fps / FHD 200fps
センサー広角カメラ:1/1.3インチ CMOSセンサー
中望遠カメラ:1/1.3インチ CMOSセンサー
レンズ広角カメラ
FOV:82° 
焦点距離:24 mm(35mm判換算)
絞り:f/1.7
フォーカス:1 m ~ ∞
中望遠カメラ
FOV:35° 
焦点距離:70 mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8
フォーカス:3 m~∞
有効画素数広角カメラ:48 MP
中望遠カメラ:48 MP
本体重量720 g
本体サイズ(収納時)207×100.5×91.1H(mm)
本体サイズ(展開時)258.8×326×105.8H(mm)
※プロペラ含まず
最大飛行時間46 分
伝送システムO4
最大伝送距離10 km(日本)
障害物検知全方向障害物検知
内部ストレージ8 GB

購入の際は、「DJI Air 3 Fly Moreコンボ(DJI RC 2付属)」をオススメします。
このコンボセットでは、ディスプレイ付き送信機、バッテリーが3つ、専用ケース、その他関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

created by Rinker
DJI
¥187,000 (2023/12/07 08:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

DJI Air 3のセットに関しては、こちらの記事をご覧ください。

「DJI Mini 4 Pro」と「DJI Air 3」を比較

「DJI Mini 4 Pro」と「DJI Air 3」を比較します。

DJI Mini 4 ProDJI Air 3
価格
(DJI RC-N2付属)
106,700円129,800円
展開時サイズ298×373×101H
※プロペラあり
258.8×326×105.8H
※プロペラなし
本体重量249g720g
最大飛行時間34分(※45分)46分
カメラ1/1.3インチ CMOSセンサー
FOV:82.1°
焦点距離:24mm(35mm換算)
絞り:F1.7
1/1.3インチ CMOSセンサー
【広角カメラ】
FOV:82° 
焦点距離:24 mm(35mm判換算)
絞り:f/1.7
フォーカス:1 m ~ ∞
中望遠カメラ
FOV:35° 
焦点距離:70 mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8
フォーカス:3 m~∞
動画性能4K 100fps(※) / 60fps
FHD 200fps 100fps(※) / 60fps
広角カメラ:4K 100fps / FHD 200fps
中望遠カメラ:4K 100fps / FHD 200fps
有効画素数4,800万画素広角カメラ:4,800万画素
中望遠カメラ:4,800万画素
障害物回避全方位全方位
伝送システムO4
(最大10km)
O4
(最大10km)
内部ストレージ2GB8GB

価格の違い

DJIドローンの一般消費者向けモデルには、Miniシリーズ、Airシリーズ、Mavicシリーズの3種類のモデルがあります。

「DJI Mini 4 Pro」はMiniシリーズの最新ドローンかつProモデルということもあり、ひとつ上のAirシリーズである「DJI Air 3」と比較しても2万円ちょっとの差しかありません

created by Rinker
DJI
¥355,592 (2023/12/06 19:48:12時点 Amazon調べ-詳細)

機体性能の違い

上位モデルということもあり、「DJI Air 3」が大きくパワフルなドローンです。本体重量には3倍近くの差があります。上位モデルということもあり、内部ストレージも多いです。

しかし、どちらのドローンも全方位に障害物回避機能も搭載、O4の伝送システムで10kmのフライトが可能です。コンパクトで高性能なドローンが欲しい方には、「DJI Mini 4 Pro」はおすすめです。

created by Rinker
DJI
¥159,794 (2023/12/07 12:49:47時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ性能の違い

「DJI Air 3」は、Airシリーズで初めて2種類のメインカメラを搭載したドローンです。どちらのカメラで撮影しても同等の画質で撮影でき、焦点距離は異なっているため様々な構図で撮影ができます。

「DJI Mini 4 Pro」も高性能のカメラを搭載していますが、比較すると「DJI Air 3」に軍配が上がります。海外ではメリットである本体重量249gですが、日本では法規制の対象です。金額差も大きくはないため、10万円台のドローンを購入するのあれば、「DJI Air 3」の方がおすすめです。

created by Rinker
DJI
¥187,000 (2023/12/07 08:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

また、ドローン登録の必要のない小型ドローンをお求めの方は、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事