【徹底比較】「Mavic 3 Classic」VS「DJI Air 2S」おすすめドローンはどっち?

【徹底比較】「Mavic 3 Classic」VS「DJI Air 2S」おすすめドローンはどっち?

2022年11月2日、DJIから新ドローン「Mavic 3 Classic(マビック3クラシック )」が発売されました。

この新ドローンMavic 3 Classicは、すでに販売されている「DJI Air 2S」と比較すると何の違いがあり、どちらがおすすめでしょうか?

本記事では、両ドローンの機体性能を比較しつつ、どちらのドローンがおすすめか解説していきます。ドローンの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

「DJI Mavic 3」と「DJI Mavic 3 CINE」の違いに関しては、こちらの記事をご覧ください。

DJI Mavic 3 Classicとは?

DJI Mavic 3 Classicとは、2022年11月2日に発表されたDJIを代表するMavicシリーズのドローンです。
DJIドローンには、初心者向けのMavic Miniシリーズ中級者向けMavic Airシリーズ上級者向けのMavicシリーズがあります。

その中でも、Mavic 3は3種類販売されています。
時系列では、2021年11月「DJI Mavic 3」「DJI Mavic 3 CINE」→2022年11月「DJI Mavic 3 Classic」となります。

全方位に障害物センサーを搭載しており、最大46分間飛行、日本では最大8kmのフライトが可能です。また、最大5.1K 50fps、4K 120fpsでの動画撮影が可能なハッセルブラッドのカメラを搭載しています。

DJI Mavic 3 Classicの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Mavic 3 Classicの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格
(DJI RC-N1付属)
229,240円
189,200円
(2023/4/21改定)
動画撮影
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
カメラ4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
レンズFOV:84°
焦点距離:24mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8〜f/11
フォーカス:1m~∞
有効画素数2,000万画素
本体重量895g
本体サイズ(収納時)221×96.3×90.3H(mm)
本体サイズ(展開時)347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間46分
最大飛行距離(日本)8km
最高速度(前方)15m/s
障害物回避全方位
内部ストレージ8GB
伝送システムO3+

おすすめは、送信機にモニターが組み込まれている「DJI Mavic 3 Classic(DJI RC付属)」です。

created by Rinker
DJI
¥209,000 (2024/03/01 17:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

DJI Mavic 3 Classicのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

DJI Air 2Sとは?

DJI Air 2Sとは、2021年4月に発売されたDJIを代表するMavic Air シリーズのドローンです。

「Mavic Air 2」のマイナーチェンジ機体になり、時系列的には「Mavic Air」→「Mavic Air 2」→「DJI Air 2S」となります。

4方位の障害物センサーを搭載しており、最大31分間飛行、最大8kmのフライトが可能です。また、最大5.4K 30fps、4K 60fpsでの動画撮影が可能なカメラを搭載しています。

DJI Air 2Sの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Air 2Sの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格143,880円
119,900円
(2023/4/21価格改定)
動画撮影
(最大時)
5.4 K 30fps
4KUltra HD60fps
2.7K 60fps
FHD 120fps
カメラ1インチCMOS
レンズFOV:88°
22mm(35mm換算),F2.8
有効画素数2,000万画素
本体重量595g
本体サイズ(収納時)180×97×77H(mm)
本体サイズ(展開時)183×253×77H(mm)
最大飛行時間31分
最高速度19m/s
最大飛行距離8km
障害物回避前方/後方/上方/下方
内部ストレージ8GB
伝送システムOcuSync 3.0

購入の際は、「DJI Air 2S Worry-Free Fly More コンボ」をオススメします。
コンボセットでは、バッテリーが3つ他、関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「Mavic 3 Classic」と「DJI Air 2S」を比較

「DJI Mavic 3 Classic」と「DJI Air 2S」を比較します。

 DJI Mavic 3 ClassicDJI Air 2S
価格229,240円
189,200円
(2023/4/21改定)
143,880円
119,900円
(2023/4/21価格改定)
展開時サイズ347.5×283×107.7H(mm)183×253×77H(mm)
本体重量895g595g
最大飛行時間46分31分
カメラ4/3型CMOSセンサー
Hasselbladカメラ
1インチCMOSセンサー
動画性能
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
5.4 K 30fps
4KUltra HD60fps
FHD 120fps
有効画素数2,000万画素2,000万画素
障害物回避全方位前方/後方/上方/下方
伝送システムO3+
(最大8km)
OcuSync 3.0
(最大8km)
内部ストレージ8GB8GB

価格の違い

そもそも価格には大きな差があります。
Mavic Airシリーズが中級者向けモデル、Mavicシリーズが上級者向けモデルということもありますが、今回比較している両ドローンには、約10万の価格差があります。

映像クリエイターのような撮影を望むのであれば「DJI Mavic 3 Classic」になるでしょうが、いいドローン映像を撮影したいだけであれば「DJI Air 2」の性能でも十分です。

自分のライフスタイル、ドローンの使用方法に合わせたドローンを購入しましょう。

created by Rinker
DJI
¥209,000 (2024/03/01 17:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

機体性能の違い

「DJI Mavic 3 Classic」が「DJI Air 2S」の上位モデルということもあり、すべての性能で「DJI Mavic 3 Classic」が優れています
特に最大15分も長くフライトできる点、全方位に障害物回避機能が搭載されている点は大きいでしょう。

とはいえ「DJI Air 2S」の機体性能が残念ということはありません。その他の一般消費者向けドローンと比べても、「DJI Air 2S」は十分な性能を誇っています。

カメラ性能の違い

どちらのカメラも4K以上の動画撮影ができる高性能カメラを搭載しています。

しかし、上位モデルである「DJI Mavic 3 Classic」はHasselblad(ハッセルブラッド)のというブランドカメラを搭載しています。その最大の特徴は、被写体に応じた最適な色味を自動で付与してくれる点です。そのため、自分の目で見るよりも鮮やかな発色の世界を撮影してくれます。

「DJI Air 2S」も高画質な撮影が可能ですが、より鮮やかで美しい映像を撮影したければ「DJI Mavic 3 Classic」がおすすめです。

ちなみに、両ドローンとも内部ストレージが8GBありますが、撮影にはmicroSDカードが不可欠です。高画質の映像を書き込める性能のいいmicroSDカードを購入しましょう。

ドローン登録の必要のないドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事