DroneWikiドローン総合情報サイト

知らなきゃ損!Tello(テロー)を買ったら無料で付いてくる賠償責任保険の登録方法を解説

2019.03.25

Tello(テロー)を購入しても保険の案内がないため知らない方も多いですが、Telloには1年間無償の賠償責任保険が付帯します。

 

例えばTelloを操縦中、突発的な強風に煽られてTelloが墜落、他人の車に傷を付けてしまったとします。
この保険に加入していれば、この際に発生する金額を最大1,000円まで補償してくれます。

 

まだ登録してない方は、今すぐ登録しましょう。

Tello無償付帯賠償責任保険 | 登録ページ

Tello無償付帯賠償責任保険とは?

Tello無償付帯賠償責任保険とは、エアロエントリー株式会社によって提供されている無料保険です。

Telloを操作中に発生した、対人事故対物事故を補償してくれる保険になります。

対人事故:Telloが他人に衝突して怪我を負わせる事故
対物事故:Telloが公共物や他人の所有物に衝突して損傷を与える事故

 

 

 

無料保険の内容は?

Tello無償付帯賠償責任保険の内容は以下の通りです。

年間保険料 登録手続きから1年間無料
保険対象者 個人のみ(法人×、個人事業主×)
補償金額 1事故 1000万円まで
補償内容 対人事故・対物事故
免責金額 0円
示談交渉サービス
引受保険会社 三井住友海上火災保険株式会社

Telloが原因の対人事故・対物事故が発生した際、その被害を1,000万円まで補償してくれます。
この際、保険を適用するのに必要なお金(免責金額)は0円です。

また、示談交渉サービスが付いてきます。
もし事故が起きて示談となった際、保険のプロが被害者とのやり取りをしてくれ、示談をまとめてくれます。

無料保険の注意点

Tello自体の損傷・故障は補償しない

Tello無償付帯賠償責任保険は、Tello自体の損傷・故障は補償しません

あくまで、Telloによる被害(対人事故・対物事故)の補償に限ります。

仕事で使用したら保険適用外

このTello無償付帯賠償責任保険は個人用の保険であり、仕事で使用する等の“業務行為”をすると保険が適用されなくなります

この業務行為には、Telloで撮影した映像(写真/動画)を不特定多数の人が閲覧するWEBサイトで公開することも含まれています。

不特定多数の人が閲覧するWEBサイトには、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSやYoutubeなどが該当します。

Telloで撮影した映像は、自分や家族で楽しむだけにしておきましょう。

登録方法

まずはシリアル番号の確認

Telloには、それぞれに製品番号(シリアル番号/CN)があります。

上記画像の黒色で塗りつぶしている箇所が個別の製品番号です。

WEBサイトを開いて登録

製品番号が確認できたら、公式サイトを開きましょう。
Tello無償付帯賠償責任保険 | 登録ページ

ページを下に移動させていくと、以下の画像があります。クリックしていきましょう。

 

あとは個人情報を入力、登録するだけです。

「完了画面」が出てくれば、Tello無償付帯賠償責任保険への加入手続きは全て終了です。

もし入力内容に不備や漏れなどがあれば、確認作業としてメールまたは電話が来る場合があります。

2年目以降の保険はどうすればいいの?

1年目は無料保険で問題ありませんが、2年目以降の保険はどうすればいいのでしょうか?

2年目以降は、自分で保険を探し、登録しなければなりません。

しかし、保険選びは面倒だし、お金は掛けなくないというのが本音です。

 

そんな方におすすめなのが、ヤフーの提供している『ちょこっと保険』です。

ドローン専門の保険ではありませんが、ドローンの事故にも適用される賠償責任保険です。

月額保険料 140円〜
保険対象者 本人・家族
補償金額 1億円
補償内容 日常生活のあらゆる事故
免責金額 5,000円
示談交渉サービス
入院・通院補償
引受保険会社 三井住友海上火災保険株式会社

この保険の優れているポイントは、月額140円という安さです。

そして、日常生活のあらゆる事故を補償してくれ、その補償対象は自分だけでなく、家族も含みます。

補償金額は1億円までで、示談交渉サービスも、入院・通院補償も付いてきます。

『ちょこっと保険』の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

 

以上、Tello購入者が登録すべき保険について解説してきました。

Telloを操縦する以上、衝突や墜落のリスクは常にあります。
もし事故を起こしてしまった際、保険に加入していなければ悲惨な結果となります。

事故が起きてからでは手遅れです。
必ず保険に加入してからTelloを飛ばすようにしましょう!

Tello無償付帯賠償責任保険 | 登録ページ