DroneWikiドローン総合情報サイト

ドローン検定4級に合格するための試験対策・過去問を解説

2019.05.20

ドローン検定4級に合格すると、たくさんのメリットを得る事ができます。
その中でも一番大きなメリットは、自分はドローンに対しての知識を多少は所有していると第三者に示せることです。

今回は、ドローン検定4級の試験の申込みから合格までを徹底解説していきます。
受験日程、申込み方法、合格のメリット、試験の難易度、過去問やおすすめのテキスト等、これを読めば完璧です!

 

こんな方におすすめです。

・ドローン検定4級の受験を考えている方
・既にドローン検定4級を申し込んだ方
・子供にドローン検定を受験させたい方

 

ドローン検定とは?

ドローン検定とは、ドローン検定協会株式会社という民間の会社が運営しているドローンの資格試験です。
正式名称を無人航空従事者試験と言います。

ドローンの操縦に必須の資格ではありませんが、自分のドローンに対する知識を簡単に第三者に示せるので、ドローン操縦士からの人気ある資格です。

検定には1級から4級までの種類があり、1級が一番難易度の高い試験です。
3級・4級は誰でも受験できますが、2級の受験には3級の合格、1級の受験には2級の合格が必須となっています。

試験に合格すると、以下のようなカード型の合格証をもらえます。

4級合格のメリットは?

ドローン検定4級に合格して得られるメリットは以下の通りです。

国土交通省への飛行許可申請に資格証明書の添付が可能
基礎技能講習の座学が4時間分の免除
提携団体での各種講習の座学免除
提携団体での各種講習の受講資格
・ドローンに対する知識を客観的に示せる
合格者のみが参加できるコミュニティサービスに参加可能
・飛行ログサービスの使用
ドローン検定オリジナルグッズ購入可能

その中でも、国土交通省へのドローンの飛行許可申請時に証明書を添付、優待を受けられる事が最大メリットと言えるでしょう。

ドローン検定 | 取得のメリット

4級の申込から合格まで

4級の試験内容

ドローン検定4級の試験内容と傾向は以下の通りです。

試験方式 4択のマークシート
問題数 50問(1問 2点)
受験時間 90分
合格条件 40問正解80点以上)
合格率 70%程度
試験内容 基礎知識(用語・動作)、工学(航空工学)、気象(気象学基礎)、専門知識(機体構造・姿勢制御・バッテリー・送信機・責任・飛行計画)、法令(無人航空機関係・電波関連)
累計合格者数 627人(平成31年1月時点)

ドローン検定4級の累計合格者数は627人と非常に少ない傾向にあります。
何故なら、4級を受験せずに3級から受験する人が多いからです。因みに、3級の累計合格者数は11,200人になります。

3級と4級の試験範囲の違いは、4級に関しては力学の問題が出ない点です。その他の試験範囲は同じになります。
いきなり3級の試験から受けるのも”あり”です。

 

 

込み方法

ドローン検定4級の試験は、年に6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)開催されています。
受験料は3,000円で、誰でも受けられます。

申込みは以下のリンクからできます。
ドローン検定 | 受験申込み
申込み後、受験料を入金すると受験票が郵送されます。あとは試験当日、会場に受験票と筆記用具を持込み、試験を受けます。

 

試験対策(過去問とテキスト)

ドローン検定4級の問題の大半は「ドローンの教科書 標準テキスト」から出題されます。
試験範囲が3級にも共通するため、3級と4級のテキストはまとめて1冊になっています。
このテキストはドローン検定の公式サイトからでも、Amazonなどネットショップからでも購入可能です。

ドローン検定3級・4級の教材は以下のリンクから購入できます。

過去問から作成された出題サイトもあります。
ただし、これを完璧に抑えたからといって合格できるわけではありませんので、必ずテキストを勉強するようにしましょう。また、過去問が転売されていたりもしますが、公式のテキストをしっかりと勉強しておけば問題ありません。
無駄にお金を掛けたり、騙されたりしないように気を付けてください。

ドローン検定4級(仮想テスト)

ドローン検定4級(部門ごとの仮想問題)

合格の確認方法

受験日から10日程で受験結果が郵送されます。
この受験結果は、以下のリンクで事前に合否確認できます。
ドローン検定 | 合否確認
合格すると、ドローン検定のメンバーに登録できるようになります。無事に合格できたら加入しましょう。

 

 

以上、ドローン検定4級について解説してきました。

ドローン検定4級と3級の試験内容は類似している部分も多いので、3級から受験するのも”あり”です。
まずは、どちらの試験を受けるのか決め、試験の申し込みをしましょう。

申込みが済んだら、受験対策の教材を購入して勉強をしていきましょう。
ドローン検定3級・4級の教材は、以下のリンクから購入できます。

そして、ある程度勉強が済んだら、仮想試験に取り組んで実力を確認してみましょう。

それでは、ドローン検定4級の合格目指して頑張りましょう!