トルビズオン、糸乗建設、兵庫県豊岡市が「空飛ぶ但馬牛」ドローンのフードデリバリー実験

トルビズオン、糸乗建設、兵庫県豊岡市が「空飛ぶ但馬牛」ドローンのフードデリバリー実験

2023年4月22日10時から、株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:増本 衞、以下:トルビズオン)は、株式会社糸乗建設(本社:兵庫県豊岡市、代表取締役:糸乘 直希、以下:糸乗建設)とともに、ドローンを用いた配送の実証実験を計画しています。

created by Rinker
但馬牛
¥6,320 (2024/04/17 23:45:37時点 Amazon調べ-詳細)

実証実験概要

  • 日時:2023年4月22日(土)10:00~
  • 場所:谷区公民館広場(豊岡市日高町谷107)
  • 使用機体:DJI製 Matrice 300RTK
  • 配送品:但馬牛弁当
  • 搬送重量:500g
  • 搬送距離: 約1.4km
  • 飛行ルート:
    ①谷区公民館広場から糸乗建設
    ②糸乗建設から谷区公民館広場

ルート図

A:Café&Deli おすそわけ
G:糸乗建設

安全管理について

  • 出発地、目的地には、それぞれドローンオペレーター及び補助員を配置
  • 離陸・着陸ポイントでは、立ち入り管理区域を設置
  • 万一ドローン及び周辺状況に問題があった際に緊急着陸が出来るよう、緊急着陸ポイントを設置
  • 飛行経路の道中で道路を横断する際には、目視人を立ててドローン及び周辺状況を確認・報告
  • オペレーター・目視人・立入り管理人は常時連絡を取り合う

飛行ルートは、地権者の承諾を得たルートで計画し、ドローンの飛行下に第三者が侵入しないよう目視人を配置したレベル2飛行にてドローンの飛行を実施します。また、飛行ルート全域にトルビズオンが提供する「ソラシェア」を適用することで、地域住民の理解を得ることに重きを置いています。

但馬牛弁当

糸乗建設のビジョン

糸乗建設は、ドローンを活用して建設業界に革新をもたらすことを目指しています。業務効率、安全性、環境保護、労働環境の改善など多面的な観点からドローン利活用に取り組む意義は大変重要です。そこで現場でのドローン活用の実装を目指し、ドローン配送事業をスタートしました。また地域の情報発信に貢献する目的から、地元の名産品「但馬牛」を使ったフードデリバリーを実施します。軽量のペイロード搬送から始め、将来の実運用に備え、ノウハウを蓄積する計画です。この取り組みにより地域とのつながりを強化し、地元豊岡に貢献します。

参加団体

  • 株式会社糸乗建設
  • 一般社団法人 北近畿ドローン協会
  • Café&Deli おすそわけ
  • 株式会社トルビズオン 

出典:株式会社トルビズオン

ニュースの最新記事