個人向けドローン保険の落とし穴!動画をSNSにアップしたら保険は適用されない!?

個人向けドローン保険の落とし穴!動画をSNSにアップしたら保険は適用されない!?

個人向けドローン保険の落とし穴をご存知でしょうか?
ドローンで撮影した映像(写真/動画)不特定多数の人が閲覧するWEBサイトにアップすると、保険は適用されなくなります

不特定多数の人が閲覧するWEBサイトには、SNSをはじめとするInstagram, Facebook, TwitterやYoutubeなどが該当します。

本記事では、個人向けドローン保険の落とし穴ドローン保険の選び方ドローンの映像をアップしても大丈夫な保険について解説していきます。

非常に重要な内容になります。
既にドローンの保険に加入している人も、これからドローンの保険に加入する人も、是非参考にしてください。

 

現在、DJIドローンにオススメなSandiskのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

SanDisk Extreme 32GB 1,380円(Amazon価格)

個人向けドローン保険の落とし穴

個人向けドローン保険は、ドローンが事故した際の「対人事故」「対物事故」を補償してくれる保険です。

対人事故:自分や他人がドローンの衝突事故などで負傷する事故
対物賠償:ドローンが公共物や他人の物などを損傷する事故

一見完璧に見えますが、ここには条件が含まれています。
その条件とは、業務行為をしてはならないという内容です。

この業務行為には、不特定多数の人が閲覧するWEBサイトにドローンの映像をアップする行為も含まれます。

つまり、保険のルールをやぶっていますので、もし事故をしても保険は適用されません

儲けがなくても業務行為?

このような声があるかと思います。

自分はYoutuberでもないし、お金は1円も儲けていない。
ドローンの映像をTwitterにアップしたけど、利益を得ようとは思っていない。
儲けていないのに業務行為に該当するのはおかしいだろう。など

実際、儲けていないのに業務行為と言われてもピンときません。

そこで、個人向けドローン保険を提供している会社に電話で問い合わせをしました。
保険会社の返答をまとめると、以下の通りです。

個人向けのドローン保険は、ドローンで撮影した映像を本人・家族で楽しむ事を前提としている。
不特定多数の人と映像を共有していた場合、それは利益を追求した業務行為と見なされる。
たとえ利益が発生していなくても、業務行為である。
もしドローン事故が発生しても、映像をネットにアップしていたのであれば、業務行為が目的と認識される。
保険のルールをやぶっているので、保険の適用はできない。
つまり、儲けがなくても業務行為に該当し、保険は適用されません

ドローン保険の選び方・ポイント

では、どの保険を選べばいいのでしょうか?
ドローン保険の選び方・ポイントを解説していきます。

①映像をネットにアップする?しない?

ドローン保険選びの最初の分岐点はここです。
ドローンで撮影した映像をネットにアップするのか?しないのか?です。

映像をネットにアップする人

ドローンで撮影した映像(写真/動画)をネットにアップする人は、個人事業主/法人向けのドローン保険に加入する必要があります。

不特定多数の人が閲覧するWEBサイトに映像をアップする行為 = 業務行為
に該当するわけですから、仕方がありません。

映像をネットにしない人

ドローンで撮影した映像(写真/動画)をネットにアップしない人は、個人向けドローン保険に加入しましょう。

保険選びには、こちらの記事をご覧ください。

②補償金額が1億円以上

日本では、自転車事故で裁判所が1億円の支払い命令を出した事例があります。
それを考慮すると、補償金額1億円は必要です。

ドローンのプロペラは刃物に匹敵し、一歩間違えれば凶器になります。
万が一事故が発生しても、補償金額で賄える保険に加入しましょう。

③示談交渉サービス付き

示談交渉サービスとは、事故が発生した際にプロが被害者との示談金の交渉をしてくれるサービスです。
示談交渉は素人同士では上手くいかない場合が多く、解決までに時間が掛かります。

賠償責任保険に加入するのであれば、示談交渉サービス付きの保険に加入しましょう。

④ドローンにも保険を掛ける

ドローンの保険には、「賠償責任保険」と「機体保険」の2種類があります。

ここまで解説してきたのは「賠償責任保険」です。
この保険はドローンが原因の事故を補償してくれます。

一方「機体保険」は、ドローン自体の故障や盗難などの事故を補償してくれます。
もし、ドローン本体にも保険を掛けたいのであれば、「機体保険」に加入しましょう。

ネット映像をアップできるおすすめ保険

それでは、ドローンで撮影した映像(写真/動画)をネットにアップしても大丈夫なおすすめ保険を解説していきます。

エアロエントリー「DJI無償付帯賠償責任保険 標準プラン」

エアロエントリーが、DJIドローン購入者を対象に提供している一年間の無料保険です。

DJIドローンを公式関連ショップで購入すると一年間無料で加入できます。
「限定プラン」と「標準プランの」2種類ありますが、「標準プラン」を選びましょう。

年間保険料 1年間無料
保険の対象 本人
補償金額 対人事故 1億円/対物事故 5,000万円
示談交渉サービス あり
免責金額 50,000円
管理財物補償
人格権侵害
初期対応費用
訴訟対応費用
追加被保険者特約

DJIドローン購入した1年目は、「DJI無償付帯賠償責任保険 標準プラン」に加入しましょう。

東京海上日動「WEB加入型保険」

東京海上日動が提供している「WEB加入型保険」です。
WEBからの手続きだけで登録が完了するドローン保険です。

保険料はドローンの種類によって異なります。
また、プランには以下の3種類があります。

  • ライトプラン:個人事業主向け
  • スタンダードプラン:法人向け
  • 海外プラン:海外撮影者向け

加えて、補償金額も「1億円」「5億円」「10億円」から選択可能です。

「ライトプラン」「補償金額1億円」ドローンはMavic2 Proの場合、以下の保険内容になります。

年間保険料 6,050円
保険の対象 本人
補償金額 1億円
示談交渉サービス あり
免責金額 0円
管理財物補償
人格権侵害
初期対応費用
訴訟対応費用
追加被保険者特約

現在のところ、こちらの保険が一番コストパフォーマンスに優れており、おすすめです。

 

以上、個人向けドローン保険の落とし穴、ドローン保険の選び方、ドローンの映像をアップしても大丈夫な保険について解説してきました。

もし、あなたがドローンの映像をネットにアップしていくつもりなら、個人事業主が加入するドローン保険に入りましょう。

この保険は「対人事故」「対物事故」を補償してくれるだけでなく、「人格権侵害」も補償します。
「人格権侵害」はもしネットにアップした映像に個人のプライバシーが写っており、訴えられた際に補償してくれる保険です。

ドローンを飛ばす際は万が一に備え、必ずドローンの保険に加入した上で、飛ばすようにしましょう。

ドローン入門の最新記事