【徹底比較】「DJI Air 2S」VS「Mavic Air 2」オススメのドローンはどっち?

【徹底比較】「DJI Air 2S」VS「Mavic Air 2」オススメのドローンはどっち?

2021年4月15日、DJIから新ドローン「DJI Air 2S」が発売されました。

この新ドローン「DJI Air 2S」は、5.4K映像の本格撮影が楽しめる一般消費者向けドローンです。

一方、1年前に一般消費者向けドローン完成形と言われた「Mavic Air 2」、この両ドローンはどちらが優れておりオススメなのでしょうか?

本記事では、両ドローンの機体性能を比較しつつ、どちらがオススメなのか解説していきます。ドローンの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

DJI Air 2Sとは?

DJI Air 2Sとは、2021年4月15日に発表されたDJIの新ドローンです。

「Mavic Air 2」のマイナーチェンジ機体になります。時系列的には「Mavic Air」→「Mavic Air 2」→「DJI Air 2S」となります。

31分の飛行時間を誇り、2,000万画素、5K30fps/4K60fpsの撮影ができるカメラを搭載、新機能「マスターショット」はどのような場所でも最高の撮影を実現し、映画のような短編動画を作り上げます。

DJI Air 2Sの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Air 2Sの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格 119,900円
動画性能
(最大時)
5.4K 30fps/4KUltra HD60fps
2.7K 60fps/FHD 120fps
センサー 1インチCMOS
レンズ FOV:88°
22mm(35mm換算),F2.8
有効画素数 2,000万画素
本体重量 595g
本体サイズ(収納時) 180×97×77H(mm)
本体サイズ(展開時) 183×253×77H(mm)
最大飛行時間 31分
最高速度 19m/s
最大飛行距離 8km
障害物回避 前方/後方/上方/下方
内部ストレージ 8GB
伝送システム OcuSync 3.0

購入の際は、「DJI Air 2S Worry-Free Fly More コンボ(165,000円)」をオススメします。

コンボセットでは、バッテリーが3つ他、関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Mavic Air 2とは?

Mavic Air 2とは、2020年4月に発表されたDJIを代表するMavicシリーズのドローンであり、「Mavic Air」の後続機に当たるドローンです。

発売当時は、一般消費者向けドローンの完成形と言われていました。

34分の飛行時間を誇り、最大4,800万画素、4K/60fpsの撮影のカメラを搭載、新機能8Kハイパーラプス」では、8K映像の撮影が可能となっています。

実際にMavic Air 2で撮影された公式動画が公開されています。こちらをご覧ください。

Mavic Air 2の詳細スペックは以下の通りです。

本体価格 105,600円
動画性能
(最大時)
4K 60fps
2.7K 60fps/FHD 240fps
センサー 1/2インチCMOS
レンズ 24mm(35mm換算),F2.8固定
有効画素数 4,800万画素
本体重量 570g
本体サイズ(収納時) 180×97×84H(mm)
本体サイズ(展開時) 183×253×77H(mm)
最大飛行時間 34分
最大飛行距離 6km
最高速度 19m/s
障害物回避 前方・後方・下方
内部ストレージ 8GB
伝送システム OcuSync 2.0

購入の際は、「Mavic Air 2 Fly More コンボ(132,000円)」をオススメします。

コンボセットでは、バッテリーが3つ他、NDフィルターセットなどの関連アクセサリーが多数同梱しており、非常にお得となっています。

created by Rinker
DJI
¥132,000 (2021/06/21 21:15:43時点 Amazon調べ-詳細)

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「DJI Air 2S」とMavic Air 2を比較

「DJI Air 2S」と「Mavic Air 2」を比較します。

DJI Air 2S Mavic Air 2
コンボセット価格 165,000円 132,000円
展開時サイズ 183×253×77H(mm) 183×253×77H(mm)
本体重量 595g 570g
最大飛行時間 31分 34分
センサー 1インチCMOS 1/2インチCMOS
動画性能 5.4K 30fps/4KUltra HD60fps
2.7K 60fps/FHD 120fps
4K 60fps/2.7K 60fps/FHD 240fps
有効画素数 2,000万画素 4,800万画素
ズーム機能 4倍〜8倍
障害物回避 前方/後方/上方/下方 前方/後方/下方
伝送システム OcuSync 3.0
(最大8km)
OcuSync 2.0
(最大6km)
内部ストレージ 8GB 8GB
備考 コンボセットに
DJI Care Refresh付き

機体性能の違い

「DJI Air 2S」は、「Mavic Air 2」のマイナーチェンジバージョンということもあり、互換性のあるアクセサリーも多い非常に似た機体です。

しかし、「Mavic Air 2」の発売から1年経ち「DJI Air 2S」は発売されました。1年間の差があるため、全体的な性能では「DJI Air 2S」が優れています

機体性能に関してはいえば、「DJI Air 2S」はOcuSync 3.0の伝送システムを採用しています。これにより、飛行距離は伸び、撮影はより滑らかになりました。また、障害物回避機能も向上しています。

最大フライト時間で言えば、「Mavic Air 2」が3分だけ長くなっていますが、両ドローンとも30分を超えているため、誤差と呼べる範囲でしょう。

カメラ性能の違い

有効画素数に関しては「Mavic Air 2」に軍配が上がりますが、動画撮影という点においては「DJI Air 2S」が秀でています。

「DJI Air 2S」は最大5.4K30fpsの動画撮影ができ、ズーム機能も搭載されています。「すべては、その一瞬のために 捉えよう、目に映るすべてをという」キャッチコピーにもあるように、どのような瞬間をも色鮮やかに捉え、素晴らしい映像として記録します。

撮影を重視したドローンを選びたいのであれば、「DJI Air 2S」で間違いありません。

価格の違い

それぞれの価格は以下の通りです。

DJI Air 2S Mavic Air 2
通常セット 119,900円 105,600円
コンボセット 165,000円 132,000円

通常セットの価格差は14,300円です(Mavic Air 2の方が安い)。

また、コンボセットの価格差は33,000円です。ただし、「DJI Air 2S」のコンボセットには「DJI Care Refresh」が同梱されています。

「DJI Care Refresh」は、ドローンが壊れた際にリフレッシュ交換(新品または新品同様と交換)してくれるサービスです。リフレッシュ交換だけでなく、DJIスタッフによる製品サポートを優先的に受けることもできます。今までは別途購入が必要でした。

この金額差であれば、購入するのであれば最新ドローンである「DJI Air 2S」がオススメだと言えるでしょう。

以上、最新ドローン「DJI Air 2S」と「Mavic Air 2」を比較してきました。

最新ドローンということもあり、全体的に「DJI Air 2S」の方が優れています。

今ドローンを買うなら、「DJI Air 2S」で間違いなしです!

空撮ドローンの最新記事