DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. DJIドローン「Mavic Mini」送信機の各部分の名称と役割・機能は?

Mavic Miniの送信機の各部分の名称は以下の通です。

以下の画像と照らし合わせてご覧ください。

1. アンテナ・・・機体制御信号と動画無線信号を中継します。

2. 電源ボタン・・・ボタンを1回押すと、現在のバッテリー残量を確認できます。ボタンを1回押し、次に長押しすると送信機のオン/オフを切り替えられます。

3. 操作スティック・・・操作スティックを使用し、機体の動きを制御します。「DJI Fly」アプリのフライトコントロールモードを設定ます。操作スティックは着脱可能で簡単に収納できます。

4. バッテリー残量LED・・・送信機の現在のバッテリー残量を表示します。

5. 飛行一時停止/Return-to-Home(RTH)ボタン・・・一度押すと、機体にブレーキがかかります。クイックショット、インテリジェントRTH、自動着陸を実行している場合、一度押すと機体が手順を終了し、その場でホバリングします。このボタンは長押ししてRTHを起動します。機体は最後に記録されたホームポイントへ戻ります。再度押すと、RTHはキャンセルされます。

6. 動画ダウンリンク/電源ポート(Micro USB)・・・送信機ケーブルを介してビデオリンクするモバイル端末に接続します。USB充電器に接続して、送信機のバッテリーを充電します。

7. 操作スティック収納スロット・・・操作スティックの収納用です。

8. モバイル端末用クランプ・・・お使いのモバイル端末を送信機にしっかりと取り付けるのに使用します。

9. ジンバルダイヤル・・・カメラのチルトを操作します。

10. 録画ボタン・・・動画モードで1回押すと、動画撮影を開始します。再度押すと撮影を停止します。静止画モードを1回押すと、動画モードに切り替わります。

11. シャッターボタン・・・送信機の充電や送信機とパソコンとの接続のために使用します。

 

本体の名称に関しては、こちらのQ&Aをご覧ください。

 

現在、Mavic MiniにおすすめのmicroSDカードがAmazonでお買い得となっています。

microSDカードの選び方に関しては、こちらの記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加