DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Mavic Miniのアップグレードに失敗する理由は?

Mavic Miniのアップグレードに失敗する理由は、以下の4つになります。

ローバッテリー

Mavic Miniの本体や送信機をアップグレードをする場合、バッテリー残量が50%以上であることを確認してから、更新を行ってください。

 

急な電源オフ

Mavic Miniの本体や送信機をアップグレード中は電源をオフにしないでください。

もし電源が切れてしまったら、機体や送信機を再起動し、再度更新をしてください。

 

インターネット回線の切断

Mavic Miniの本体や送信機をアップグレード中にインターネット回線が切断した場合、再起動と再更新をしてください。

 

ファームウェアのバージョン不一致

Mavic Miniの本体と送信機のファームウェアのバージョンが一致していない場合、更新に失敗します。

パソコンでDJI Assistant 2 for Mavicを使用して、機体と送信機を別々に最新のバージョンへ更新してください。

※アップグレード中、Mavic Miniは複数回再起動します。アップグレードが完了すると、自動でシャットダウンします。

 

更新できない場合

更新の際に問題が発生して解決できない場合、DJI公式のサポートまたは購入した店舗までお問い合わせください。

DJIサポート | 問い合わせページ

https://www.dji.com/jp/support