DroneWikiドローン総合情報サイト

Q. Mavic Airのプロペラガードの取り付け方法は?

Mavic Airのプロペラガードの取り付け方法は以下になります。

1. 機体アーム及び前方ランディングギアが展開されているか確認します。

2. プロペラガード上のバックルを開きます。

3. バックル状に【LF】【LR】と記載されているプロペラガード同士を接続します。

4. バックルを閉じ、ロックします。

 

DJI公式から解説動画も公開されています。

 

 

プロペラガードの取り付けが甘い場合、落下などの危険があります。

万が一に備え、必ず1年間無料の保険に加入しておきましょう。

 

また、2年目以降はこちらの保険(年間保険料5,000円)がおすすめです。

 

上記保険は賠償責任保険であり、ドローンの故障や損傷は補償しれくれません。

機体保険への加入も推奨いたします。