Q.

DJIドローンの伝送システム「OcuSync2.0」と「OcuSync3.0」の違いは?

  • 2021.05.31

「OcuSync3.0」は、完全に刷新された新たな伝送システムです。

「OcuSync3.0」では、アンテナが4つ搭載され、2種類の周波数帯に対応しています。※日本国内においては、2.4GHz帯のみ利用可能です。

より強力な耐干渉性を持ち、フルHD動画伝送距離は最大12 kmを達成しています。※障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合です。

街の中やその他の森の中などの複雑な環境においても、信頼性の高い伝送を実現します。

DJIドローンにおいては、「DJI Air 2S」より「OcuSync3.0」に対応しています。

DJIドローンの伝送システムには、「OcuSync3.0」「OcuSync2.0」「拡張Wi-Fi」の3種類があります。

「OcuSync3.0」が一番優れており、次に「OcuSync2.0」、次に「拡張Wi-Fi」の順になります。

優れている方が信頼性の高い伝送を実現し、ラグのない鮮やかな映像をデバイスに届けてくれます。

また、DJIドローンは1年間無料の保険に加入できます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

の最新記事