日差しが眩しくても大丈夫!「Mavic Mini」のおすすめモニターフード3選

日差しが眩しくても大丈夫!「Mavic Mini」のおすすめモニターフード3選

日差しが強い時に必須なアクセサリーが「モニターフード(サンシェード)」です。

モニターフードは直射日光を防いで画面を見やすくし、またスマートフォンの発熱を抑える役割を果たします。安全な操作、スマートフォンが熱暴走しないためにも必須なアクセサリーです。

本記事では、「Mavic Mini」のモニターフードの種類と特徴について解説していきます。
モニターフードをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

様々なサイズに対応しているモニターフード

Amazonで販売されている、こちらのモニターフードは様々な種類が販売されており4.7インチ〜10.5インチまでのスマートフォン・タブレットに対応しています。

取り付け簡単かつ、高級感溢れるレザーを使用、価格もお手頃なためオススメです。
※Mavic Miniだけでなく、その他一部のDJIドローンにも対応しています。

価格の安いモニターフード

Amazonなどで販売されているサードパーティ会社「Kismaple」のモニターフードは、1,000円以下で購入できる非常にお得なモニターフードです。

使い勝手も問題ないため、価格が理由で購入を躊躇している方にオススメです。
※Mavic Miniだけでなく、その他一部のDJIドローンにも対応しています。

タブレット対応のモニターフード

Amazonなどで販売されているサードパーティ会社「Anbee」のモニターフードは、タブレットに対応しているモニターフードです。

折り畳めるため、持ち運びに最適です。
※このモニターフードは、様々なDJIドローンの送信機に対応しています。

モニターフード以外の暑さ対策に関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事