DroneWikiドローン総合情報サイト

【最新版】あったら便利!Mavic Miniのおすすめアクセサリー10選

2020.02.14

大人気ドローンMavic Miniでは、より楽しく遊ぶためのアクセサリー、あったら便利なアクセサリーが多数販売されています。

本記事では、そんなたくさん発売されているアクセサリーから、厳選して10種類を解説していきます。

Mavic Miniをお持ちの方は必見です!アクセサリーを手にして、今まで以上にMavic Miniで快適に楽しく遊びましょう。

created by Rinker
WRAPGRADE
¥3,300 (2020/04/05 17:34:27時点 Amazon調べ-詳細)

ランディングギア

Mavic Miniの離着陸の際、ボディが地面に接触するのが気になっていた人も多いのではないでしょうか?

ランディングパッドを持ち歩けば解決する問題ですが、「ちょっと面倒…」という人もいます。

ランディングパッド 750円

 

そんな方におすすめなのが、ランディングギアです。

Mavic Miniにランディングギアを装着することで、機体が25mm持ち上がります。
これにより、小石やゴミなどがボディ・プロペラモーターに与える損傷・リスクを抑える事ができます。

また、ランディングギアの足はシリコンパッドになっており、着陸時の衝撃を緩和します。

Mavic Mini ランディングギア 1,750円

created by Rinker
PGYTECH
¥1,750 (2020/04/05 12:50:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ランディングギアには、本体を支えるタイプも販売されています。

Mavic Mini ランディングギア 1,299円

 

因みに、Mavic Miniは重量199gのドローンであるため、ランディングギアを装着すると200gを超えます。
「改正航空法に該当するのでは?」と心配してしまいますが、改正航空法ではアクセサリーの重量は問題ありません。

Mavic Miniのルールに関しては、こちらの記事をご覧ください。

モーター保護カバー

Mavic Miniは、プロペラモーターがむき出しになっています。
このモーター部分に保護カバーを付けることで、湿気、ほこり、小石などがモーターを損傷するのを防ぎます。

プロペラ&プロペラモーターはドローンの生命線であり、ここに問題が生じれば墜落してしまいます。
Mavic Miniを飛ばすのであれば、是非とも保護カバーは付けておきたいです。

また、懸念される保護カバーの重量ですが、それぞれ1g以下で、バッテリーへの影響はほとんどありません。

Mavic Miniモーター保護カバー 1,599円

モニターフード

Mavic Miniを外で飛ばしいてると、日の光が眩しくてスマートフォンが見づらいことがあります。

そんな時におすすめなのが、送信機モニターフードです。

モニターフードを付けることで、日の光を防げる他、直射日光によりスマートフォンが熱されるのも軽減してくれます。

Mavic 送信機モニターフード 2,627円
※Mavic Proの送信機にも使用できます。

レンズフィルター(ND/C-PL/MCUV)

Mavic Miniのレンズフィルターには、大きく3種類がありますので、それぞれ解説していきます。

NDフィルター

NDフィルターとは、光の量を減らす減光フィルターです。
NDとは、ニュートラル・デンシティー(Neutral Density)の略で、光の色は変えず、光量だけを落とすという意味になります。

NDフィルターには、ND4、ND8、ND16、ND32、と種類があり、それぞれ光量を1/4、1/8、1/16、1/32に減らすという意味になります。

NDフィルターセット 4,598円

created by Rinker
Taoric
¥3,898 (2020/04/05 10:40:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、そもそもの光を遮る、遮光カバーも販売されています。

遮光カバー 1,259円

 

PL-Cフィルター

まずPLフィルターとは、光の反射をコントロールし、被写体の本来の色を引き出す、偏光フィルターです。
PLとは、ポラライズド・ライト(Polarized Light)の略で、偏向した光という意味になります。

現在では、デジタルカメラなどにはC-PLフィルターが用いられています。

C-PLフィルターを使うことで、例えば『湖+紅葉』を撮影する際、湖の反射した光を除去した状態で紅葉の色を際立たせた撮影ができます。

C-PLフィルター 1,898円

created by Rinker
Taoric
¥1,698 (2020/04/05 17:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

MCUVフィルター

MCUVフィルターとは、紫外線をカットするフィルターのことです。
MCはマルチコーティング(multi coating)、UVは紫外線のことです。

MCUVフィルターを使用することで、紫外線を除去した映像を撮影できます。

紫外線は人間の目では確認できませんが、デジタル撮像素子は紫外線でも感光します。
紫外線をカットすることで、人間の見た目に近い映像を撮影できます。

MCUVフィルター 1,595円

created by Rinker
Taoric
¥1,498 (2020/04/05 17:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

見た目を変えるアイテム

Mavic Miniの見た目を変え、自分だけのMavic Miniにデザインする方法があります。

クリエイティブキット

まずは、クリエイティブキットです。
クリエイティブキットを使うことで、ステッカー、マーカーを使って自由にMavic Miniをデザインできます。

Mavic Mini クリエイティブキット 1,600円

created by Rinker
Honbobo
¥1,600 (2020/04/05 17:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

DJIによる公式動画も公開されています。

シール

自分でデザインするのは…という方には、シールを貼る方法があります。

シールは見た目を変えるだけでなく、飛行中の視認性をアップさせたり、傷を防ぐ役割もあります。

Mavic Mini 専用シール 1,200円

Mavic Mini 専用シール 2,700円

created by Rinker
WRAPGRADE
¥2,700 (2020/04/05 17:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

本体だけでなく、送信機用のシールも販売されています。

Mavic Mini 送信機用シール 1,000円

created by Rinker
WRAPGRADE
¥1,000 (2020/04/05 17:34:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、見た目を変える方法として、カラープロペラも販売されています。

カラープロペラ 1,295円

created by Rinker
Taoric
¥1,398 (2020/04/05 17:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

プロペラガード

ドローンの操縦に不慣れなうちは付けておきたいプロペラガード、左側にあるDJI公式のプロペラガードから、サードパーティ会社PGYTECHのケージ型のプロペラガードランディングギアとプロペラガードがセットになったプロペラガードなど様々な種類が販売されています。

公式プロペラガード 1,870円

Mavic Mini 360°プロペラガード(Part 9)マビックミニ プロペラガード
created by Rinker
¥1,870 (2020/04/06 08:19:08時点 楽天市場調べ-詳細)

ケージ型プロペラガード 2,800円

created by Rinker
PGYTECH
¥2,800 (2020/04/05 17:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

ランディングギア付きプロペラガード 1,680円

ケース(防水/キャリング/スーツ)

Mavic Miniは、コンボを購入するとケースが付属してきますが、ケースにはいろいろな種類のものが販売されています。

防水ケースから、折り畳まなくても収納できるケース、持ち運びに便利なケースなど、自分の用途にあったケースを購入しましょう。

Mavic Mini キャリングケース 2,898円

Mavic Mini 防水収納ケース 4,399円

Mavic Miniアルミ合金ケース 8,198円

プロペラホルダー/ストラップ

Mavic Miniを持ち運ぶ方法は、ケースだけではありません。
プロペラホルダーを使用することで、首から下げて持ち運ぶこともできます。

プロペラホルダーには、ベージュとチャコールの2種類があります。

Mavic Mini プロペラホルダー(ベージュ)1,210円

Mavic Mini Part 22 Propeller Holder (Beige)
created by Rinker
¥1,210 (2020/04/06 10:09:14時点 楽天市場調べ-詳細)

Mavic Mini プロペラホルダー(チャコール)1,210円

Mavic Mini Part 23 Propeller Holder (Charcoal)
created by Rinker
¥1,210 (2020/04/05 13:41:36時点 楽天市場調べ-詳細)

予備バッテリー

Mavic Miniは最大飛行時間が18分のドローンです。
飛ばしてみれば分かりますが、確実に予備バッテリーが必要になります。

Mavic Mini バッテリー 4,370円

Mavic Mini Part 1 Intelligent Flight Battery
created by Rinker
¥4,730 (2020/04/05 13:41:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

また、2WAY充電ハブを使用することで、同時に3個のバッテリーを充電できます。
2WAY充電ハブは、モバイル端末のパワーバンクとして使用できます。

Mavic Mini 2WAY 充電ハブ 4,290円

Mavic Mini 2WAY 充電ハブ (Part 10)マビックミニ 充電ハブ チャージャー
created by Rinker
¥4,290 (2020/04/05 22:37:59時点 楽天市場調べ-詳細)

 

充電方法には、プロモーションビデオで使用された充電ベースによる方法もあります。

Mavic Mini 充電ベース 4,290円

【マラソンクーポン有】 DJI Mavic Mini 充電ベース # CP.MA.00000156.01 ディージェイアイ (ドローンアクセサリ)
created by Rinker
¥4,805 (2020/04/05 17:34:36時点 楽天市場調べ-詳細)

スナップ アダプター

スナップアダプターを使用すると、Mavic Miniの上部にLEDディスプレイやLEGOブロックなどを設置できます。
LEGOブロックを設置して、LEGO人形を載せることもできます。

また、同梱しているLEDディスプレイには、同じく同梱されているペンで文字や絵を書くことができます。

Mavic Mini スナップ アダプター 1,430円

 

以上、Mavic Miniのおすすめアクセサリーを解説してきました。

Mavic Miniは1年間無料の保険に加入できます。
登録がまだの方は、こちらの記事をご覧ください。

 

また、Mavic MiniのmicroSDカードでお悩みの方は、こちらの記事をご覧ください。