【徹底比較】DJI「Mavic 3 Classic」VS「Mavic 3」おすすめドローンはとっち?

【徹底比較】DJI「Mavic 3 Classic」VS「Mavic 3」おすすめドローンはとっち?

2022年11月2日、DJIから新ドローン「Mavic 3 Classic(マビック3クラシック )」が発売されました。

この新ドローンMavic 3 Classicは、すでに販売されているMavic3シリーズの「DJI Mavic 3」と比較すると何の違いがあるのでしょうか?

本記事では、両ドローンの機体性能を比較しつつ、どちらのドローンがおすすめか解説していきます。ドローンの購入で悩まれている方は、ぜひご覧ください。

DJI Mavic 3 Classicとは?

DJI Mavic 3 Classicとは、2022年11月2日に発表されたDJIのドローンの上位モデル「Mavicシリーズ」の最新機体です。
Mavicの3シリーズは、2021年11月に「DJI Mavic 3」「DJI Mavic 3 CINE」が発売され、2022年11月の「DJI Mavic 3 Classic」が最新ドローンとなっています。

全方位に障害物センサーを搭載しており、最大46分間飛行、日本では最大8kmのフライトが可能です。また、最大5.1K 50fps、4K 120fpsでの動画撮影が可能なハッセルブラッドのカメラを搭載しています。

DJI Mavic 3 Classicの公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Mavic 3 Classicの詳細スペックは以下の通りです。

本体価格
(DJI RC-N1付属)
229,240円
189,200円
(2023/4/21改定)
動画撮影
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
カメラ4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
レンズFOV:84°
焦点距離:24mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8〜f/11
フォーカス:1m~∞
有効画素数2,000万画素
本体重量895g
本体サイズ(収納時)221×96.3×90.3H(mm)
本体サイズ(展開時)347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間46分
最大飛行距離(日本)8km
最高速度(前方)15m/s
障害物回避全方位
内部ストレージ8GB
伝送システムO3+

おすすめは、送信機にモニターが組み込まれている「DJI Mavic 3 Classic(DJI RC付属)」です。

created by Rinker
DJI
¥209,000 (2024/02/21 16:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

DJI Mavic 3 Classicのアクセサリーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

DJI Mavic 3とは?

DJI Mavic 3とは、2021年11月に発表されたDJIを代表するMavicシリーズのドローンであり、「Mavic 2(Pro/Zoom)」の後継機に当たるドローンです。

全方位に障害物センサーを搭載しており、最大46分間飛行、日本では最大8kmのフライトが可能です。また、最大5.1K 50fps、4K 120fpsでの動画撮影が可能なハッセルブラッドのカメラを搭載しています。

DJI Mavic 3の公式プロモーション動画が公開されています。こちらをご覧ください。

DJI Mavic 3の詳細スペックは以下の通りです。

本体価格287,760円
239,800円
(2023/4/21改定)
動画撮影
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
カメラ4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
1/2CMOSセンサー搭載望遠カメラ
HasselbladカメラのレンズFOV:84°
焦点距離:24mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8〜f/11
フォーカス:1m~∞
望遠カメラのレンズFOV:15°
35 mm判換算:162 mm
絞り:f/4.4
フォーカス:3m〜∞
有効画素数2,000万画素
本体重量895g
本体サイズ(収納時)221×96.3×90.3H(mm)
本体サイズ(展開時)347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間46分
最大飛行距離8km
障害物回避全方位
内部ストレージ8GB
伝送システムO3+

購入の際は、多数のアクセサリーが同梱された「Mavic 3 Fly More コンボ」がおすすめです。コンボセットには、バッテリーが3つ他、NDフィルターセットなどの関連アクセサリーが多数同梱しています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「DJI Mavic 3 Classic」と「DJI Mavic 3」を比較

「DJI Mavic 3 Classic」と「DJI Mavic 3」を比較します。

本体価格229,240円
189,200円
(2023/4/21改定)
287,760円
239,800円
(2023/4/21改定)
動画撮影
(最大時)
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
カメラ4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
1/2CMOSセンサー搭載望遠カメラ
有効画素数2,000万画素2,000万画素
本体重量895g895g
本体サイズ(展開時)347.5×283×107.7H(mm)347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間46分46分
最大飛行距離(日本)8km8km
障害物回避全方位全方位
内部ストレージ8GB8GB
伝送システムO3+O3+

機体性能・搭載カメラの違い

「DJI Mavic 3 Classic」と「DJI Mavic 3」の主な違いは、「DJI Mavic 3」には望遠カメラが搭載されている点です。望遠カメラを搭載しているため、より遠くの映像を撮影できます。

「DJI Mavic 3 Classic」は、いわゆる廉価版のドローンです。
「DJI Mavic 3」の必要な機能をそのままに、プラスアルファの性能を削ぎ落としたドローンです。

そのため、望遠カメラが必要な方は「DJI Mavic 3」を選び、必要ない方は「DJI Mavic 3 Classic」を選びましょう。

created by Rinker
DJI
¥209,000 (2024/02/21 16:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

価格の違い

前述の通り、「DJI Mavic 3 Classic」は「DJI Mavic 3」の廉価版のドローンです

そのため、「DJI Mavic 3 Classic」の方が安くなっております。
同じ送信機が付属した場合で比較すると、58,520円安くなっています。

両ドローンの主な違いは、望遠カメラが搭載されている点です。58,520円を後から支払って望遠機能を追加することはできないため、望遠カメラを駆使した撮影をする方は「DJI Mavic 3」を選びましょう

以上、「DJI Mavic 3 Classic」と「DJI Mavic 3」を比較してきました。
両ドローンの主な違いは望遠カメラの搭載の有無です。自分に合ったドローンを選んで快適な撮影を楽しみましょう。

created by Rinker
DJI
¥209,000 (2024/02/21 16:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

ドローン登録の必要のないドローンに関しては、こちらの記事をご覧ください。

空撮ドローンの最新記事