「Autel EVO 2」のRugged Bundleは買い?通常セットとの違いを徹底解説

「Autel EVO 2」のRugged Bundleは買い?通常セットとの違いを徹底解説

最近、日本市場でもAutel Robotics社のドローン「EVO2シリーズ」が販売されています。

調べてみると、これら製品は国内の技適マークとPSEマークを取得済みで、日本でも安心して飛ばして撮影できます。

Autel EVO 2」を購入したいけど、通常セットとRugged Bundleセット(ラゲドゥ バンドル)のどちらを買うか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?結論から言うと、Rugged Bundleセットを買った方がお得でおすすめです。

本記事では、通常セットとRugged Bundleセットの梱包物の違いに着目し、Rugged Bundleセットがおすすめの理由について解説していきます。

Autel EVO 2 【8Kドローン】(国内技適マーク/PSEマーク取得済み)【国内正規品】

通常セットとRugged Bundleセットの違い

「Autel EVO 2」の通常セットとRugged Bundleセットの同梱物内容の違いは、以下の通りです。

通常
196,900円
Rugged Bundle
229,900円
Autel EVO 2 本体 1 1
送信機 1 1
バッテリー 1 2
プロペラ 3組 3組
充電器 1 1
ACケーブル 1 1
USBケーブル(A→B)
1 1
USBケーブル(A→C) 1 1
キャリングケース 1
microSDカードホルダー 1

つまり、33,000円の金額差があり、以下の3製品が多く同梱されています。少なくとも11,000円はお得です。

  • Autel EVO II バッテリー(22,000円)
  • キャリングケース(22,000円相当)
  • microSDカードホルダー(販売なし)

では、これらの製品がどれだけ役に立つのか?解説していきます。

ちなみに、Rugged BundleセットにiPhone用のライトニングケーブルは付属しません。必要であれば別途購入しましょう。

Autel EVO 2バッテリー

「Autel EVO 2」のRugged Bundleセットでは、専用のバッテリーが2つ同梱されています。

バッテリーは単品価格22,000円です。

created by Rinker
協和産業
¥20,000 (2021/06/21 11:33:52時点 Amazon調べ-詳細)

そもそもドローンのバッテリーは消耗品です。使用するごとに確実に劣化していく製品であり、複数持っていて困ることはありません。そのため、お得なRugged Bundleセットを購入しましょう。

専用のキャリングケース

「Autel EVO 2」のRugged Bundleセットでは、専用のキャリングケースが同梱されています。

最近のドローンはコンパクトになったとはいえ、関連する付属品も多く、撮影に出かける際は手間をとります。

そのため、ドローンと付属品をまとめて収納できるキャリングケースは、非常に役に立ちます。ドローンの持ち運びのことを考え、Rugged Bundleセットを購入しましょう。

ちなみに、類似するキャリングケースは22,000円で販売されています。

created by Rinker
協和産業
¥21,000 (2021/06/21 06:33:50時点 Amazon調べ-詳細)

microSDカードホルダー

「Autel EVO 2」のRugged Bundleセットでは、microSDカードホルダーも同梱されています。

microsdカードを複数管理できる製品です。現在のところ、日本市場で単品での販売は確認できません。

ただし、類似する製品はAmazonなどで販売されています。

created by Rinker
BANDC
¥599 (2021/06/20 19:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、microSDカード自体は付属しません。別途購入が必要です。購入の際は、失敗しないようにこちらの記事をご覧ください。

 

以上、Rugged Bundleセットを購入した方がいい理由について解説してきました。

通常セットに+33,000円を支払うことで、44,000円以上のアクセサリーが追加同梱されます。どれも使えるアクセサリーですので、購入の際はRugged Bundleセットにしましょう。

空撮ドローンの最新記事