DroneWikiドローン総合情報サイト

【Parrot ANAFIレビュー】アナフィの魅力を徹底解説!

2019.02.22

2018年8月、ドローン業界は業界1位のDJIがリリースするMavic2シリーズの衝撃で騒いでいました。
そんな中、ドローン業界2位フランスのParrot(パロット)から突然発表された一般消費者向けドローンがANAFI(アナフィ)です。

一般消費者向けのドローンから撤退するとの噂もあったParrotですが…このANAFIは一体どんなドローンなのでしょうか?

 

現在、ANAFIはAmazonでお買い得の価格となっています!
ANAFI 80,718円(Amazon価格)

ANAFI(アナフィ)とは?

ANAFIとは、2018年8月にドローン業界第2位のParrot社によって発表された、一般消費者向けの空撮ドローンです。

8万円強の価格でありながら、4K動画の撮影ができ、ズーム撮影まで可能な高性能カメラを搭載しています。
画素数も2100万画素と、同価格帯のドローンの追随を許さない圧倒的なスペックを誇っています。

また、収納に優れており、非常にコンパクトなサイズになり、持ち運びにも優れています。

ANAFIのスペックは以下の通りです。ANAFI | 詳細

価格 ¥85,851
動画 4K 30p
画素数 2100万画素
最大ビットレート 100Mbps
重量 320g
収納時サイズ 244 x 67 x 65(mm)
飛行時間 25分
ジンバル 3軸
ズーム 1.4(2.8)ロスレスズーム
同梱物 スマートバッテリー/コントローラー/キャリーケース/MicroSDcard(16G)/充電ケーブル2種/スペアプロペラ/専用工具

現在、ANAFIはAmazonでお買い得の価格となっています!
ANAFI 80,718円(Amazon価格)

長所・特徴

本体価格約8万円の手軽な値段で4K撮影

現在のカメラ業界では、4K撮影はスタンダードになっています。

しかし、DJIドローンで4K撮影をするには最低でもMavicシリーズが必要で、10万円以上になります。
それをANAFIは約8万円という価格で可能にしました。

では、ブレ補正に必要なジンバルはどうなのか?という問題があります。
ANAFIはジンバルを3軸搭載しており、空撮ドローン特有の滑らかな映像を撮影できます。

また、ANAFIにはDJIドローンの上位モデルにしか搭載されていない、色調補正も可能です。

つまり、ANAFIは低価格にも関わらず、圧倒的な高画質でブレなく撮影が可能です。

 

革新的なズーム機能

ANAFIのズーム撮影は革新的です。フルHDで最大2.8倍のロスレスデジタルズームが可能です。
ロスレスズームは、解像度を損なうことなくクローズアップできます。
安全な距離を保ち、被写体に的確にフォーカスして撮影します。

DJIドローンでは、ズーム撮影はMavic 2 Zoom(本体価格およそ16万)しかできません。
ANAFIは低価格にも関わらず、ズーム撮影のできる稀なドローンです。

 

上下180度回転可能なチルト機能

現在ANAFIだけが持っている機能が180度チルト機能です。
ANAFIのカメラは通常のドローンには撮影できないアングルからの撮影を可能にしました。

また、カメラを上下にチルトさせながら前進や後退もできます。
ANAFIは他のドローンでは撮影できない映像を記録できます。

 

コンパクトな収納性

ANAFIは非常にコンパクトに折り畳み可能なドローンです。
専用の持ち運びケースも付属しており、優れたデザイン、機能性を誇っています。

DJI『Mavic Air』と比較

価格の面から見ると、Parrot『ANAFI』とDJI『Mavic Air』はライバルになります。この両機を比較してみます。

ANAFI Mavic Air
本体写真
本体価格 ¥85,851 ¥104,000
動画 4K Ultra HD 30fps 4K Ultra HD 30fps
静止画 2,100万画素 1,200万画素
最大ビットレート 100Mbps 100Mbps
重量 320g 430g
収納時サイズ(mm) 244 x 67 x 65 168 x 83 x 49
飛行時間 25分 21分
ジンバル 3軸 3軸
ズーム
内部ストレージ 8GB
障害物センサー 前方・下方・後方
賠償責任保険

両機を比較すると、空撮の映像に関しては完全にANAFIに軍配が上がります
ANAFIには、静止画の圧倒的な画素数、ロスレスズーム機能も付いています。加えて、価格も2万円以上安いです。

 

現在、ANAFIはAmazonでお買い得の価格となっています!
ANAFI 80,718円(Amazon価格)

短所・欠点

障害物センサーがない

Mavic Airとの比較結果から分かる通り、ANAFIには障害物センサーがありません。
つまり、ドローンパイロットの操縦技術が求められます。
初心者が購入するには、多少躊躇するドローンであると言えます。

しかし、障害物センサーがないからこそ、約8万円という価格で4K空撮やズーム撮影ができるのでしょう。

 

無償付帯保険はない

ANAFIはParrot社の製品ですので、DJI製品のような1年間無償の賠償責任保険はありません
自分でドローンの保険に加入する必要があります。

しかし、ドローンの保険は月額140円から加入でき、保険の選択肢も年々広くなってきています。

ANAFIは空撮1号機として優秀

以上、ANAFIについて解説してきました。

さて、ANAFIはどのようなユーザー向けに販売された機体でしょうか?

空撮を本格的に始めたい人の1号機ではないでしょうか?

映像と価格の面から見れば、Mavic Airよりもコストパフォーマンスが高い機体です。
障害物センサーはありませんが、細かい操縦技術が間違いなく身につきます。

ANAFIを操縦していけば、DJIユーザーよりも操縦は上手くなるでしょう。
そして、空撮用の2号機を購入した時、そこに差が生まれるのではないでしょうか?

ANAFIは空撮に本格挑戦したい人の足掛かりとして、現状最高のドローンと言えるでしょう!

ANAFI 85,851円

ANAFIのセット(Extend)112,027円

ANAFI バッテリー 10,100円

パロット 「国内正規品」ANAFI スマートバッテリー PF070312
created by Rinker
¥11,000 (2020/04/05 19:08:34時点 楽天市場調べ-詳細)

 

また、ANAFIには産業用のサーマルカメラを搭載した『ANAFI THERMAL』、FPVセットである『ANAFI FPV』が販売されています。

ANAFI THERMAL 253,000円

パロット Parrot 【ドローン】【国内正規品】Parrot ANAFI THERMAL サーマルカメラ + 4K HDR カメラ搭載 ドローン PF728122
created by Rinker
¥253,000 (2020/04/06 10:33:10時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ANAFI FPV 99,000円